通信教育

不登校の小学生におすすめの通信教育は?出席扱いになるのか・通信制小学校はあるのかも解説

不登校の勉強におすすめのアプリ【小学生・中学生・高校生別に紹介】
記事内にプロモーションを含む場合があります

不登校になった小学生のお子様をお持ちの保護者の方に向けて、お子様の学習遅れや人との交流不足に関する不安を解消するための情報を解説します。

現在、通信制の小学校は設立されていませんが、不登校の小学生が活用できる様々な通信教育の教材が存在します。これらの教材を用いることで、授業の遅れを取り戻し、復学を円滑に進める手助けができる可能性があります。

ちゃこ
ちゃこ
ただ、通信教育が不登校の問題を根本的に解決するわけではないため、専門機関との相談を併せて行うことが大切です。

この記事では、不登校の小学生に適した通信教育サービスの選び方、通信教育以外の自宅学習方法、通信教育を取り入れるメリットとデメリット、さらに不登校の問題を解決するために保護者ができることについて解説します。

この記事を読み進めることで、下記の4つがわかります。

  • 不登校の小学生におすすめの通信教育教材と選び方
  • 通信教育以外で自宅で学習をするための方法
  • 通信教育を取り入れる際の利点と欠点
  • 不登校の克服を目指す保護者が実践できるサポート方法

お子様が直面している学習の遅れや不登校の課題に対して、有効な解決策を見つけるお手伝いができれば幸いです。是非最後まで読んでみてください。

見たい所に飛べる目次
  1. 通信制小学校はないので不登校は通信教育がおすすめ
  2. 不登校の小学生が使いやすいおすすめ通信教育
  3. 不登校の小学生の保護者は何の通信教育を選んだ?
  4. 不登校向け小学生通信教育をやってみた家庭の体験談
  5. 不登校の小学生向けの通信教育・教材を選ぶとき注意したい点
  6. 不登校の小学生が通信教育以外で自宅学習するには
  7. 小学生で不登校のときに通信教育・教材に取り組むメリット
  8. 小学生で不登校のときに通信教育・教材に取り組むデメリット
  9. 小学生で不登校の子どもが再登校するために保護者ができる取り組み
  10. 不登校の小学生向け通信教育を調べている最中によくある疑問を解決
  11. まとめ:不登校の小学生向けの通信教育を活用して効果的なアプローチを

通信制小学校はないので不登校は通信教育がおすすめ

文部科学省から正式に認められた通信制の小学校が現状は存在しません。

そのため、不登校の小学生を持つ保護者は、学校の授業に代わる形の学習教材を探す必要に迫られることがあります。

不登校の問題を完全解決するかどうかはさておき、学業の遅れはお子様が学校に復帰する際の大きな障害となることは確かです。そのため、通信教材を含む補助的な学習ツールを有効活用することで、在校生と変わらないレベルの学力を保つことが可能になります。

はりー
はりー
通信教材の選択に当たっては、お子様の学習スタイルや興味、学力の現状を考慮し、個々に合った教材を選ぶことが重要です。

効果的な学習のためには、お子様が興味を持てる内容や、理解しやすい説明がされている教材を選択することが望ましいです。

文部科学省の認可を得た通信制の小学校は現状ない

文部科学省によって認められた通信制の小学校は、現時点では設立されていません。

通信制教育を小学校レベルで採用すると、成長過程にある子どもたちの心身の発達状況を適切に把握することが難しくなる懸念があります。

このような背景から、文部科学省は、小学校でのオンライン教育の導入について否定的な立場を示しているわけです。

この決定は、子どもたちの健全な発達を保護し、対面での学習や人との交流を重視する現行の教育方針に基づいている、といえるのではないでしょうか。

小学校不登校をサポートする学習教材は存在する

不登校の小学生向けに開発された通信制の教育教材は、実際にいくつか存在します。それらは、自宅で学習を進めることによって学校の授業に遅れを取らないよう支援するための教材です。

はりー
はりー
教材の中には、利用することで小学校の出席日数としてカウントされるものも存在しますよ!

出席日数として認められる教材は、学校のカリキュラムに準じた内容を提供し、子どもの学力向上を促します。

また、子どもたちが他者とコミュニケーションを取る機会を持ちたいと考えている場合、オンラインで参加できるフリースクールが選択肢の一つとして挙げられます。

しかし、フリースクールは正式な学校とは認められておらず、学習内容よりも子どもたちに安心して過ごせる場を提供することに焦点を当てています。

そのため、学習遅れの解消を目指す場合には最適な選択ではないかもしれません。

これらの情報を踏まえ、お子様にとって最適な学習方法を選択することが、学習遅れの解消や学校復帰への道をスムーズに進める鍵となります。

不登校の小学生が使いやすいおすすめ通信教育

不登校の小学生の自宅学習に役立つ通信制の教育教材を4つご紹介します。

紹介する教材はすべて小学1年生から6年生まで対応しており、ご家庭の状況やお子様のニーズに合わせて選ぶことが可能です。

学校のカリキュラムに追いつくための学習サポートとなる優秀な教材なので、どれを選んでも間違いないと思いますが、以下に詳しい特徴を紹介しますので、教材選びの参考としてください。

Z会

「Z会」は、授業内容だけでは物足りないと感じる子どもや中学受験を目指している子どもに適しており、4,505円/月(1年生~)からできます。

Z会タブレットコース

教材は紙とタブレットで提供され、親と学校との連携によって出席扱いされることもあります。

不登校の子の中にはお勉強ができる子も多いです。そんな子どもたちにとって、学びの機会を失わないことは将来のためにも非常に重要です。

「Z会」の教材は、学校の授業だけでは物足りないと感じる子どもや、将来の中学受験を見据えている子どもにぴったりです

まずはZ会の簡単に特徴をまとめておきますね。

対象 小1~小6
会社 株式会社Z会
難易度 標準~中学受験レベル
料金 小1:4,505円~
小2:4,845円~
小3:7,255円~
小4:7,935円~
小5:9,075円~
小6:9,925円~
(一括払い・税込・紙教材)
学習スタイル 紙教材コースあり
タブレットコースあり
無学年学習 なし
無料体験 資料請求で無料のお試し教材あり
特徴 教科書を超えた難しい問題が出題される
コースによって料金が大きく異なる
紙教材とタブレットコースがある
キャンペーン Z会キャンペーンでお得に入会
メリット 学校の授業より進んだ学習ができる
思考力を養う学習ができる
学ぶ教科は選択できる
デメリット 英語やプログラミングが学べない
ワークの手伝いが大変

