スマイルゼミ

スマイルゼミは発達障害の子でもできる?デメリットや注意点は?

記事内にプロモーションを含む場合があります

スマイルゼミは発達障害の子でもできるのかどうかを検証したページです。

スマイルゼミはタブレット1台ですべての学習を完結できるタブレット学習教材。発達障害の子でも取り組みやすいシステムが多数あるため、療育・発達障害の子にも人気があります。

スマイルゼミを発達障害の子が取り組む場合、メリットはシンプルで集中しやすく、先取りとさかのぼり学習が容易にできることです。

一方で、デメリットは操作が難しかったり、発達障害の相談などは受けれないことです。

本記事では、発達障害の子がスマイルゼミに取り組める理由や注意点、メリット・デメリットを詳しく紹介しています。

スマイルゼミをお得に始める方法も紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

お得な情報シェア

スマイルゼミへお得に入会したい人は「2024年スマイルゼミキャンペーンコード」を使って入会しましょう。お得に入会する大チャンス到来中です。

2024年4月スマイルゼミキャンペーンコード情報まとめ

スマイルゼミの特設サイトから資料請求すれば、1,000円ギフト券付きコードが全員もらえるキャンペーン中。さらに特典も強化されてるので、ぜひチェックしてみてください。

スマイルゼミが発達障害の子でもできる理由

発達障害の子でもできる理由

スマイルゼミが発達障害でもできる主な理由は、タブレットのサポートで集中しやすく、自分のペースで進めやすいからです。

発達障害の子にとって1番のNGポイントは、以下の2つです。

  • 立ち止まるポイントが多い(集中が途切れやすい)
  • 自分に合った学習ができない

発達障害の子が取り組む通信教育でよく悩むポイントの2点なんですが、スマイルゼミは他の通信教育と比べて、この点がどちらも優秀です。

何よりも、集中しやすく自分のペースで進められる教材というのは、発達障害の子供にあっているといえるでしょう。

他にもスマイルゼミが発達障害の子でもできる理由があるので、1つずつ解説していきますね。

集中しやすい学習方式

スマイルゼミは集中しやすい学習方式のため、発達障害の子でも取り組みやすくなっています。

例えば、スマイルゼミでは集中してお勉強できるように、タブレットを開くとまず”今日やるべきこと”を明示してくれます。

スマイルゼミ今日のミッション

お勉強を何からやろうか・・と悩むこと自体、集中して取り組む妨げになるのですが、スマイルゼミはこの点が非常にスムーズなんです。

他にも、短時間で終わるように問題を子供の学習レベルに合わせて厳選してくれたり、時間制限付きのドリルがあったり、丸つけや瞬時に行われたり、ご褒美のゲームがあったり・・・

スマイルゼミは子供がスムーズにお勉強できて、集中しやすい環境がめちゃくちゃ整っています。

発達障害の子はお勉強に集中することが難しい場合もあるのですが、スマイルゼミなら他の教材よりも取り組みやすいはずです。

自分のペースで進めやすい

スマイルゼミは自分のペースで進めやすいのも、発達障害の子が取り組みやすいと言える理由です。

スマイルゼミは講師がいるわけではなく、ほかの子供と一緒に勉強する必要もありません。集団のペースに合わせる必要性がなく、自分のペースだけを考えてお勉強できる点が、発達障害の子に向いているといえる理由です。

さらにはスマイルゼミには無学年学習「コアトレ」があります。国語と算数だけですが、先取り・さかのぼり学習ができるコンテンツなので、主要2科目に関しては、お勉強を完全に個人のレベルにあわせて進めていくことができます。

ちゃこ
ちゃこ
発達障害の子供はどうしても他の子供とは学習のペースが違ってしまいますよね。そんなときもコアトレを使えば、子供にあわせたお勉強をさせてあげることができますよ。

