子供の教育

100玉そろばんのデメリットは?いらない人の特徴も解説

100玉そろばんがいらない人の特徴は?デメリットを解説
記事内にプロモーションを含む場合があります

100玉そろばんのデメリットや百玉そろばんがいらない人の特徴をまとめたページです。

100玉そろばんは幼児から数字や計算がまなべる人気の知育おもちゃですが、「100玉そろばんがいらない」人も存在し、買って後悔してしまうことも。

本記事では100玉そろばんがいらない人の特徴や百玉そろばんのデメリットを詳しく解説していきます。

百玉そろばんで後悔しないためにも、ぜひ最後までご覧ください。

100玉そろばんのデメリット

100玉そろばんにはどんなデメリットがあるでしょうか。考えられる100玉そろばんのデメリットをまとめています。

そもそもそろばん自体デメリットもありますので、詳細は「そろばんのデメリットまとめ」の記事をチェックしてみてください。

1人で遊ぶおもちゃではない

1人で遊ぶおもちゃではないのは、100玉そろばんのデメリットといえます。

100玉そろばんはおもちゃですが、幼児が一人で楽しむには無理があります。計算ツールや数の概念の学ぶためには親の付き添いが必須です。

かといって勝手に遊ばせていても数の概念は学べませんし、すぐに遊ばなくなります。おもちゃとして少々中途半端なのが、100玉そろばんのデメリットです。

おもちゃの中では飽きやすい

「おもちゃの中では飽きやすいこと」も100玉そろばんのデメリットです。

100玉そろばんは、玉を左右に動かすだけの単純なおもちゃです。数字を教えるのには役立ちますが、おもちゃとしての面白みはあまりありません。

こちらの方のように子供がすぐに飽きてしまうこともよくある事例です。

子供1人ではできない

「子供1人ではできないこと」のも100玉そろばんのデメリットです。

100玉そろばんは子供が親と一緒に考えながら使うおもちゃです。小さな子供1人では玉を動かすばかりで、楽しく使えないでしょう。

親が手取り足取り教えてあげて、100玉そろばんの利用価値も上がっていきます。子供用おもちゃとしては、ここはデメリットですね。

使わなくなった時の廃棄が困る

子供が使わなくなった時の廃棄で困るのも、100玉そろばんのデメリットです。

100玉そろばんには大きめのサイズのものが多いので、廃棄がしにくくなっています。通常の燃えるゴミに出せるのかは微妙なところ。自治体によっても対応が分かれるでしょう。

そうなると、粗大ゴミになるのでしょうか。ちょっと大げさないような気もしますが、他に手段がなければそうするしかないでしょう。

導入時期に困る

100玉そろばんの導入は0歳からですが、適齢期は幼児3歳~6歳ぐらいです。このころが1番使いこなせる時期なんですが、3歳~6歳といえば他に魅力的なおもちゃにハマって遊びまっさかりの頃。

そんななか100玉そろばんにハマるかというと、明らかにはまりにくいおもちゃなのです。

もう少し魅力的な要素があればハマってくれる子もいるかもしれませんが、子供が思ったより食いつかない、というデメリットにも注意しましょう。

100玉そろばんがいらない人の特徴

100玉そろばんがいらない人の特徴を解説します。

100玉そろばんは、数を数えたり数の概念を学んだりするときに役立つと言われるそろばんですが、「いらない」という声も多くなっています。

どのような人がそう思うのか、見てみましょう。

足し算がすでにできる

「足し算がすでにできる子」は、100玉そろばんがいらないといえます。

理由は、そもそも100玉そろばんが足し算のような「数の足し引き」を視覚的にとらえて学ぶ知育玩具だから。

100玉そろばんは10進法に基づいて、10個ずつの玉が並んでいるので、足し算ができない子の計算練習にはもってこいの玩具です。

しかし、すでに足し算ができる子には必要のないものなんですよね。足し算ができるなら一歩進んだお勉強へ進んだ方がよいでしょう。

位の概念が理解できている

「位の概念が理解できている子」も100玉そろばんがいらないといえます。

理由は、100玉そろばんでは「数の足し引き」に加えて「位」の概念も学べるおもちゃだから。

10進法によるそろばんになっている100玉そろばんは、位の概念を教えるのに最適なツールです。

しかし、位の概念が理解できている子にはこのようなそろばんは必要ありません。「位」が理解できている子はその前の足し算も理解できているはずなので、なおのこと100玉そろばんは不要といえます。