教材は紙とタブレットの両方で提供されるため、お子さまの学習スタイルに合わせて選ぶことができます。

紙の教材は、書き込みながら学ぶことで知識の定着を図れる一方、タブレットの教材は、インタラクティブな学習体験を通じて、学ぶ楽しさを実感できるはずです。

また、「Z会」の教材を使った学習は、親と学校との連携によって出席扱いされることもあるため、不登校の子どもたちにとって大きな励みになるでしょう。

ちゃこ
ちゃこ
学校に通えない状況でも、学びを継続し、出席として認められることで、自信を持って学習に取り組むことができますよ。

不登校の子どもたちが抱える学習面での不安や悩みに寄り添い、それぞれの状況に合わせた学習機会を提供することが重要ですが、「Z会」の教材は、その点で大きな可能性を秘めていると言えるでしょう。

教材の質もとても良く、添削サービスもあるため、学ぶ喜びを体験できる環境を作ってあげれますよ。

お勉強を伸ばすならZ会1択

Z会小学生コースの特徴

思考力を養う問題が多数

学校の一歩先を行くお勉強ができる

他の通信教育教材より到達レベルが高い

\無料体験でお試ししよう/

リンク先:https://www.zkai.co.jp/

Z会通信教育についてもっと知りたい方は、以下の記事もあわせてご覧ください

すらら

「すらら」は学習塾でも利用されている実績のある教材で、月額8,228円からの料金設定です。

タブレットを通じて提供され、出席扱いについては累計1,700名以上が認定された実績があります。

「すらら」は、不登校の子どもたちの学びを支える上で、非常に信頼のおける教材だと言えます。その理由は、日本だけでなく世界の学習塾でも多数導入されているから。

学習用ツールとして様々なところで実は活用されているのです。

ちゃこ
ちゃこ
学習塾でも多数採用されているという実績は、すららの教育効果と信頼を裏付けていますね。

そんなすららの特徴をまとめておきます。

対象 小1~小6
会社 すらら
難易度 かんたん~標準
(個別指導で調整可)
料金 3科目:8,800円~
5科目:10,978円~
学習スタイル タブレットのみで学ぶ
すららコーチによる指導がある
個別にカリキュラムを組んでもらえる
無学年学習 すらら自体無学年学習教材
無料体験 無料体験あり
特徴 無学年制の通信教育教材
専属の先生がついてくれる
個別指導のように学べる
キャンペーン 入会金無料キャンペーン
クリアユニットキャンペーン
メリット 発達障害の子でも対応可
不登校でも出席扱いになる確率が高い
デメリット 英語が学べないなど受講科目が少ない
パソコンで学ぶスタイル

月額8,228円からという料金設定は、「Z会」などと比べるとやや高めではありますが、それだけの価値が教材に込められています。

特筆すべきは、「すらら」を使った学習が出席扱いとして認定された実績です。

累計1,700名以上もの子どもたちが、この教材を通じて学びを継続し、出席として認められてきました。この数字は、「すらら」が不登校の子におすすめできる何よりの証拠と言えるでしょう。

不登校の子どもたちにとって、学校に通えないことによる学習の遅れは大きな不安要素です。

しかし、「すらら」を活用することで、その不安を解消し、自信を持って学習に取り組むことができます。

また、出席認定の実績は、不登校の子どもたちだけでなく、保護者の方にとっても大きな安心材料となるはず。子どもの学びが正当に評価され、将来につながる道筋が見えることで、ご家庭の不安も和らぐことでしょう。

総じて「すらら」は、不登校の子どもたちに寄り添い、学びの機会を提供する優れた教材だと言えます。

ちゃこ
ちゃこ
学習塾での実績と出席認定の実績は、その教育効果の高さを物語っていますね。

不登校のお子さまの学習に悩まれている保護者の方は、すららを検討してみてはいかがでしょうか。

個別指導型の教育なので、子供のペースでお勉強できます。万人にあう教材ではなく、「我が子にあった教育教材」を探しているならすららを検討してみてください。

個別指導の通信教育ならすらら

すららの特徴

個別指導型の家庭学習教材

子供のペースにあわせて進められる

子供の発達支援に関するサービスが豊富

\入会キャンペーン開催中/

リンク先:https://surala.jp/

すららの事をもっと知りたい方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

進研ゼミ

「進研ゼミ」は、小学生人気No.1の家庭学習教材です。子供が楽しく学べる通信教育として長きにわたり、業界のTOPに君臨する、まさに通信教育の王様です。

進研ゼミ小学講座チャレンジ

進研ゼミは学校の教科書準拠の学習ができ、子供のレベルに合わせて科目ごとに難易度まで変えれる万能教材です。

動画やアニメーションで授業のように学べる点も、不登校の子に嬉しいポイントですね。

そんな進研ゼミの特徴をまとめておきます。

対象 小1~小6
会社 ベネッセ
難易度 標準
料金 3,250円~
学習スタイル 紙とタブレットを選べる
添削・オンライン授業などサービスが豊富
ゲーム感覚で学べる学習が多い
無学年学習 国語算数は無学年学習あり
無料体験 資料請求で体験教材もらえる
特徴 受講すれば全科目網羅できる
学校の授業とペースが同じ
タブレットで効率よく学べる
キャンペーン 入会キャンペーンあり
メリット 無学年学習がある
教科書準拠で家でも学べる
コンテンツのボリュームが多い
デメリット お勉強感は少なくゲーム形式多め
応用問題は少ない

進研ゼミは出席扱いにできる事例は多くないですが、家で学ぶ学習ツールとしてはとても優れています。

学習教材として、まずコンテンツのボリュームが膨大なので、家でだけ学ぶ子でもたっぷりお勉強ができます。不登校の子の教材選びでは、学習できる量も重要なので、この点は見逃せません。

また、料金が安いのに、英語やプログラミング、ライブ授業など、通信教育ながら様々なサービスを利用することもできます。

タブレットや紙教材も子供に合わせて選べるので、お子様が不登校になってしまっても、子供に合わせて学習を進めやすいのが、進研ゼミの大きなメリットといえます。

もちろん、お勉強に飽きにくい仕様も1番充実しているので、迷ったら進研ゼミを検討してみて後悔はないと思います。

他の教材がしっくりこない方は、まずは王道の教材から検討してみてくださいね。

人気No.1タブレットで学ぼう

チャレンジタッチの特徴

小学生通信教育人気No.1

2022年無学年学習開始

誰でも楽しく家庭学習ができる

\タブレット無料キャンペーン中/

リンク先:https://sho.benesse.co.jp/

スタディサプリ

「スタディサプリ」は、月額1,815円からという家計に優しい料金で利用でき、タブレット学習を中心に展開しています。

スタディサプリ

動画講義だけでなく演習問題もあるため、コスパよく授業と演習ができるのが魅力です。

そんなスタディサプリの特徴をまとめておきます。

対象 小1~小6
会社 スタディサプリ
難易度 標準
料金 1,815円~
学習スタイル 映像授業でお勉強
科目によってはテキストあり
インプット中心の学習
無学年学習 映像授業に学年の縛り無し
無料体験 無料会員と無料体験あり
特徴 映像授業でどこでも学習できる
子供にあわせて学習できる
家でも授業がうけれる
キャンペーン 入会キャンペーンあり
メリット 料金が安い
無学年制で学年を超えて学べる
単元ごとに短時間動画で学べる
デメリット 演習問題は少ない
学習量は子供のやる気に依存する