繰り返し学習の時に問題が変わる

スマイルゼミは、繰り返し学習の時に少しずつ問題が変わるため、繰り返し学習の質が高いです。

発達障害の子供のなかには記憶力に優れた子もいて、問題を丸暗記してしまうことがあります。そんな子の学習でも、問題が毎度変わってくれるので、復習の質があがりますよ。

スマイルゼミは繰り返し学習で問題が変わる

逆になかなか学習内容を定着できない子も、同じ問題ではなく、類似問題を繰り返して解くことで、しっかりと理解してくれやすくなります。

発達障害の子は他の子よりも勉強を繰り返してやる必要がある子も多いため、スマイルゼミのこのような機能はとても重宝するはずです。

収集意欲を掻き立てるご褒美が豊富

収集意欲を掻き立てるご褒美が豊富な点も、スマイルゼミを発達障害の子供が続けられる理由です。

発達障害の子供の中には、収集が好きでコレクションを集めたい、という子供がいます。

そのため、スマイルゼミでは一定数の問題を解くごとにカードやマイキャラパーツなどをもらえる仕様です。

全ての子にハマるわけではないのですが、発達障害の子の中にはこのようなコンテンツが好きな子も多いはずなので、よいモチベーションアップ機能の1つといえます。

スマイルゼミを検討している人は、まずは資料請求でキャンペーンコードをGETしてみてください。

スマイルゼミの特設サイトから資料請求すると1,000円OFFになるキャンペーンコードがもらえます。初月受講費無料キャンペーンも開催されているので、安く入会できますよ。

2024年4月スマイルゼミキャンペーンコード情報まとめ

資料請求で安く入会

スマイルゼミの特徴

タブレット1台で全科目学べる

教材が溜まらない&自動添削が楽

英語学習・プログラミングが学べる

\まずはキャンペーンコードをGET/

特設サイトからの資料請求でギフト券GET

スマイルゼミを発達障害の子が使うメリット

スマイルゼミのメリット

スマイルゼミを発達障害の子が使うメリットをまとめておきます。ここの項目でスマイルゼミが良さそうと感じたなら、検討する価値はあるのではないでしょうか。

結論としては、発達障害の子が使うメリットは多数あり、他の通信教育と比べてもよい点は多いです。具体的には、以下の通りです。

発達障害の子が使うメリット
  • やることが明確で学習がスムーズ
  • 添削が瞬時にされる
  • 問題が読み上げられる
  • 過去の学習がいつでも復習できる
  • アニメーションがわかりやすい
  • 教科書準拠で学校の予習復習がスムーズ
  • 無学年学習のコンテンツがある

わかりやすく解説していきますね。

やることが明確で学習がスムーズ

毎日・毎月の学習でやることが明確な点も、スマイルゼミが発達障害の子供が使うメリットといえます。

プリント学習では、前のページから順次解いていくため、やるべきページがみんなと一緒です。

そのため、本当にやるべきことが不明瞭になります。さらには、自分で考えて進めていくとしても、どこから解けばいいのかわからなくなってしまう場合もあります。

そうこうしているうちに子供の集中力ややる気がなくなってしまうものですが、スマイルゼミならやるべき問題に迷いを与えることはありません。

最新のAI機能をもちいて、日々の学習の進捗から最適な問題を毎日提示してくれますし、画面に出てくる問題も1つなので、集中して学習に取り組むことができます。

この点はプリント教材では絶対に実現できないタブレット学習スマイルゼミの大きなメリットなので、発達障害の子にも重宝する機能といえますよ。

添削が瞬時にされる

添削が瞬時にされるのが、スマイルゼミのメリットです。発達障害の場合は、親が添削をするとイライラしたり怒りだしたりする子供もいます。

しかし、スマイルゼミの場合は問題ができたらすぐに丸つけをしてくれるため、子供もイライラせずに次に進むことができます

また、発達障害の子供の中には問題を解いて終わりにする子供もいて、答え合わせをしないまま放置してしまう場合があります。

ちゃこ
ちゃこ
こんな子でもタブレットの自動添削なら機嫌を損ねずやってくれるかもしれないよ。

また、問題を解いた後ですぐに添削されて、次の問題が出題されることでリズムよく問題に取り組むこともできます。

発達障害の子供の中にはリズムが大切な子供もいて、問題を解いたその場で正解なのか不正解なのかがわかることが大切です。

そのため、自動で瞬時に添削をしてくれるスマイルゼミは発達障害の子供にとってメリットになるといえるでしょう。

問題が読み上げられる

スマイルゼミのメリットは、自動で問題が読み上げられるという点です。発達障害の子供の中には、文章を読むことを苦手としている子供も多くいます。

中には、設問を読むことでいっぱいになってしまって、問題の中身をきちんと理解できない子供もいます。

そういった子供のために、スマイルゼミでは問題を読み上げてくれる機能があり、問題への理解が深められる点がメリットです。

過去の学習がいつでも復習できる

過去の学習がいつでも復習できる、というのも発達障害の子供にとってはメリットといえます。スマイルゼミは受講していれば、何年たっても過去の問題を復習できます

そのため、後になってわからない問題が出てきた際に、再度基礎を復習しなおすことができる点が良いところです。

アニメーションがわかりやすい

アニメーションでわかりやすく教えてくれる点も、スマイルゼミのメリットです。発達障害の子供の中には、書くこと、読んで理解することが苦手という子供も少なくありません。