算数への興味関心がない

「算数への興味関心がない子」にも100玉そろばんはいらないです。

算数の基礎を教えるのにぴったりなのが100玉そろばんですが、まったく興味がない子に渡しても遊ばないか、すぐに飽きてしまうでしょう。

下記口コミのようにうまく取り組めているのは子供が算数に興味関心があるからです。

算数に興味関心がない子だと、100玉そろばんの効果を十分に発揮できません。

この場合は、100玉そろばんがいらないと言うよりも、数に興味を示し始めた段階で買うのがベターです。興味がわいた頃に買ってあげればいいでしょう。

おもちゃで学習させたくない

「おもちゃで算数を学習させたくない人」という人も、100玉そろばんがいらない第四は、です。

100玉そろばんはそろばんという名称がついていますが、実質的にはおもちゃです。子供が楽しんで算数を学ぶものです。

このようなおもちゃで算数への動機付けをする人も多いですが、その逆で「100玉そろばんのようなおもちゃなんか意味がない」と考える人もいます。

算数力を高める事を第一にするのであれば、100玉そろばんのようなおもちゃで学ぶよりもしっかりワークやタブレット学習教材をやらせた方が算数は間違いなくのびます。

100玉そろばんは数への動機付けにはよいおもちゃですが、算数を本気で伸ばしてあげたい人は他の教材を検討してみてください。

置くスペースがない

「家に置くスペースがない人」も100玉そろばんがいらない人の特徴といえます。

100玉そろばんは大きめのおもちゃで、結構スペースを取ります。置くスペースがない家庭では、正直ちょっと困ります。折りたたみもできないので、収納もしにくいです。

ただ、小型の100玉そろばんもあるので、それならスペースに収まりやすいです。公文の100玉そろばんのような大きいものよりも、小さい100玉そろばんを選ぶとよいですね。

詳しくは以下の記事で100玉そろばんすべてを比較しています。小さいものから使いやすいものまで色々あるので、ぜひチェックしてみてください。

100玉そろばんがいらない理由

今度は、100玉そろばんがいらないという理由を考えてみましょう。

計算ができるようにはならない

100玉そろばんを子供に与えても、計算ができるようにはなりません。

算数の概念を教えるのにちょうどいい100玉そろばんですが、使ったからと言って、計算が得意になるわけではありません。

100玉そろばんで計算しているだけで、本人の計算能力が上がることはないのです。そのためにいらないという人も出てきます。

そろばんができるようにはならない

100玉そろばんが使えるようになっても、本物のそろばんができるようにはなりません。100玉そろばんと通常のそろばんでは仕組みが全く違うからです。

子供にそろばんを習ってほしいと思う親もいますが、いくら100玉そろばんで勉強させても、そろばん能力は上達しません。それがいらない理由にもなるようです。

そろばんができるようになりたい人は「よみかきそろばんクラブ」のようなオンライン学習や地域のそろばん教室に通うのがいいと思います。

場所を取る大きい物が多い

100玉そろばんは場所を取る大きなものが多いので、いらない理由にもなっています。

ただ、小さめのサイズもあるので、場所の問題で悩んでいるのなら、ぜひそちらを購入してください。

計算が早くならない

100玉そろばんを子供に買ってあげても、計算が早くなるわけではありません。100玉そろばんを使えば上手く計算できても、なしでは時間がかかるということもよくあります。