出席扱いについては、親と学校の連携や学習進捗の報告が必要になる場合があります。

そんな「スタディサプリ」ですが、不登校の子どもたちの学びを支援する上で、非常に魅力的な選択肢の一つです。

何よりも、月額1,815円からという家計に優しい料金設定が大きな強み。

経済的な負担を最小限に抑えながら、質の高い学習機会を得られるのは、多くのご家庭にとって朗報です。

タブレットを中心とした学習スタイルも、子どもたちの興味を引き出す上で効果的だと言えます。インタラクティブな学習体験を通じて、主体的に知識を吸収し、学ぶ楽しさを実感できるはずです。

また、タブレットだけではなく、スマホでも学習できるという、スタディサプリならではの柔軟性により、子どもたちは自分のペースで学習を進められます。

ちゃこ
ちゃこ
これは、不登校の子どもたちにとって特に重要な点ではないでしょうか。

ただし、「スタディサプリ」を使った学習を出席扱いとするためには、親と学校との連携や学習進捗の報告が必要になる場合があります。すららなどに比べると敷居は高いことを覚悟しておく必要があります。

総じて「スタディサプリ」の教材は、スマホ、タブレットで自宅で気軽に勉強できるにもかかわらず、それを使った人が東大に合格したりと実績のある信頼性の高いコンテンツです。

不登校の子どもの学びを支えるには、家庭、学校、そして教材の三者をうまく連携させて、子どもに寄り添うことが大切です。「スタディサプリ」は、その橋渡し役を担う存在として、大きな可能性を秘めています。

不登校で悩むご家庭でかつ、コスパ重視で考えている人は、ぜひ「スタディサプリ」を検討してみてはいかがでしょうか。

ちゃこ
ちゃこ
手頃な料金で質の高い学習機会を提供してくれるスタディサプリは、不登校の子の学びを支え、将来への扉を開く鍵となるはずです。

最安の家庭学習教材

スタディサプリの特徴

効率よく予習復習ができる

2週間は無料体験可能

神授業が見放題

\今なら2週間無料で体験できる/

リンク先:https://studysapuri.jp/

スタディサプリについてもっと知りたい方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

サブスタ

「サブスタ」は、一人一人の学習状況に合わせた計画を提案してくれる教材で、月額4,900円から利用可能です。教材は紙とタブレットの両方で利用でき、出席扱いされる可能性も高いです。

サブスタ

「サブスタ」は、不登校の子どもたち一人一人に寄り添った学習支援を提供する、非常に優れたサービスだと言えます。

何よりも、個々の学習状況に合わせた計画を提案してくれる点が大きな強みでしょう。

不登校の子どもたちは、学習の遅れや個人差が大きいことが多いですが、「サブスタ」なら、それぞれのペースやレベルに合わせた最適な学習プランを立てられます。

そんなサブスタの特徴をまとめておきますね。

対象 小3~小6
会社 株式会社lean earns
難易度 標準
料金 4,900円~
学習スタイル ヒアリング
→学習計画表作成
→映像授業を受ける
無学年学習 あり
無料体験 あり
特徴 専用カリキュラムを作ってくれる
動画授業で何度も学べる
キャンペーン 入会キャンペーンあり
メリット 授業を受けながら問題を解くリアル感がある
教科書に準拠している
デメリット 演習問題は少ない
最低受講期間が3か月と長い

月額4,900円からという料金設定は、「Z会」と「スタディサプリ」の中間あたりに位置しています。

質の高い学習支援サービスを、比較的リーズナブルな料金で利用できるのは嬉しいポイントですよね。

また、「サブスタ」の教材は、紙とタブレットの両方で提供されるのも魅力的です。

子どもたちは、自分の学習スタイルに合わせて、紙かタブレットを選べるわけです。

紙の教材なら、書き込みながら学ぶことで知識の定着を図れますし、タブレットなら、インタラクティブな学習体験を楽しめます。

ちゃこ
ちゃこ
この選択肢の広さは、不登校の子どもたちの多様なニーズに応えるものと言えますね。

さらに、「サブスタ」を使った学習が出席扱いされる可能性が高いのも心強いポイントです。

子どもたちが学校に通えない状況でも、しっかりと学びを継続し、その成果を認めてもらえる環境が整っています。

これは、子どもたちのモチベーションを高め、自信を育む上で非常に重要な要素だと言えます。親目線でも嬉しいポイントですよね。

総じて「サブスタ」は、不登校の子どもたち一人一人の状況に合わせたきめ細やかな学習支援を提供し、学びの継続を力強くサポートしてくれます。

ちゃこ
ちゃこ
個別の学習計画、紙とタブレットの選択肢、出席扱いの可能性など、不登校の子にぴったりの学習支援をしてくれる教材だよ。

不登校の子どもの学習に悩まれているご家庭は、ぜひ「サブスタ」を検討してみてはいかがでしょうか。

一人一人に寄り添った学習支援は、子どもたちの可能性を大きく広げ、未来への希望をもたらすはずです。

専用カリキュラム作成が人気

サブスタの特徴

月4,900円からできる

子供にあわせた学習を提供

不登校でも出席扱いにできる

\2週間は全額返金保証/

無料体験してみる

不登校の小学生の保護者は何の通信教育を選んだ?

実際に不登校の小学生をお子さんに持つ保護者は何の通信教育を選んだのか、当サイト独自で小規模ながらアンケートを取ってみました。結果は以下の通りです。

教材名 割合
すらら 40%
Z会 10%
スタディサプリ 20%
進研ゼミ小学講座 20%
スマイルゼミ 10%

あくまでも当サイト独自のアンケートの結果ですが、不登校の小学生を持つ保護者の方々が選んだ通信教育の中で、「すらら」が40%と最も高い割合を占めています。

ちゃこ
ちゃこ
この結果から、「すらら」が不登校の子どもたちの学習支援において、特に高い評価を得ていることがわかりますね。

「すらら」が選ばれた理由としては、いくつか考えられます。まず、学習塾でも実績のある教材という信頼性が大きなポイントでしょう。

保護者の方々は、子どもの学びを支える上で、教材の質の高さを重視されたのではないでしょうか。

また、個別にカリキュラムを組んでくれたり、不登校や子供の成長の相談に乗ってくれる専属コーチがついてくれるなど、他社にはないサービスがあるのも人気の理由と考えられます。

