通信教育

中学生のための通信教育:紙の教材を活用した学習

中学生のための通信教育:紙の教材を活用した学習
記事内にプロモーションを含む場合があります

中学生向けの通信教育の中から、紙の教材に特化して紹介します。

忙しい中学生にとって通信教育は根強い人気がありますが、テキストで学ぶ紙の教材かタブレット教材、どちらがいいのか悩みますよね。

そこで今回は、中学生のための通信教育で紙教材を選ぶメリットや、おすすめのサービス、紙教材の活用法について解説していきます。

おすすめの中学生向け通信教育:紙の教材

中学生向けの通信教育で特におすすめの紙の教材を紹介します。

通信教育を選ぶポイントは、料金やカリキュラムなど、個々のニーズによって異なりますが、教材選びに迷い中のあなたは、ぜひ参考にしてみてください。

中学生むけ紙教材1.中学ポピー

中学ポピーは、紙教材の中学生向け通信教育では最もコスパが良く、シンプルな教材です。

中学ポピー

ポピーは教科書準拠の教材で、学校で習う授業に沿ったカリキュラムが特徴。予習や復習には最適な教材です。

また、授業内容の反復学習ができるため、定期テスト対策としても内申点アップの効果が期待できます。

余計な付録や教材は一切無く、必要なものだけを厳選しているので、シンプルな教材を探している方にもおすすめですよ。

中学ポピーは、料金がリーズナブルという点も大きな特徴です。たとえば中学1年生なら、料金を年払いにすれば月額税込4,750円で9教科分が受講できます。

中学生向け通信教育の料金は「中学生向け通信教育で料金が安い教材は?」でまとめていますが、中学ポピーはかなり安い部類にはいります。

入会金も不要ですし、とにかく費用を抑えて学力UPしたい方にはおすすめな教材です。

2023年11月ポピー1カ月お試しキャンペーン

学校の成績アップならポピー

ポピーの特徴

教科書準拠の王道教材

中学生向け通信教育で最安

おうちで勉強する習慣が身に付く

\無料体験でお試ししよう/

リンク先:https://www.popy.jp/chugaku/

中学ポピーお得な入会情報

中学ポピーにお得に入会する方法を「ポピーキャンペーン特典まとめ」の記事にまとめているので、検討中の人は必読ですよ。

中学生むけ紙教材2.進研ゼミ中学講座

進研ゼミ中学講座は、中学生向け通信教育の中ではいわゆる王道で、バランスの良い優秀な紙の教材です。

進研ゼミ中学講座

進研ゼミ中学講座はタブレット学習も選べますが、書いて学ぶ紙の教材中心の「オリジナルスタイル」が選択できます。

進研ゼミ中学講座は料金も安く、例えば中学1年生の場合、12ヵ月一括払いで月額税込6,400円という、他の通信教育に比べてかなりリーズナブルな料金設定になっています。

ちゃこ
ちゃこ
この値段で副教科含む9科目と、添削指導、テスト・受験・模試対策、ライブ授業付きだからかなりのコストパフォーマンスだよ。

進研ゼミ中学講座1回15分のスモールステップで設計されたカリキュラムなので、部活や習い事に忙しい中学生でもコツコツと進められます。

定期テストや受験対策にも力を入れており、中学1年生の頃から高校入試を見据えたドリルが届くのも特徴です。

紙教材ではありますが、オンラインライブ授業などのサービスも受けられます。テキストだけで不安な方も、動画授業でも学んでいけるので、メリハリもついてやる気につながりやすいですよ。

なお、「やっぱりデジタル教材が良い」となれば、タブレットを使う「ハイブリッドスタイル」に切り替えられる点もメリットです。

進研ゼミ中学講座は、中学生向け通信教育の中では1番バランスがよい教材です。レベルも標準的で、コンテンツ量も申し分ありません。

努力賞によるプレゼントも実用的な物も多くて、子供のやる気アップ機能も充実しています。

中学生向け通信教育で迷ったら進研ゼミ中学講座を検討してみるとよいですよ。コンテンツ量を加味するととコスパNo.1と言ってもよい教材です。

今ならAmazonギフト券ももらえるキャンペーン中なので、ボリューム満点の教材がよい人はぜひチェックしてみてください。

人気No.1タブレットで学ぼう

チャレンジ中学生の特徴

中学生通信教育人気No.1

オンライン授業が受けれる

誰でも楽しく家庭学習ができる

\タブレット無料キャンペーン中/

リンク先:https://sho.benesse.co.jp/

中学生むけ紙教材3.Z会の通信教育 中学生テキストコース

Z会の通信教育・中学生テキストコースはハイレベルな紙教材を求めている方におすすめです。

Z会中学生コース

Z会は基本的には教科書準拠のカリキュラムですが、発展問題が多く、一歩進んだ学びが得られます。教科書の学習に手ごたえがない方は、Z会のレベルに挑戦してみましょう。

Z会には上位校を目指す「進学クラス」と、最難関校を目指す「特進クラス」の2クラスから選択でき、難関校受験を目指している方には最もおすすめな教材の1つと言えるでしょう。