そういった場合は、アニメーションで見て覚えることができます。

書くことは苦手でも色分けされてレクチャーしてくれる、もしくはアニメーションで動きを交えて教えてくれるスマイルゼミは、子供にとって学びやすい教材といえるでしょう。

また、動きを取り入れることで集中しづらい子供にとっても、注意を向けやすいといえます。

教科書準拠で学校の予習復習がスムーズ

スマイルゼミは、教科書準拠なので予習復習がスムーズにできます。

学校で使う教科書は、小学校によって違うのですが、スマイルゼミは小学校を登録すればその学校の教科書やテスト対策などが最適化されて配信されます。

そのため、学校の予習復習が非常にスムーズになります。

発達障害の子は特に復習の繰り返しが大事。

教科書にあってない通信教育や、さかのぼり学習ができない通信教育だと、復習がうまくできませんが、スマイルゼミならこの点は問題ありません。

無学年学習のコンテンツがある

スマイルゼミには無学年学習のコンテンツがある点も、スマイルゼミのメリットといえます。

無学年学習は、子供の理解度に合わせて学習ができるため、国語はできていても算数は苦手、といった偏りがある子供にぴったりです。子供の能力に合わせて、しっかり基礎から学ぶことができます。

スマイルゼミはコアトレというコンテンツで、学年を超えて先取り・さかのぼり学習ができます。さらに、スマイルゼミみんトレという機能で、全国ユーザーと競い合い、モチベーション・集中力を高める機能もあります。

このような無学年学習のコンテンツで子供にあわせてお勉強していけるのも、発達障害の子がスマイルゼミに取り組むメリットといえます。

\資料請求で1,000円OFF/

スマイルゼミの特設サイト

スマイルゼミを発達障害の子が使うデメリット

スマイルゼミのデメリット

発達障害にもいろいろあるため、スマイルゼミを使うデメリットもあります。具体的には、以下の通りです。

発達障害の子が使うデメリット
  • タッチペンの操作が苦手な子には不向き
  • 「聞く」のが苦手な子はできない
  • ゲームや楽しい要素は少ない
  • 発達に関する相談はできない

発達障害の子にスマイルゼミを検討している方は、デメリットも把握しておくと後悔ない選択ができるはずです。わかりやすく解説していきますね。

タッチペンの操作が苦手な子には不向き

スマイルゼミは、すべての操作をタッチペンで行うため、タッチペンの操作が苦手な子供には不向きです。

発達障害の中でも、特に衝動性が強いタイプで手先が不器用だと、タッチペンの動きにタブレットがうまく反応しない場合があります。

ちゃこ
ちゃこ
ガンガンたたくとタッチペンが壊れることもあるから、うまく扱えなさそうなら気を付ける必要があるよ。

タッチペン操作をうまくできず、タブレットが反応しないなどスムーズにお勉強が進まなくなれば、お子様がイライラしてやる気を失ってしまうかもしれません。タブレットの操作ができるレベルかどうかは確認しておきましょう。

「聞く」のが苦手な子はできない

スマイルゼミはタブレットが問題を読み上げ、解説してくれます。つまり基本的には話を聞いて、アニメーションを見てお勉強してく教材になります。

この過程の中で大事なことは「聞く」ことです。解説や問題を聞くことが多いのですが、きちんとお話を聞くのが苦手だと、スマイルゼミのお勉強がうまくできないかもしれません。