さらに、「すらら」を使った学習が出席扱いとして認定された実績も、保護者の方々の信頼を得る上で大きな役割を果たしたのでしょう。

不登校の子どもたちにとって、学びの継続と成果の認定は非常に重要な要素です。「すらら」は、その両方を満たす教材として高く評価されたのだと思います。

一方で、「スタディサプリ」と「進研ゼミ小学講座」がそれぞれ20%、「Z会」と「スマイルゼミ」が10%ずつと、他の教材も一定の支持を得ていることがわかります。

これは、不登校の子どもたちの多様なニーズに応えるためには、複数の選択肢が必要であることを示唆しているのではないでしょうか。

不登校の子どもたちの学習支援は、一人一人に寄り添ったきめ細やかなアプローチが求められるため、保護者の方々は、子どもの個性やニーズに合わせて、最適な教材を選ぶことが大切です。

ちゃこ
ちゃこ
このアンケート結果が、お子さんにとってどんな教材が合っているのかどうかを決める上での参考にしていただければ幸いです。

不登校向け小学生通信教育をやってみた家庭の体験談

これから不登校向け小学生通信教育をやってみようと思っている人にとって、先輩の意見はかなり気になるはず。

そこで、以下に何の通信教育を使って、実際どうだったのかリアルな生の声をあつめてみました。是非参考にしてみてください。

口コミ・評判

平均

4.5

スクロールできます

小学3年生の子どもが不登校になってしまったので、学校の授業に遅れないよう自宅で学習できる方法を探していました。ネットで探してみると、すららは先取り学習や復習を自分のペースで始めることができるので、子どもに合っていると思い、利用してみることに。
子どもはゲームが好きで、勉強はあまり得意ではありませんでした。しかし、すららで勉強していると、楽しそうに勉強していたので嬉しかったです。AIのキャラクターが授業をしてくれるのが、合っていたみたいです。授業もリラックスして落ち着いて聞いているので安心して利用することができています。
また、授業を見ていると聞いているだけでなく、キャラクターが問題を出してきて自分で答えることもあるので子どもが集中できるような仕組みになっているのも良かったです。子どもは学校への登校はまだですが、勉強の楽しさをわかってくれたので良かったと思っています。

自分の子供は小学4年生になってから勉強が周りについていけなくなって、テストでも悪い点数ばかりになったので、学校が嫌になって不登校になってしまいました。学校では、個人のペースに合わせて勉強をしていくわけにはいかないため、子供個人のペースで勉強をしていくことができる通信教育をすることに。複数ある不登校の子供が利用しやすい通信教育の中から自分が選んだのが「スマイルゼミ」です。スマイルゼミは、得意分野は先取りしたり、苦手分野は何度も復習したりすることができるようになっていて、自分のペースや好きなことを無理なく勉強していくことができるので選びました。子供も家にいるせいもあると思いますが、リラックスしながら毎日勉強してくれています。親的には学校にも行ってほしいので、得意な教科がある時間帯だけ学校に行って勉強するようにして少しずつ慣れさせていっています。そんなことができるようになったのも、スマイルゼミのおかげだと思います。思った以上の結果が出てくれたため、スマイルゼミは、不登校の子供に勉強をさせるのに最適な通信教育だと感じています。

我が子は小学4年生の夏休み明けから不登校気味になり2学期はほぼほぼ小学校へ行けなくなりました。その際、学業だけは遅れないように学校からプリントをもらってきてやらせていいましたが、一度でもつまづくとやる気がなくなり…。親がつきっきりで手助けするのも限界に感じてきました。そんなとき、進研ゼミでタブレット学習ができることをCMを見て思い出し、取り組ませたところ、これが息子にはヒット。ADHD持ちで集中力が無く注意散漫な性格ですが、ゲーム感覚で勉強できて楽しいのかスイスイ解いてくれました。おかげで不登校中の学力低下もある程度防ぐことが出来ましたし、何より分からない問題がある時には、AIが説明してくれるので親の負担がなくなったのがすごく良かったです。説明も親よりも分かりやすいですし。残念ながら不登校はまだ続きそうですが、勉強に関しては不安なく進めていけそうです。

不登校時に空いた時間を使って何か勉強をさせたいと思っていたのですが、本人が選んだ進研ゼミ、小学講座で進めてみることにしました。進研ゼミの小学講座はタブレットを用いて学習するタイプの教材だったのですが、これが良かったようです。
実際に親としてもとても良い教材だったと思っています。良いと感じた点は三つありまして、一つは添削が丁寧だった点。赤ペン先生的な感じで自分の回答に沿った添削をしてくれます。これを見れば自分の何が悪かったかわかりますし、正解した時は褒めてもらえるので学習意欲の向上にもつながって良かったです。二つ目はゲーム感覚で学べる点です。特にこれが有効だと感じたのは算数の計算でした。Nintendo Switch本体が必要とはいえ、ゲームハードを利用しているだけあって勉強しているというよりゲームをしているという感じで学習できます。これが子供には合っていたようですし、楽しみながら計算力をあげられたところがよかったです。三つ目は自分の実力に合わせた問題が出題してもらえる点です。今日のおすすめ等で出される問題はこれまでの自分の成績を反映したものなので、回答不可能な高難易度の問題は出題されません。
考えたら解ける程度の難易度なので、それを積み重ねることで頑張れば解ける!と少々難しい問題が出てきても諦めずに取り組んでもらえるようになりました。以上の三点のおかげで、子供の学力は上がりましたし、勉強に対する姿勢も前向きになっています。

同じ不登校の子供を持つ、ママ友から「すらら」をおすすめされたので、試してみることに。親の目線からすると、料金がかなり抑えきれて受講できるのはとてもありがたいなと感じましたし、コスパが良いなと感じました。近くでみていたら教材、先生の授業の質も高くてほとんど学校と変わらない感じでびっくりです。ちゃんとその子の出来具合に応じて先生も授業を考えてくれて、担当コーチがしっかり支えてくれるので通信教育の中ではかなりレベル高くて良かったですね。また、教材も飽きないような工夫もされていて、落ち着きがない息子でもちゃんと座って勉強してくれてました。ただ、テストとかがあればもっと良いのかなとは思います。あるにはあるにはあるのですが、問題数も少なく、学校で行うような本当のテストみたいな感じではありません。ちゃんと息子が理解出来てるのかたまに心配になる時があるので、そこをもう少し直してくれたら良いなと思います。

現在進行中で不登校の子供にスタディサプリを使わせています。良いなと思った点は、最初に契約する際に、子供にどんな悩みがあるのかをしっかり書ける欄があるところ。私の子供の場合は落ち着きがなくて集中力がないことがあり、正直言って、それが不登校の原因となっています。それを書くと、コーチがそれに応じてしっかりと学習計画を立ててくれて、子供が飽きないように工夫してくれてました。一人一人に合わせて計画や内容を作ってくれるので学校よりも良いなと思う時も…。また、その計画書も時間割みたいに作ってくれて、ほんとに学校みたいです。保護者の私としてはなんか面白くていいなと思ってました。子供もほんとに学校みたいだとワクワクしてる感じでした。タブレットで学んでいたのですが画質も良いし音質も聞き取りやすくて学びやすそうでした。ただ、たまに声が大きい先生の時に声がマイクから割れる感じがして、それが原因で子供の集中力が削げている時が多々あり、そこを改善してくれると助かります。