計算が早くならないのならいらないと思う親もいるようです。

100玉そろばんのメリット

100玉そろばんのデメリットを見てみましたが、もちろんメリットもあります。どんなメリットか以下で取り上げてみましょう。

視覚的に数の群を理解しやすい

100玉そろばんのメリット第一は、「視覚的に数の群れを理解しやすいこと」です。

10個ずつの玉が並んでいる100玉そろばんは、小さな子供が見ても分かりやすいです。数とはこういうものだとすぐに理解できるでしょう。

視覚が脳に与える影響は非常に大きく、理解も早まります。そのお手伝いをしてくれるのが100玉そろばんです。

位の概念を理解しやすい

100玉そろばんのメリット第二は、「位の概念を理解しやすいこと」です。

10進法で10個ずつの玉が並んでいる100玉そろばんなら、位の意味はすぐに分かります。小さな子供でも、理解しやすく、やがて計算に活かせるようになるでしょう。

幼児から計算のツールとして使える

100玉そろばんのメリット第三は、「幼児から計算のツールとして使えること」です。

頭の中の計算だけだと、思うようにできない子もいますが、100玉そろばんの助けを借りると、変身!計算が早くなります。

幼児用の計算ツールとしては、とても適したおもちゃです。

デザインがおしゃれ

100玉そろばんのメリット第四は、「デザインがおしゃれなこと」です。

100玉そろばんを販売しているメーカーはいろいろありますが、どこのメーカーの商品もデザインがおしゃれです。形も上手く整い、カラフルな色も使われ、見ているだけでも楽しくなりそう。

こんなおもちゃを部屋に置いておいても素敵ですね。

100玉そろばんの効果

100玉そろばんがいるのか、いらないのか迷っている人は、100玉そろばんの効果についても知っておくとと判断しやすいです。

ここでは、100玉そろばんに取り組んだ時に期待できる算数的な効果を、専門家の意見も交えて紹介していきます。

数学の基礎の確立

100玉そろばんを使うことは、数学の基本的な概念を強化し、将来的な数学的スキルの基盤を築くために欠かせないステップです。

ちゃこ
ちゃこ
これは、数学の習得における非常に重要なステップなので、しっかりと基礎を築くことは後の数学学習においても大いに役立ちますよ。

論理思考の訓練

100玉そろばんは、論理的な思考と問題解決スキルを鍛える優れた手段です。

数学の問題に対して論理的なアプローチを身につけることは、子供の将来に役立つスキルであり、問題解決能力の向上に寄与します。

概念の視覚化

数学的な概念を視覚化することは、理解を助ける大切な手段です。

100玉そろばんを使うことで、抽象的な数学的概念が具体的に示され、生徒たちはより深い理解を得られます。

ちゃこ
ちゃこ
算数が苦手な子もとっつきやすいから、理解が早まりやすいよ。

問題解決力の養成

100玉そろばんは、問題解決スキルを養成するのに非常に役立ちます。

数学の問題にアプローチし、解決策を見つけるための論理的な思考を鍛える手段として利用できます。

ちゃこ
ちゃこ
計算が抽象的でなく、視覚的に示されるから、問題の解決も早くなりますよ。

100玉そろばんは、数学教育において重要な役割を果たすツールといえます。

数学の基本を強化し、論理思考力を鍛え、抽象的な概念を視覚的に理解する手助けとして、100玉そろばんを活用してみてください。

参考文献:小学1年生における計算学習の現状と課題
参考文献:低学年からのそろばん指導に関する研究

100玉そろばんがいる人の特徴

最初に100玉そろばんがいらない人の特徴を見てみましたが、反対にいる人もいます。次のような人には必要でしょう。

  • 子供に数の概念を理解させたい
  • 子供に足し算・引き算を学ばせたい
  • 子供の指を鍛えながら勉強させたい
  • かけ算が覚えられない子供に覚えさせたい


100玉そろばんは算数の基礎を学ぶという点では理想的なおもちゃです。子供に数字の概念を習得してもらいたいと思っている親には必要なおもちゃといえるでしょう。

100玉そろばんがいらない人もいる

今回は、100玉そろばんがいらない人の特徴や理由を解説しました。

100玉そろばんは普通のそろばんと仕組みが違い、10個ずつの玉が10列並んでいます。算数の基礎を学ぶための作りになっているのです。

そのため、数の概念を子供に学ばせようと思っている人には必要になるでしょうが、すでに算数の基礎を身につけた子にいらないおもちゃになります。そのほかにも、いらない理由はいくつかあります。

ただ、必要な人もいるでしょうから、この記事で紹介したポイントも参考にしながら、自分の子供にいるのかいらないのか判断してください。

ちいく村では、子供の教育やおもちゃに関する記事をたくさんかいています。幼児向けのおもちゃに関する人気記事を貼っておくので、ぜひチェックしてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です