通信教育

中学生におすすめ!安いコスパ最強の通信教育

中学生におすすめ!安いコスパ最強の通信教育
記事内にプロモーションを含む場合があります

中学生に通信教育を受けさせたいと考える親御さん向けに、安いコスパの良い中学生向け通信教育についてまとめてみました。

通信教育は、自宅で学べる・時間を選べるなどのメリットがある一方で、費用が高い、教材の質が気になるといったデメリットが心配な方もいるでしょう。

そんな中学生の親御さんに向けて、安くてコストパフォーマンスに優れた通信教育について、おすすめの教材も合わせて詳しく解説していきます。

コスパ重視!中学生向け安い通信教育

中学生向け通信教育を選ぶとき、最大のポイントは「価格と品質のバランス」に優れたコスパの良い教材であることです。

価格が安いからと言って、必ずしもその通信教育が良いとは限りません。また、高価な通信教育が必ずしも高品質とも限らないもの。

ちゃこ
ちゃこ
大切なのは価格と品質のバランスに優れた、コスパの良い教材であることだよね。

例えば、教材の質、合格実績、サポート体制、内申点UPなど、様々なポイントを確認し、それに見合った価格で提供されているかどうかを確認しましょう。

また、自分自身の学習スタイルや目的に合った教育が受けられるかも重要な観点です。

それをふまえたうえで、コストパフォーマンスの良い通信教育を紹介します。中学生向けの教材をまとめて比較したい人は中学生向け通信教育比較まとめ!違いとポイントの記事もあわせてご覧ください。

コストパフォーマンスの良い通信教育1.スタディサプリ

圧倒的な料金の安さでコストパフォーマンスに優れている通信教育は、スタディサプリです。

スタディサプリ

こちらは、12ヵ月一括払いに設定すると月額1,815円から利用でき、数ある中学生向け通信教育の中でも群を抜いて安い料金となっています。

スタディサプリは映像授業中心に学んでいく通信教育教材。授業だけで理解しがたい所をいつでも復習できるツールとして中学生に人気の通信教育です。

口コミでも「想像以上にわかりやすい!」という声が多く、多くの利用者いる教材です。

スタディサプリは約5分の動画授業がいくらでも見放題。部活や習い事で忙しく、スキマ時間を活用したい中学生にもぴったりの教材です。

5教科の授業動画と、9教科1万問もの演習問題を受けられるので、かなりコスパの良い通信教育と言えるでしょう。

スタディサプリは受講費が安いので気軽に始めやすいです。解約もすぐにできますし、キャンペーン中は、14日間の無料体験もやっています。

授業とアウトプット学習のバランスもよく、コストパフォーマンスという点では1番優れた通信教育なので、ぜひチェックしてみてください。

最安の家庭学習教材

スタディサプリの特徴

効率よく予習復習ができる

2週間は無料体験可能

神授業が見放題

\今なら2週間無料で体験できる/

リンク先:https://studysapuri.jp/

コストパフォーマンスの良い通信教育2.東進オンライン学校

東進オンライン学校中学部も、めちゃくちゃコスパのよい通信教育です。

東進オンライン学校中学部

東進オンライン学校は、東進と四谷大塚がコラボして作った大手塾の通信教育です。大手の塾運営なら高いイメージがありますが、何と料金は2,980円/月。

5科目学べて、授業が何度も見れて、演習や確認テストもあって、定期テスト対策もあって・・・それで2,980円は正直破格すぎます。

東進オンライン学校は2022年ごろから本格的にはじまったまだ新しい通信教育なんですが、業界的にも価格破壊を起こしています。

東進オンライン学校は、毎週決まった時間に家で授業を受け、演習やテストを行いながらお勉強していく教材です。

他の通信教育よりも一歩進んだ最先端の学びができる教材なので、コスパのよい通信教育を探している人はぜひチェックしてみてください。

塾のように学べる通信教育

東進オンラインの特徴

家庭学習なのに授業が受けれる

タブレット・PCがあればすぐにできる

無料体験でたっぷり体験可能

\資料請求後に体験しよう/

リンク先:https://www.toshin-online.com/

コストパフォーマンスの良い通信教育3.中学ポピー

中学ポピーも、コストパフォーマンスの良い通信教育として長らく人気があります。

中学ポピー

ポピーは教科書準拠の教材なので、授業の予習や復習に使って基礎学力の定着をはかるのにおすすめの教材です。

ポピーはスマイルゼミなどのタブレット教材と異なり紙教材なので、料金も中学1年生で4,800円。他の通信教育教材と比べてもかなりコスパの良い料金設定となっています。

中学ポピーは決して高難度の教材ではないですが、確実に成績が上がる教材として人気があります。タブレットでやるよりも量は少ないですが、その分着実に実力を高め、勉強習慣をつけていける教材です。