小学4年生の時に、些細なことがキッカケで子供が学校に行けなくなりました。親としては自分の子供が不登校になり、かなり心配もしましたが、しばらくは子供の気持ちを尊重しつつ、そのうちに直ぐに学校に行くようになるだろう、と思ってそのまま自宅待機させました。ですが、そんな私達の期待とは裏腹に、子供の精神状態は良くならず、それどころか、悪化しているようにも私達親には移りました。そこで、このままではいけない!と思い、自宅にいながら学習できるコンテンツを探したところ、すららを見つけてとりあえずは子供に相談してみました。すると、子供も「これなら出来そう、やってみたい!」と言うので、早速すららを利用して学習させたところ、子供も気に入ったようす。自らの意思で勉強する姿に親としては一安心です。すららのカリキュラムは一人ひとりにあった学習方法で勉強ができるように設定されているそうで、わからないことがあれば反復で学習できますし、遡って復習することもできます。また、得意な分野を重点的に学習できるようなコンテンツにもなっており、子供のニーズ、成長に合わせた勉強が自宅にいながらできるため、子供は目に見えて学習能力が高くなっています。すららを選んで本当に良かったと思っています。今の時代、いろいろな学習方法があっても良い。だから、親としてはあくまでも子供の意思をイチバンに考えてこれからも接していこうと強く思います。

不登校時に何もしないのは良くない、不安だということで、とりあえず一番安くて手頃なスタディサプリを選びました。国語と算数を中心に苦手な単元を何度も繰り返して復習できるので、学習塾に通うよりもじっくりと学習できているようです。各教科の学習だけでなく、タブレットの使い方も覚えられるので、情報化が進む社会の中で子供にとって良い体験になったと感じています。また、以前にお試しでやっていた通信講座では私自身が課題の丸付けをしていましたが、スタディサプリには自動で採点ができる機能が付いており、仕事で忙しい時も手間を省けて助かりました。勉強を継続するとキャラクターを育成できるコインがもらえる点も子どもの学習意欲の向上に繋がったと思います。授業はどの教科も音声と画質が良く、画面明るさなど目に優しいのでストレスなく学習できていたようで親として満足しています。なお、優れた学習システムにもかかわらず、定額制で毎月2千円ほどの料金で学べるのは、お世辞抜きに日本一コストパフォーマンスの良い教材だと思っています。

進研ゼミは、学年に合わせたカリキュラムが用意されており、基本的な学習内容から応用問題まで幅広くサポートしています。子どもの学習進度に合わせて適切な問題を提供してくれ、子どもが自分のペースで勉強をすることができているので、不登校時の通信教材として選びました。
進研ゼミの問題集は、楽しい漫画やアニメも取り入れられていているだけではなく、豊富な種類の問題が用意されており、解説も分かりやすくなっているため、子どもが問題を解く中でわからなくなり勉強についていけないということがなく、むしろ1人で学習を進めていける問題集になっています。
さらに進研ゼミには成績管理システムがあり、学習の進捗や成績をいつでも確認することが可能で、子ども自身が自分の学習状況を見て、自己管理することができるため、勉強に対するモチベーションを保ちながら勉強を進めています。明らかにプラスに働いているため、今後も続けていくつもりです。

娘は小学校4年生の時に人間関係に悩み不登校だった時期がありました。勉強の遅れに対する不安を口にしていた娘に何かしてあげいたと思い、すららの受講をすすめたんです。学校や塾などで利用している教材と知り、信頼できると思い選びました。受講する前は、お昼頃に起きてダラダラ過ごすなど生活リズムがひどかったのですが、受講後は学校に行っていた時と同じ時間に起きて午前中からすららで勉強するように。すららの無学年方式は勉強が好きな娘にとってぴったりで、自分のペースで学べることが気に入ったようです。絵を描くことが好きな娘なのですが、すららの個性的なキャラクターの先生達がお気に入りになり、楽しく勉強できると話してくれました。娘にとっては難しすぎず簡単すぎない内容で、集中して勉強に取り組んでいる姿を見て親としても安心しました。不登校になってからいつも不安そうな顔をしており笑顔が消えてしまった娘ですが、すららでしっかりと勉強して同級生と比べて自分は勉強面で遅れていないと感じた頃、少しずつ笑顔がふえて、いまでは登校できるようにもなりました!不登校により下がってしまった自己肯定感を上げてくれたすららに感謝しています。

 

これらの体験談をまとめると、いくつかの重要なポイントが浮かび上がってきます。

まず、子どもたち一人一人のペースやニーズに合わせることができる通信教材を選ぶと後悔することがない、ということです。

不登校の子どもたちは、学校の一斉授業についていくことが難しい場合が多いですが、「すらら」や「スタディサプリ」のような通信教育なら、自分のペースで学習を進められます。

また、「すらら」の無学年方式や、「スタディサプリ」の苦手単元の復習機能など、一人一人の学習状況に応じたカリキュラムが用意されているのがうまくはまったケースもよく見られるようです。

次に、子どもたちの興味を引き出し、学ぶ楽しさを実感できる工夫が随所にある教材を選ぶとポジティブな結果に繋がりやすい、ということです。

「すらら」のキャラクター性豊かな先生たちや、「進研ゼミ」のゲーム感覚で取り組める問題など、楽しみながら学べる仕掛けが用意されています。

不登校の子どもたちの中には、勉強に苦手意識を持っている子も少なくありませんが、これらの工夫によって、学ぶことへの意欲を高められるようですね。

また、保護者の方々の負担を減らすための機能も充実しているとストレスなく、子供の学習サポートを続けられるようです。

「スタディサプリ」の自動採点機能や、「すらら」のAIキャラクターによる授業など、高い評価を得られる通信教材に、子どもたちが自立して学習を進められるような仕組みが整っています。

はりー
はりー
仕事で忙しい保護者の方々にとって、これらの機能は大変ありがたいものだと思います。

そして、何より重要なのは、これらの教材が子どもたちの自己肯定感を高め、学ぶ意欲を引き出してくれるかどうかです。

不登校の子どもたちの中には、自分に自信を失っている子も少なくありません。しかし、自分のペースで学習を進め、着実に力をつけていくことで、「自分にもできる」という自信を取り戻していけるようです。