スマイルゼミに限ったことではないのですが、聞くのが苦手な子なら、いっしょに寄り添って勉強してあげるような工夫が必要になると思います。

ゲームや楽しい要素は少ない

スマイルゼミはお勉強したご褒美にゲームをすることができます。

しかし、スマイルゼミは、お勉強自体にゲーム性や楽しめる要素が少ないため、学習にある程度の意欲がある子供でなくては難しい部分があります。

つまり、発達障害の子供の中でも、ゲーム性が強くないと向き合うことが難しい、楽しめる要素が多めにほしい、といった子供には向いていません。

そのような子は進研ゼミの方が向いてます。進研ゼミチャレンジタッチはスマイルゼミよりも楽しくお勉強できる要素が多く、発達障害の子でも楽しみやすいです。

お勉強自体に楽しい要素が多い方がよい、という人はチャレンジタッチを検討するのも手ですよ。

スマイルゼミは遊びよりも「学ぶ」要素が多めに入っているため、遊び感覚でやった方が伸びる子供よりも、ある程度学習に対して意欲がある子供であれば、おすすめです。

発達に関する相談はできない

スマイルゼミでは、特別発達障害向けの子供に合わせて作られているというわけではないため、発達に関する相談はできません。

そのため、発達障害に関して質問や相談がしたい場合は、すららのような発達障害の子に適した通信教育をえらぶとよいですよ。

スマイルゼミに発達障害の子が取り組んだ感想

発達障害の子がスマゼミやってみた感想

発達障害の子がスマイルゼミに取り組んだ感想をまとめます。

発達障害の子がスマイルゼミに取り組む事例は実はかなり多く、SNSやブログでもたくさん見つかります。実際に取り組んでいる方の感想をピックアップして紹介していきますね。

期待以上だった

発達障害の子がスマイルゼミに取り組んだ口コミとして、「期待以上だった」というかなりポジティブな口コミがあります

紙に書くとストレスがかかり癇癪を起してしまう子もスムーズにお勉強に取り組めているようです。これだけでもタブレット学習にしたかいがあったと感じられますよね。

スマイルゼミのタブレットは子供1人でもお勉強できるような仕様にしてくれているので、発達障害の子でもうまく使えているようです。

短時間集中してお勉強できている

発達障害の子がスマイルゼミに取り組んでいる口コミとし、短時間で集中して学習できている、というものがあります。

毎日スマイルゼミに取り組めているので、発達障害の子×スマイルゼミという事例ではかなりポジティブな口コミですね。

調べているとこのようなポジティブな口コミの方が圧倒的に多かったので、発達障害の子への学習教材にスマイルゼミが活躍していることがわかります。

発達障害の程度がひどいと難しすぎる

発達障害の中でも言語障害や学習障害の程度がひどいと、難しい場合もあります。

子供によっては国語などの言語がとにかくできない子もいます。このような特定の障害がある子だと、うまくスマイルゼミを活かせず限界になる、という口コミもありました。

スマイルゼミは発達障害専用の教材ではなく、あくまでも学習のサポート教材という位置づけです。

軽度な障害では問題なくできますが、子供によっては難しいこともあるので、その場合は、発達障害専用の天神すららを検討してみてください。

スマイルゼミに発達障害の子が取り組む流れ

スマイルゼミ上手な取り組み方

スマイルゼミに発達障害児が取り組む流れは、以下の4つのステップがあります。

  1. スマイルゼミを起動する
  2. タブレットの指示に従った学習をする
  3. 勉強の成果を確認・報告する
  4. ゲームや知育アプリで遊ぶ

スマイルゼミを発達障害の子が取り組む流れは、かんたんです。

スマイルゼミはタブレットを起動すればやることを示してくれるので、ご自身でタブレットを起動し、お勉強を始めましょう。

スマイルゼミは「自分でスタートして、自分で終われる」教材です。自主性を尊重することで、子供のペースで進めていけますよ。

毎日の学習は子供のレベルに合わせてスマイルゼミが提示してくれます。まずは習慣になるまでは無理せず今日のミッションを毎日やっていくとよいです。

ちゃこ
ちゃこ
「きちんとできた」「自主的にできた」といったときに褒めてあげると、モチベーションも上がるよ!