添削サービスもあるため、数ある通信教育の中でも、一人ひとりに合わせたサポートが受けられる紙の教材です。むずかしい教材を探している人は、Z会から検討して間違いありません。

Z会中学生コースの料金は、進学クラスで5教科12ヵ月一括払いの場合、月額税込13,375円とお高めの料金設定ですが、受けられるサービスを考えたら妥当な金額ではないでしょうか。

なお、Z会の通信教育は1教科から受講できるので、強化したい講座だけをスポット的に受講するのもアリです。

他のコスパが良い教材と組み合わせて、自分好みに活用することもできますよ。

お勉強を伸ばすならZ会1択

Z会中学生コースの特徴

家にいながら塾以上の学習ができる

テスト・受験対策が豊富

難関校の合格実績多数

\無料体験でお試ししよう/

リンク先:https://www.zkai.co.jp/

紙の教材を利用した中学生向け通信教育の効果

中学生向けの通信教育にはタブレット学習など様々な形態がありますが、テキストタイプの紙の教材ならではの特徴について紹介します。

なぜ紙の教材が効果的なのか、活用法について詳しく見ていきましょう。

紙の教材の利点

紙の教材で学ぶ利点は、テストや模試に近い形式で勉強できる点です。

内申点に直結する定期テストでも、普段から紙に筆記形式で勉強していれば、実力どおりの力を発揮できる可能性が高いです。

ちゃこ
ちゃこ
タブレット学習だとナビやヒントで「わかったつもり」になってて、いざ本番でわからない、というのはよくあることだよ。

また、紙の教材は、テキストにマーカーをひいたり、メモを書き込んだりと、直感的で柔軟な学び方ができます。

手で書いたほうが脳への刺激にもなりますし、自分が気になるポイントを直接まとめられるので、記憶にも残りやすいです。

デジタル教材と違って、端末の充電や持ち運びを気にする必要もありません。タブレットにかかる初期費用を抑えられる点でも、コスパ的にも優れていると言えるでしょう。

紙の教材なら書き込みを活用した学習が可能

紙の教材を最大限に活用するための学習法は、やはり書き込みです。

直接書けるのは紙教材ならではのメリットですから、ただ問題を解くだけでなく、マーカーやメモを書き込んで自分だけのオリジナル教材にしていくのがおすすめです。

あとで見返した時に、つまずいたポイントや、苦手な箇所もぱっと目視で分かりやすくなります。たとえば、テスト前に教材を見返す時にも、オリジナルメモがあれば活躍しますよ。

自分自身の言葉で知識を整理することにより、理解度を深め、学びの定着度を上げる効果が期待できます。

ちゃこ
ちゃこ
書き込んで学ぶ習慣をつけていると、お勉強の仕方もうまくなるよ。

ここからは中学生向け通信教育のテキスト教材(紙教材)に絞っておすすめの通信教育を紹介していきます。

タブレット学習教材や中学生向け通信教育をまとめて比較したい人は、以下の記事もチェックしてみてくださいね。

紙の教材をつかう中学生通信教育を受講する時の注意点

通信教育を受講する際、特に紙の教材を用いる場合に注意すべき点はいくつかあります。以下のポイントを意識してみてください。

教材の管理

紙の教材は物理的なスペースを必要とするため、管理が不適切だと教材が散乱したり、重要なページが紛失したりする可能性があります。

教材を一箇所にまとめ、特定の教材を必要とするたびに簡単に見つけられるように整理することが重要です。

ちゃこ
ちゃこ
部屋や机が散らかると子供も集中できないし、親としてもイライラしてしまうよね。

また、学習中に気付いた点や理解が深まった部分、疑問点などを教材の余白や別のノートにメモすると、復習や理解の深化に役立ちます。

その時、とくに通信教育教材に直接書き込むときは、後で見直したときに自分の思考を追跡できるように、「ここで○○だと思って間違えた」のような具体的で明確な注釈を付けるとわかりやすいですよ。