教科書準拠の教材はテスト対策に特に有効なので、内申点にも良い影響を与えることでしょう。

中学ポピーは日々の学習のサポートや、定期テスト対策にピッタリの教材です。

まずは学校の成績を上げる事と、机に向かって学ぶ習慣を身に着けてほしい、という方は、中学ポピーを検討してみてはいかがでしょうか。

2023年11月ポピー1カ月お試しキャンペーン

学校の成績アップならポピー

ポピーの特徴

教科書準拠の王道教材

中学生向け通信教育で最安

おうちで勉強する習慣が身に付く

\無料体験でお試ししよう/

リンク先:https://www.popy.jp/chugaku/

中学ポピーお得な入会情報

中学ポピーにお得に入会する方法を「ポピーキャンペーン特典まとめ」の記事にまとめているので、検討中の人は必読ですよ。

くわしくは「中学ポピーの口コミ!悪い評判・感想を紹介」の記事をチェックしてみてください。

コストパフォーマンスの良い通信教育4.スマイルゼミ

スマイルゼミもコストパフォーマンスの良い通信教育です。

スマイルゼミ中学生コース

タブレットだけを使った通信教育であり、自分の苦手な部分を効率的に潰してくれます。ポピーやスタディサプリよりは月謝が高いですが、その分内容が充実しています。

ちゃこ
ちゃこ
スマイルゼミは「パフォーマンス」の部分が優れているから、内容に魅力を感じるならスマイルゼミも検討する価値アリですよ。

スマイルゼミはタブレット1台で副科目を含む全科目の学習を完全網羅。学校や教科書、子供のレベル、志望校に合わせてカリキュラムを組んでもらえます。

スマイルゼミでは毎日のやることを「子供の進捗具合と目標」から算出してくれるので、想像以上に効率よくお勉強していうことができます。

口コミもよく、中学生に人気の通信教育教材の1つです。

スマイルゼミの料金は、次の通りです。

標準クラス 特進クラス
中学1年生 7,480円 14,400円
中学2年生 8,580円 16,940円
中学3年生 9,680円 18,040円

※税込み年間一括払い

中学ポピーやスタディサプリに比べると高いですが、タブレット学習なので、学べる科目やボリュームが多いです。

加えて、テスト・受験・漢検・英検対策、映像授業など、コンテンツも盛りだくさん。

内容面でとても充実しているので、少々料金がかかってもよいから家庭学習を充実させたい人におすすめです。

また、スマイルゼミは、学習進度を一目で把握できるダッシュボード機能を提供しています。これにより、生徒が自分の進捗を管理し、遅れている科目を効果的に特定できますよ。

スマイルゼミを検討してみたい人は、「2024年スマイルゼミキャンペーンコード」を使って入会しましょう。

スマイルゼミの特設サイトから資料請求すれば、1,000円ギフト券付きコードが全員もらえる期間限定のキャンペーンが開催しているので、ぜひチェックしてみてください。

資料請求で安く入会

スマイルゼミの特徴

タブレット1台で全科目学べる

教材が溜まらない&自動添削が楽

英語学習・プログラミングが学べる

\今ならポケモングッズも貰える/

特設サイトからの資料請求でギフト券GET

コストパフォーマンスの良い通信教育5.進研ゼミ中学講座

通信教育の王道ともいえる「進研ゼミ中学講座」も コストパフォーマンスの良い通信教育です。

進研ゼミ中学講座

進研ゼミは、紙の教材とオンラインの教材を組み合わせたハイブリッドな学習も可能です。

通信教育業界最大手ベネッセの教材で、紙にタブレットに添削に・・ボリュームだけなら進研ゼミがNo.1です。

豊富な教材でたっぷりお勉強できるのが1番の魅力。子供が楽しくできる仕掛けも多いので、お勉強が苦手な子にもおすすめです。

口コミを見ても「苦手な子ができるようになった」という評判が多く、たくさんの中学生の成績を上げている教材なのがわかります。

進研ゼミ中学講座の料金は、以下の通りです。

オリジナル(紙) ハイブリッド
中学1年生 6,400円 6,990円
中学2年生 6,570円 7,140円
中学3年生 7,090円 7,190円

※税込み年間一括払い

進研ゼミ中学講座オリジナルスタイルの受講費は、6,400円から。ハイブリッドスタイルでは、6,990円からとなっています。

料金自体はスマイルゼミよりも安いです。そのためスマイルゼミとチャレンジはよく比較され、迷う方も多いので、気になる方は「スマイルゼミと進研ゼミはどっちがいい?中学生向けで比較」の記事をチェックしてみてください。

進研ゼミは、長年にわたる経験と信頼性を持つ企業です。そのため、質の高い教材と指導を提供しています。

値段も他の通信教育と比べてかなり抑えられているため、コストパフォーマンスの良い通信教育と言えるのではないでしょうか。

人気No.1タブレットで学ぼう

チャレンジ中学生の特徴

中学生通信教育人気No.1

オンライン授業が受けれる

誰でも楽しく家庭学習ができる

\タブレット無料キャンペーン中/

リンク先:https://sho.benesse.co.jp/

チャレンジタッチ中学生はチャレンジパッド!メリット・デメリット・口コミを解説
チャレンジタッチ中学生はチャレンジパッド!メリット・デメリット・口コミを解説【チャレンジタッチ中学生のすべて】チャレンジタッチ中学生(チャレンジパッド)について詳しくまとめています。チャレンジタッチ中学生で学べることやメリット・デメリット・口コミを紹介しているので、ぜひご覧ください。...