お勉強が終わると、親に連絡が来るようになっています。その後はスマイルゼミを終わってもよいですし、貯めたスターでゲームをしてもOKです。

このようなシンプルな一連の流れをこなすだけで進められるので、発達障害の子でも取り組みやすくなっていますよ。

スマイルゼミを発達障害の子がやるときの注意点

スマイルゼミの注意点

スマイルゼミを発達障害の子供がやるときには、以下のような注意点があります。

  • 子供のペースを優先する
  • いっしょに取り組んであげる
  • 一連の学習が一人でできるようにしてあげる
  • タブレットの保険に入っておく

1つずつ解説していきますね。

子供のペースを優先する

発達障害の子供には、自身のペースを乱されることを極端に嫌がるケースもあるため、急かさず子供のペースを優先しましょう。

動きたい衝動があるときにはいったん体をしっかり動かす、他に意識が集中しているときに急かすような声かけをしないといったことが大切です。一度嫌がると次にやるハードルがあがってしまいます。

子供にとって学習できる準備ができた時にうまく声掛けをして、取り組めるようにしましょう。

ちゃこ
ちゃこ
理想は同じ日・同じ時間にやるのがベストだけど、子供の機嫌を優先してうまく取り組ませてあげてね。

いっしょに取り組んであげる

発達障害の子に限らずですが、発達障害の子は特にいっしょに取り組んであげるというのも、重要なことです。一人でできる学習だから、と全く関与しないでいると、子供もやる気をなくしてしまいます。

特に小さいうちは、いっしょにタブレットを見て、わからないところは教える、できたら褒めるなどをすると、学習する意欲もわいてきます。

一連の学習が一人でできるようにしてあげる

はじめはいっしょに取り組んでやり方を詳しく教え、先ほど解説したスマイルゼミに取り組む一連の学習が一人でもできるようにしてあげることも大切です。

発達障害の子供の中には、親に見られたくない、自分にできるときに一人でやりたいという子供もいます。自分一人でできることを、しっかり教えてあげると良いでしょう。

タブレットの保険に入っておく

タブレットの保険に入っておくことも重要です。特に衝動的になりやすい子供は、イライラしてタブレットを壊してしまうことも考えられます。

そういった時に、タブレット保険に入っておくことで余分な出費を抑えられますよ。

いざというときのためにも、タブレットの保険には加入しておきましょう。

タブレット安心サポートの詳細や無料で加入する方法などを知りたい人は「スマイルゼミタブレット安心サポート」の記事をチェックしてみてください。

スマイルゼミは発達障害の子にもおすすめ

発達障害で悩む人は一度お試ししてみよう

スマイルゼミは、発達障害の子にもおすすめです。

発達障害だと、学校の授業についていけないこともありますが、スマイルゼミで復習や予習をすることで、学校の授業も理解できるようになるでしょう。

発達障害の子は特に家庭学習が大事です。発達障害の子におすすめのタブレット学習はたくさんありますが、スマイルゼミはコスパよくシンプルに学べるタブレット学習です。

タブレットを応用して毎日のお勉強をスムーズにさせていきたい人は、スマイルゼミを検討してみてくださいね。スマイルゼミなら2週間お試し体験もできますよ。

資料請求で安く入会

スマイルゼミの特徴

タブレット1台で全科目学べる

教材が溜まらない&自動添削が楽

英語学習・プログラミングが学べる

\まずはキャンペーンコードをGET/

特設サイトからの資料請求でギフト券GET

ABOUT ME
ちゃこ
ちいく村の運営者「ちゃこ」です。本業では特許を20件以上出願している研究者ママ♡子供のために20万円以上もつぎ込んで、全教材・通信教育を使ってきた知育オタクです。これまでも研究者目線で100人以上のママに通信教育を紹介してきました。子供の知育教材のことなら私におまかせください♪
我が家が選んだ教材はコレ
タブレット学習を幼児期からやるならスマイルゼミ

我が家で1番活躍してるのは
「スマイルゼミ」

20教材以上を検討して
毎日自主的に取り組み
お勉強するのが
好きになってくれたのは
スマイルゼミのおかげでした

スマイルゼミのおすすめポイント

ちいく村限定の
キャンペーンコードも配布中
お得に入会する方法はこちらです

2024年4月スマイルゼミキャンペーンコード情報まとめ

1,000円特典付きの限定
キャンペーンコードは
スマイルゼミの特設サイトから
資料請求でGET

ちいく村限定キャンペーンコード

10,000円の紹介特典や
初月受講費無料キャンペーンとも
併用可能です

最低でも約15,000円もお得

スマイルゼミに
1番お得に始める方法なので
ぜひチェックしてみてくださいね💕

資料請求で安く入会

スマイルゼミの特徴

タブレット1台で全科目学べる

教材が溜まらない&自動添削が楽

英語学習・プログラミングが学べる

\キャンペーンコードを貰おう/

特設サイトからの資料請求でギフト券GET

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です