自己管理

通信教育は自分自身で進行を管理する自己主導型の学習スタイルです。自分だけのペースで学習できる一方、計画性や自己管理が求められます。

タブレット学習だとAIがペースを管理してくれますが、紙教材だとそうはいきません。自分で管理する必要があります。

ちゃこ
ちゃこ
学習計画や進捗管理などの「管理面」を優先するならタブレット学習の方がおすすめだよ。

学習計画を立てるときは、自分の学習スピード、理解度、他の生活要素(仕事、家族の時間等)を考慮に入れて、達成可能な目標を設定しましょう。

具体的な目標を設定し、それを定期的に評価・調整することで、学習の進行度を把握しやすくなります。

コミュニケーション

通信教育の場合、教師や他の学生と直接的に会う機会が少ないため、積極的にコミュニケーションをとることが求められます。

教材に関する質問や疑問点がある場合は、電子メールや電話、場合によってはチャット等を利用してサポートに連絡しましょう。

また、同じ教材を使用している他の学生と情報交換するためのオンラインフォーラム(SNSなど)やグループチャットがあるなら、それを利用するのも良いのではないでしょうか。

デジタルとの組み合わせ

紙の教材だけでなく、デジタルのリソースも活用するのもいいかもしれません。

例えば、教材に関連するオンラインの記事や動画、ウェビナー等を見つけて参照すると、学習内容をより深く理解するのに役立ちます。

教材によってはライブ授業や動画授業を配信してくれているので、それを利用するのも手です。

また、教材の内容をさらに深掘りしたい場合や、具体的な例を探したい場合などにインターネットでリサーチすると、教材だけでは得られない視点や情報を得られます。

そもそもなぜ中学生に通信教育が必要なのか

紙教材にかぎらず通信教育は、自分のペースで学習できますから、忙しい中学生にとって学力アップのために必要かつ最適な選択と言えるでしょう。

中学生になると授業時間も長くなり、部活や習い事など、小学校の頃と比べて毎日忙しくなります。

志望校に向けて、学力のベースアップや受験対策も行いたい時期ですが、忙しい中で通塾する時間を工面することは容易ではありません。

しかし通信教育なら、スケジュールに合わせて自由に学習できますから、無理に時間を捻出せずに済みます。中学生にとって通信教育は、効率的な学習方法と言えるでしょう。

中学生における通信教育の役割

中学生にとって通信教育は、自分に合った学習ペースを習得するとともに、自己管理能力を養います。

通信教育は自由に取り組めるのが魅力ですが、その反面、予定を立てて取り組まなければ教材が溜まってしまいます。

そのため、自分に合った学習ペースの習得や、目標に向かい逆算して取り組む力が身につくでしょう。

さらに、通信教育では、学校の授業だけでは得られない知識を学ぶ機会があります。

ちゃこ
ちゃこ
たとえば、教科書準拠の教材ではなく、応用問題が多い教材を選べば、学校で習う知識以上の学びを得ることができるよ。自分にあわせて学び方を変えれるのが、通信教育のいいところだね。

中学生向け紙の通信教育をやってみよう

通信教育は、忙しい中学生でも自分のペースで学習を進められるというメリットがあります。

特に、紙の教材を選択すればテストや受験に近い状態で学べるため、本番でも実力を十分発揮できる可能性が高くなるでしょう。

中学生向け通信教育の中から紙教材のサービスを選ぶなら「中学ポピー」、「進研ゼミ中学講座」、「Z会の通信教育・中学生テキストコース」がおすすめです。

それぞれの通信教育にはカリキュラムや料金などの特徴がありますから、学習スタイルや目標に合わせて検討してみてください。

どうしても迷ってしまう方は「中学生の通信教育でおすすめは?おすすめしない教材も解説」の記事も見てみてください。選び方のコツやお勧めしない教材まで解説しています。

高校生向けの記事も書いているので、御兄弟がいる方は、以下の記事もチェックしてみてくださいね。

ABOUT ME
ちゃこ
ちいく村の運営者「ちゃこ」です。本業では特許を20件以上出願している研究者ママ♡子供のために20万円以上もつぎ込んで、全教材・通信教育を使ってきた知育オタクです。これまでも研究者目線で100人以上のママに通信教育を紹介してきました。子供の知育教材のことなら私におまかせください♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です