安さで中学生向け通信教育を選ぶ時の注意点

安さで中学生向け通信教育を選ぶ際には、以下のポイントを意識すると良いでしょう。

評価指標を意識する

安さで中学生向け通信教育を選ぶ際の評価指標として、教材の質とサポート体制を意識してみてください。

  • カリキュラム(教科書準拠など)
  • 学べる科目数
  • 学習スタイル
  • 添削指導の有無
  • 進捗確認の仕方

教材の質は、具体的な教材の内容や、現行の教育カリキュラムに沿っているかどうかを確認します。

たとえば、学校の授業進度に合わせたいなら、教科書準拠の教材であることが重要でしょう。また、学べる科目の数や、演習問題の多さなども重要です。

さらに、サポート体制は生徒や保護者に対して、どの程度のサポートが受けられるか、またそれがどのような形で提供されているかを確認します。

例えば、学習進捗が確認できるメニューや、添削制度の有無などをチェックすると良いでしょう。

これらの項目の中で優先したいところや、子供にあった物を選ぶと失敗しにくいですよ。

費用対効果を最大化するには無料体験と長期契約が大事

費用対効果を最大化するためには、無料体験と長期契約が大事です。

多くの通信教育サービスは、無料体験やお試し期間を提供しています。これを活用することで、自分に合ったサービスかどうかを確認することができます。

ミスマッチで無駄な費用を払う必要がなくなるので、節約にもなります。

ちゃこ
ちゃこ
例えば、スマイルゼミやスタディサプリは2週間のお試しができるよ。

また、基本的に通信教育は、料金を12ヵ月一括払い契約にすると、毎月払いするよりも費用が抑えられる場合が多いです。

もし短い期間で退会しても違約金が発生しないような教材なら、1年分まとめて支払うとコストを抑えられますよ。

なお、場合によっては早期申し込み割引や、兄弟割引など、教材によっては各種割引を用意しています。使える割引制度があれば、積極的に活用するのがおすすめです。

ちゃこ
ちゃこ
今回紹介した教材のお得な入会方法をまとめた記事を並べておくからぜひチェックしてみてくださいね。

安い中学生向け通信教育の学習効果を高めるコツ

安くてコスパのよい中学生向け通信教育を活用する上で、保護者のサポートの役割は重要です。

せっかくコスパの良い通信教育を選ぶなら、親も意識的に教材を活用して、効果を引き出せるようにしましょう。

保護者のサポートの役割を意識する

保護者のサポートは、中学生が通信教育を最大限に活用するために必要です。学習計画の作成、学習習慣の形成、進捗管理など一部のカリキュラムを共有すると良いでしょう。

たとえば、スタディサプリなら保護者メールサービスで学習進捗を確認できます。スマイルゼミもみまもるネットで子どもの進捗状況を確認することができます。

また、学習に関する困りごとが生じた場合は、一緒に解決策を考える姿勢も大切ですし、成果が出たときには積極的に褒めてあげることで、子どもの学習意欲や自己肯定感も向上します。

自主学習を促進する仕組みを活用する

自主学習は、学習効果を高めるだけでなく、自己管理能力や問題解決能力を育てる機会にもなります。

ちゃこ
ちゃこ
せっかく通信教育をやるのであれば、主体的に学べる子になれるように頑張っていこう。

そのためには、具体的な学習目標を設定し、それに向かって計画的に学習を進めることが大切です。

たとえばスタディサプリやスマイルゼミなら「今週のミッション」という学習計画メニューが搭載されていますし、中学ポピーなら月刊誌なので、最適に組まれたカリキュラムでやるべきことが明確になります。

通信教育に搭載されている計画的に進める機能を活用し、子供といっしょに進めていくのがベターです。

中学生が一人で計画を立てるのはむずかしいですが、教材の力を借りながら、自分で計画を立てて実行する、という行いがとても重要ですよ。

親はサポートしつつ、計画的にお勉強できるように努めていけば、成績以上のよいことがあるはずです。

コスパ最強の中学生向け通信教育を試してみよう

以上が、コスパ最強の中学生向け通信教育についてのガイドラインです。

料金の面で言えばスタディサプリが最強です。しっかり授業の予習復習をして、机に向かう習慣をつけたいなら、「中学ポピー」もおすすめです。

また、これら2つに比べると少々料金は高くなりますが、タブレットで効率的な学習が望めるスマイルゼミや、実績の面で圧倒的な強みを持つ「進研ゼミ中学講座」もおすすめです。

この記事を参考に、コスパの良い中学生向け通信教育を検討してみてください。

ABOUT ME
ちゃこ
ちいく村の運営者「ちゃこ」です。本業では特許を20件以上出願している研究者ママ♡子供のために20万円以上もつぎ込んで、全教材・通信教育を使ってきた知育オタクです。これまでも研究者目線で100人以上のママに通信教育を紹介してきました。子供の知育教材のことなら私におまかせください♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です