これらの体験談から、不登校の子どもたちの学習支援には、一人一人に寄り添った教材選びが欠かせないことがわかります。

子どもたちの個性やニーズに合わせた教材選びと、保護者の方々の温かいサポートが、不登校の子どもたちの学びと成長を支えてくれるのではないでしょうか。

不登校の小学生向けの通信教育・教材を選ぶとき注意したい点

小学生の授業はペースがゆっくりであるため、通信教材による家庭での親御さんのサポートだけでも、学習の遅れを取り戻すことも可能です。

はりー
はりー
ただ、何を選んでもいいというわけではありません。

ここまでと多少かぶる点もありますが、不登校の小学生向けの通信教育・教材を選ぶとき注意したい点について解説していきます。

本当に子どもに必要なのか・やりたがっているか

学習塾の代替として、または追加の学習ツールとして通信制の教育教材を検討する際には、まずお子様がその教材に対して興味を持ち、積極的に取り組む意欲があるかどうかを確認することが重要です。

お子様が勉強を嫌がる場合に強制的に学習させると、勉強そのものへの嫌悪感を抱くだけでなく、保護者への信頼関係にも悪影響を及ぼす恐れがあります。

そのため、いきなり受講を開始するのではなく、利用を検討している教育サービスが無料体験期間を提供している場合は、その機会を活かして複数のサービスを実際に試し、お子様自身に最も適した教材を選んでもらうのが良いでしょう。

ちゃこ
ちゃこ
この過程でお子様の意見を尊重することで、学習へのモチベーションを高め、よりポジティブな学習環境を整えることが可能になります。

タブレット・テキスト媒体どちらにするか

通信制の教育教材には、タブレットや紙といった異なる形態があります。タブレットを使用する際には、子どもたちがデジタルデバイスに過度に依存しないよう、注意深く監督することが重要です。

デジタル依存は、生活のリズムを乱し、不登校を引き伸ばす原因となる場合もあります。そのため、デジタル機器への依存が見られる場合、紙の教材の使用に変更するなど柔軟な対応が必要になってきます。

さらに、タブレットやスマートフォンの使用が過度になると、視力に影響を与える可能性があることも覚えておく必要があります。

このように、お子様の健全な成長を支援するためには、教材の種類を慎重に選択し、バランスの取れた学習環境を提供することが重要です。

料金は家計に無理なく継続できるか

学習を習慣化することは、知識の定着と学力向上に不可欠です。そのためには、継続的な学習が重要となりますが、その過程で家計に負担がかからないよう、料金設定が無理なく続けられるかどうかを検討することも大切です。

苦手な教科のみに焦点を当てたり、必要な授業の数を調整することで、コストを抑えることもできますが、スタディサプリのように、そもそも他の教材と比べてかなり安いというサービスを最初から使っておくというのも一つの手です。

さらに、様々な教育サービスを比較検討し、相場を理解することも、賢い選択をする上で助けとなります。これにより、お子様の学習ニーズに最適かつ経済的に持続可能な教材を選択することができるでしょう。

不登校の小学生が通信教育以外で自宅学習するには

不登校のお子様の自宅での学習方法には、通信制教材以外にも多くの選択肢が存在します。

市販の教科書や参考書を利用することはもちろん、家庭教師を雇う、学習塾に通う、またはフリースクールを活用するなど、お子様の学習スタイルやニーズに合わせた様々な方法を選択することが可能です。

これらの方法を組み合わせることで、お子様一人ひとりの特性に合わせた最適な学習環境を整えることができます。

ちゃこ
ちゃこ
本当に我が子にとって通信教育が最適なのかどうか悩んでる方はこのセクションをよく読んでみてください。

市販の教材で自宅学習・ホームスクーリング

自主学習やホームスクーリングは、特定の条件下で非常に有効な学習方法です。

親子関係が良好で、不登校の期間が短期間である場合や、お子さんが学習に対して自主性を持ち、既に勉強習慣が身についている場合には特におすすめです。

また、保護者が教科知識を有し、お子さんへの教育を直接サポートできる能力がある場合も、この方法は適しています。

ちゃこ
ちゃこ
自主学習の最大の利点は、学習塾や家庭教師に比べて費用がかからないことに加え、お子さんが自ら学ぶ喜びと学習習慣を身につけることができる点です。

この習慣は一生涯役立ち、お子さんが自発的に学習に取り組む意欲が続く限り、最良の学習方法となり得ます。

家庭教師に依頼

家庭教師の利用は、お子様が外出することに抵抗がある状況や、家庭が経済的に余裕がある場合に適した選択です。

確かに費用は高めになる傾向がありますが、その分、専門の講師から直接、マンツーマンで指導を受けられるという大きなメリットがあります。

お子様一人ひとりの学習速度や理解度に合わせた指導が可能で、学習の進捗に応じて柔軟にカリキュラムを調整できるため、自分のペースで効率的に学習を進めることができます。

近くの学習塾に入る

学習塾の利用は、お子さんが外に出て同年代の子どもたちと交流することに対して抵抗がなく、自宅での勉強が難しいと感じる家庭に特におすすめです。

実際、学校には行きづらいけれども、学習塾には参加しやすいというお子さんも少なくありません。学習塾への通塾は、社会とのつながりを保つ一つの手段となり得ます。

そのため、お子さんが塾への通学に前向きであれば、塾の利用を考えてみる価値があります。

フリースクール

フリースクールは、学習内容よりもお子様の心地よい居場所の提供に重点を置いたい場合や、同じような悩みを持つ仲間とのつながりを築きたいと考えている場合に特に適しています。

はりー
はりー
フリースクールでは、ゲームや漫画といった、お子様が楽しめる活動を中心に日々を過ごす環境が整っているため、通って楽しいという子も少なくないです。

なぜかというと学業や復学を優先するよりも、まずはお子様に安心できる場所を提供し、他者とのコミュニケーションのチャンスを与えることが目的だから。

フリースクールは、お子様の精神的な支えとなり、社会とのつながりを持つための一つの方法として役立ちます。

適応指導教室・支援センター

適応指導教室は、出席日数を維持しつつ、学校への復帰を目指しているお子様に適した選択肢です。また、お子様を公的な機関に委ねたいと考えている場合にも、この教室が適しています。

はりー
はりー
適応指導教室は教育委員会によって運営されており、場合によっては教育支援センターとしても知られています。

このような施設の大きな魅力の一つは、教員免許を持った専門家からの指導を無料で受けられる点にあります。

個々のお子様のニーズに合わせたサポートを提供し、学ぶ意欲の回復や社会との再接続を促進してくれるはずです。

小学生で不登校のときに通信教育・教材に取り組むメリット

不登校になった小学生にとって、通信制の教材を取り入れることは多くのメリットをもたらします。

これらの教材を活用することで、特定の条件下では出席として認められるケースがあり、また、学力を向上させ自信を回復することも可能です。

そんな小学生で不登校のときに通信教育・教材に取り組むメリットについて深掘りしていきます。

出席扱いになることもある

通信制の教育教材を使用することにより、特定の条件下で小学校の出席日数として認められる場合があります。

具体的には、使用するカリキュラムがお子様の通う小学校の授業内容に準じていると、校長が出席扱いと認めることができます。

このプロセスは学校での協議を経て承認されるため、実施を希望する場合は担任の先生を通じて事前に相談することが重要です。

もし出席扱いにできれば、お子様は自宅で柔軟に学習を進めることができ、学校の出席日数も確保することが可能になります。

学力をつければ再登校する自信につながることも

学力を向上させ自信を取り戻すことは、不登校のお子さんが学校生活へ再びスムーズに戻るきっかけとなることがあります。

はりー
はりー
特に授業についていけないことが原因で不登校になった場合、このアプローチはお子さんが学校へ通えない理由を解決する手助けとなり得ます。

また、学力を事前に身につけておくことは、再登校後に授業に遅れずについていくためにも重要です。

もし再登校後に学習内容が理解できず、授業についていけない状態になると、その状況が再び不登校へとつながる可能性があるからですね。

ただし、学力の向上だけでは不登校の問題が根本的に解決するわけではないため、より広範な解決策を模索することも必要です。

不登校にはさまざまな原因があり、お子さん一人ひとりの状況に合わせた対応が求められます。

したがって、学力の向上を目指しつつも、お子さんが直面している困難の根本的な原因に焦点を当て、総合的な支援を提供することが大切です。

小学生で不登校のときに通信教育・教材に取り組むデメリット

不登校のお子さんが通信教材を選択する際には、確かに利点がある一方で、いくつかのデメリットも考慮する必要があります。

通信教材が質が高く、学習の補助として大いに役立つことは間違いありませんが、この方法だけで不登校の問題が根本から解決されるわけではないことを理解することが重要です。

そんな小学生で不登校のときに通信教育・教材に取り組むデメリットについて詳しく解説していきます。

通信教育は小学生の不登校を解決することに直結しない

通信制の教育教材を利用することは、学力向上や復学をサポートする上で有益ですが、不登校の根本原因を解消するわけではありません。

不登校に至る理由は、個々のお子さんによって異なり、多くの場合、さまざまな要因が複雑に絡み合っています。根本的な原因の解決には、長い時間が必要なことも多く、健全な親子関係の構築や、お子さんの自己肯定感を高めるアプローチも必要です。

ちゃこ
ちゃこ
通信教育は直接的に不登校を解決する手段には何にくいですが、この「自己肯定感を高めるアプローチ」という観点において、役に立ってくれることが多いです。

通信教育をうまくこなしていくことによってお子さんの自己肯定感を高めることができれば、「学校の問題は乗り越えられるかもしれない」「自分なら解決できるかもしれない」という前向きな気持ちに変わり、学校復帰への道が開かれる可能性があります。

もちろん、不登校の問題に対処する際には、学力向上の取り組みだけでなく、お子さんの心のケアにも焦点を当てたアプローチも必要です。

ちゃこ
ちゃこ
通信教育をやれば不登校は解決するというわけにはさすがに行きませんが、これをきっかけに、お子さんが学校生活へ自信を持って戻ることができるよう、サポートしていくことが大切です。

タブレット教材はデジタル機器依存になるリスクも

タブレット型の教育教材の使用には、デジタル機器への依存を引き起こすリスクが伴います。特にゲームなどの誘惑により夜遅くまで起きてしまうと、昼夜逆転の生活リズムに陥りがちです。

このような生活習慣は、学校への登校が一層困難になる可能性があります。また、体の発育の妨げにもなってしまいがちです。

小学生は心身の成長が著しい時期にあたり、夜間の質の高い睡眠は成長ホルモンの分泌に欠かせません。

成長ホルモンが不足すると、疲労感が増し、集中力の維持も難しくなるため、お子様の健康と学習能力の両面に影響を及ぼします。

不登校の状況を改善し、お子様の健全な成長を支援するためにも、デジタル依存を防ぐ対策が重要です。

具体的には、デジタル機器の使用時間を定める、夜間のデバイス使用を避ける、睡眠前のリラックスタイムを設けるなど、健康的な生活リズムを確立する取り組みが推奨されます。

これらの対策を通じて、お子様がバランスの取れた日常生活を送り、学業に適切に取り組める環境を整えてあげましょう。

小学生で不登校の子どもが再登校するために保護者ができる取り組み

不登校のお子様を学校生活へ再び導くためには、保護者の積極的かつ献身的なサポートが非常に重要です。

とくにお子様の自己肯定感を高めることは、自信を取り戻し、学校への復帰をサポートするための鍵となります。

お子様が抱える悩みや不安を理解し、受け止めることで、安心して過ごせる環境を整えることが必要です。

その他、具体的にどのような取り組みができるのか詳しく紹介していきます。

不登校のプロがいる機関に相談する

不登校は現代において重要な社会問題となっており、多くの子どもたちがこの問題を経験し、中には状況が長期化するケースもあります。

だからこそ、保護者がこの問題に一人で向き合うのではなく、専門の支援機関に相談することで、適切な対応策を見つけることも重要です。

もちろん、お子様の不登校問題を根本的に解決するためには、家庭からの手厚いサポートが不可欠であり、信頼関係を基盤とした保護者からの適切な声かけが、お子様の自尊心を高め、学校への復帰へと導く重要な一歩となります。

この点を踏まえた上で、専門家の協力も仰いでみると良いかもしれません。

親子分離の不安やマイナスの感情を受け入れる

保護者がお子さんに対して「学校に行きたくないのはなぜ?」「今日は学校に行けそう?」と尋ねることは、お子さんへの深い愛情と心配からくる行動かもしれません。

しかし、お子さん自身も学校へ行けないことに焦りを感じ、同じように登校できない自分を自ら責めている場合があります。

保護者からの声かけが、自己肯定感が低下している時期には、「親に迷惑をかけている」と感じさせてしまうこともあるのです。

そのため、最初に行うべきは、お子さんが持つ不安や苦しみ、学校でのネガティブな経験を受け止め、認めてあげることが重要です。

自分の感情を認識し、受け入れてもらえる環境があれば、お子さんは自身の感情を整理し、落ち着きを取り戻すことができます。

特に低学年のお子さんの場合、保護者から離れることへの不安が強く、新しい環境での戸惑いや母子分離不安を感じることもあります。

このような時に「なぜ一人で学校に行けないの?」と厳しく問い詰めると、お子さんに深い悲しみを感じさせてしまう可能性があります。

親が理解し、支えてくれる存在であることを実感できれば、お子さんは心を開きやすくなり、再登校に向けての話し合いもスムーズに進められるようになります。

ちゃこ
ちゃこ
再登校への道のりを模索する際は、親子での共有時間を大切にし、相互理解を深めることが鍵となります。

スキンシップ・褒め伸ばしで心からの愛情を伝える

保護者の皆様は、日々お子様に対して深い愛情を持って子育てをされていますが、時にその愛情がお子様に十分伝わっていないこともあると思います。

お子様に愛情を明確に伝え、受け取ってもらうためには、スキンシップを積極的に取ることや、お子様の努力や成果を見逃さずに褒めることが非常に重要です。

親御さんからの愛情をしっかりと感じ取ることができたお子様は、心身ともに元気を取り戻し、より前向きに日々を過ごすことができるようになります。

愛情を感じることでお子様は安心感を得ることができ、特に母子分離不安を感じているお子様の場合は、甘える必要性を感じる回数が自然と減少することもあります。

親御さんからの愛情表現は、お子様が自立心を育て、心の安定を得るためにも、非常に大切な役割を果たします。

いけないことは毅然とした態度で指導する

保護者の方々が、お子様を大切に思うあまり、間違った行動を指摘することが難しいと感じることは珍しくありません。また、お子様が困ったときに常に先回りして解決策を提供してしまうこともあるでしょう。

しかし、お子様が間違いを犯したときにしっかりとした態度で対処し、失敗から学ぶ経験を持つことも重要です。

学校での指摘や失敗を経験していないお子様は、そのような状況に直面した際に、過剰なストレスを感じる可能性があります。そのため、お子様が誤った行動をした際には、適切に指導することが大切です。

また、すべてを親が代行するのではなく、お子様に自分で考え行動する機会を与えることも重要です。

間違いをただ指摘するだけでなく、行動の過程に注目し、努力や成長を認めて褒めることで、お子様は保護者を信頼し、自己肯定感を高めていくことができます。

保護者からの正しい指導と適切な褒め方が、お子様が自信を持って自立するための基盤となります。これにより、お子様は新たな挑戦を恐れず、困難に立ち向かう力を育てることができるでしょう。

不登校の小学生向け通信教育を調べている最中によくある疑問を解決

保護者の皆さんが小学生のお子様に適した通信教材を選ぶ際に、様々な疑問を持つことは自然なことです。

特にお子様が不登校となった場合、最適な学習方法を見つけることはとても大事なことですし、失敗したくないですよね。

そこで、最後のまとめとして不登校のお子様向けの通信教材選びでよくある質問とその回答を紹介していきます。

このまま小学校に行かないとどうなる?

小学校では必要な登校日数を満たさなくても卒業が可能ですが、不登校の状態が続くと、その問題は中学校や高校にも引き継がれ、長期化する可能性があります。

早期の対処が行われない場合、学校生活から遠ざかる期間が長くなり、社会との接点を失ってしまうお子様もいます。これが原因で、将来的にひきこもりとなってしまうケースも残念ながら存在します。

はりー
はりー
無理強いはよくはないですが、不登校の問題に早期から対処することは、お子様の健全な発達と社会への適応を促進する上で重要です。

お子様の様子を見守るということも大事ではありますが、できるのであれば早期の介入によって、お子様が直面している困難を理解してあげると良いかと思います。

フリースクールでは出席扱いになる?

フリースクールの出席扱いは、状況によって異なるため注意が必要です。

フリースクールのカリキュラムがお子さんが通っている学校の授業内容に準じていると判断され、なおかつ校長がこれを認める場合に、出席として認定されます。フリースクールに行けば出席になるというわけではないのです。

さらにこの過程は、1〜2ヶ月程度かかることもあるため、フリースクールの利用を検討している場合には、可能な限り早期に学校の担任教師に相談することが重要です。

しかし、フリースクールは従来の学校生活とは異なる環境や仕組みを持っているため、長期間フリースクールに通うことで、再登校が困難になる場合もあるという点には注意が必要です。

フリースクールは、一時的な学習の場として、または社会との接点を保ちながら学びを続ける選択肢として利用できますが、最終的な目標として学校への復帰を見据えた上での利用を考慮することが望ましいです。

小学生向け通信教育って本当に効果はある?

通信制の教育教材を活用することで、ご家庭で日々学習に取り組む環境を整えることは、お子様の勉強の遅れを取り戻すために効果的です。

これにより、学習内容に対する理解を深め、知識を充実させることが可能になります。しかし、この取り組みが直接的に不登校の改善に繋がるわけではないことには注意が必要です。

不登校の根本的な改善には、学習面だけでなく、心理的・社会的な側面も考慮する必要があります。

はりー
はりー
特に、親子関係の見直しは重要です。

したがって、通信制の教育教材を利用する際にも、学習支援と同時に、お子様の心のサポートにも焦点を当て、健全な親子関係の構築に努めることが、不登校の改善に向けた総合的なアプローチとなります。

まとめ:不登校の小学生向けの通信教育を活用して効果的なアプローチを

不登校の小学生が通信制の教育教材を利用することは、勉強の遅れを取り戻し、時には出席として認められるといったメリットがあります。

理解できなかった内容を克服することで自信がつき、それが学校へのスムーズな再登校へのきっかけになる可能性もあります。

しかし、学習に関する不安は不登校に至る多数の原因のうちの一つに過ぎず、不登校の問題を解決するには、より根本的な原因へのアプローチが必要です。

不登校の背景にある主な原因として、お子さんの自己肯定感が低下している状況が挙げられます。このため、通信教材を通じて学力を維持するだけでなく、お子さんの自己肯定感を高めることにも焦点を当てる必要があります。

はりー
はりー
お子さんの自己肯定感を向上させることは、復学への道のりにおいて重要な役割を果たします。

保護者が通信教材を通じてお子さんを全面的にサポートすることで、学校生活への自信と意欲を取り戻し、再び学校という社会の中で活動していく基盤を築くことができるでしょう。

今回紹介した通信教材はどれも良いものです。その中からお子さんにぴったりのものを選んで、是非試してみてください。

目次に戻る

ABOUT ME
ちゃこ
ちいく村の運営者「ちゃこ」です。本業では特許を20件以上出願している研究者ママ♡子供のために20万円以上もつぎ込んで、全教材・通信教育を使ってきた知育オタクです。これまでも研究者目線で100人以上のママに通信教育を紹介してきました。子供の知育教材のことなら私におまかせください♪
我が家が選んだ教材はコレ
タブレット学習を幼児期からやるならスマイルゼミ

我が家で1番活躍してるのは
「スマイルゼミ」

20教材以上を検討して
毎日自主的に取り組み
お勉強するのが
好きになってくれたのは
スマイルゼミのおかげでした

スマイルゼミのおすすめポイント

ちいく村限定の
キャンペーンコードも配布中
お得に入会する方法はこちらです

2024年4月スマイルゼミキャンペーンコード情報まとめ

1,000円特典付きの限定
キャンペーンコードは
スマイルゼミの特設サイトから
資料請求でGET

ちいく村限定キャンペーンコード

10,000円の紹介特典や
初月受講費無料キャンペーンとも
併用可能です

最低でも約15,000円もお得

スマイルゼミに
1番お得に始める方法なので
ぜひチェックしてみてくださいね💕

資料請求で安く入会

スマイルゼミの特徴

タブレット1台で全科目学べる

教材が溜まらない&自動添削が楽

英語学習・プログラミングが学べる

\キャンペーンコードを貰おう/

特設サイトからの資料請求でギフト券GET

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です