子供の教育

フライングボールおすすめ23選!比較して買ってよいものを紹介

フライングボールおすすめ15選!比較して買ってよいものを紹介
記事内にプロモーションを含む場合があります

フライングボールおすすめ23こ選んでまとめました。

フライングボールとはその名の通り、ふわふわと宙を浮かぶボールのことですが、人気になったことにより、様々な種類が出ています。

だからこそ、何のフライングボールを選べばいいかわからないという人も多いはず。

そこで本記事では数あるフライングボールを比較して、おすすめのものを紹介していきますので、ぜひ購入時の参考にしてみてください。

見たい所に飛べる目次
  1. フライングボールおすすめ23選
  2. 比較して特におすすめフライングボール3選
  3. 比較しておすすめできないフライングボール
  4. 後悔しないフライングボールの選び方
  5. フライングボールおすすめまとめ

フライングボールおすすめ23選

フライングボールおすすめ23選をまとめます。具体的な商品名は以下の通りです。

1.Gimama フライングボール
2.Flynova Pro 魔法の杖セット
3.ロイヤル THE FLYING LIGHT BALL(空飛ぶボール)
4.Tikduck フライングボール
5.フライングボール DEERC こども向けUFO
6.バンダイ AeroNova
7.FLYNOVA ミニUFOドローン
8.chaselpod LEDヘリボール
9.Flynova Pro スピナーボール
10.TESIMAI Flying Spinner MAGIC WAND付き
11.フライングボール DEERC リモコン付き
12.氷面鏡 フライングボール
13.BOMPOW フライングボール
14.GeeUFO フライングスピナー
15.Selvim LEDフライングボール
16.GeeUFO X1
17.XINHOME フライングボール
18.TOTACLEA フライングボールUFO
19.TOMZON フライングボールA32
20.ミニドローン おもちゃ 空中浮遊
21.YUSOUWEY フライトボール
22.AOMEVOLEOフライングライトボール
23.スピンフライングボール リモコン付き

このリストを見れば、フライングボールの市場は多岐にわたり、さまざまな種類と機能を持つ製品が存在していることがわかりますね。

では早速それぞれのフライングボールについて詳しく紹介していきましょう。

1.Gimama フライングボール

おすすめのフライングボール1つめは、Gimamaのフライングボールです。GimamaフライングボールはAmazonのベストセラー商品で、多くのユーザーから高い評価を得ています。

手のひらの上で浮かしたり、ブーメランのように投げて戻ってきたりと、フライングボールならではの不思議な動きを楽しむことができますよ。

上記のようにアマゾンの評価もかなり高いです。

充電時間は約25分で、最大10分の稼働時間。まずはベーシックなフライングボールが欲しい、という方におすすめです。

2.Flynova Pro 魔法の杖セット

おすすめのフライングボール2つめは、Flynova Pro 魔法の杖セットです。

先端に星のモチーフがついたマジックスティックを使って、まるで魔法のようにフライングボールを操ることができます。

魔法使いごっこで遊べるため、特に女の子に人気のあるフライングボールです。充電時間は約25分で、最大10分の稼働時間です。

ただし、本体の充電だけでなく、マジックスティックにも乾電池が必要ですのでご注意ください。

3.ロイヤル THE FLYING LIGHT BALL(空飛ぶボール)

おすすめのフライングボール3つめは、THE FLYING LIGHT BALLです。ビッグとスモールの2種類のサイズから、子供の手の大きさに合わせて好きな方を選べます。

このフライングボールの最大の特徴は、稼働時間の長さです。約25分の充電で15分間も動くので、類似品と比べて長時間楽しむことができます。

長く遊びたい人や、すぐに充電するのが面倒と感じる人におすすめです。

created by Rinker
Z-CRAFT
¥3,900
(2024/02/27 22:44:57時点 Amazon調べ-詳細)

4.Tikduck フライングボール

おすすめのフライングボール4つめは、Tikduckのフライングボールです。本体カラーは6色から好みの色が選べます。

カラフルなLEDライトが暗闇でも明るく光り、キャンプなど、屋外で使うときにも大活躍しますよ。

室内で遊ぶ時も、壁や家具にぶつかると衝撃で停止する仕組みなので、子供が使っても安心です。

なお、USBポートからの充電が可能で、充電時間は約25分、最大10分の稼働時間となっています。

5.フライングボール DEERC こども向けUFO

おすすめのフライングボール5つめは、フライングボール DEERC こども向けUFOです。小さなUFOの形が、子供ウケ抜群のフライングボールです。

このフライングボールは、ドローンやラジコンを取り扱うDEERC社が製造しているせいか、豊富な機能が特徴的です。

障害物の自動回避機能や自動離陸機能など、あると嬉しい機能が搭載されていますが、機能面を重視しているからか、充電時間は少し長めの40分で、稼働時間は最大8分です。

6.バンダイ AeroNova

おすすめのフライングボール6つめは、バンダイのAeroNovaです。ボールの5箇所に人感センサーがついており、本体の周りに手をかざすだけでボールがコントロールできます。

日本のおもちゃメーカー「バンダイ」の商品ですから、日本製のフライングボールを探している人にもおすすめです。

ただし屋内専用の商品なので、子供が屋外に持ち出さないように注意してください。充電時間は50~65分で、約5分の稼働時間です。

created by Rinker
バンダイ(BANDAI)
¥5,900
(2024/02/27 22:44:59時点 Amazon調べ-詳細)

7.FLYNOVA ミニUFOドローン

おすすめのフライングボール7つめは、FLYNOVA ミニUFOドローンです。

小型のUFO型フライングボールは、LEDライトが細かく旋回して、暗闇で美しく光るのが特徴です。

小型ゆえに持ち運びには便利なサイズですが、放った後に掴むのも少し難しく、慣れるまで大人が近くについてあげる必要があるでしょう。

充電時間は20分で、最大8分ほど稼働し、ダークブルー、ダークレッド、ブラックのカラーリングが見た目もシャープなUFO型フライングボールです。

8.chaselpod LEDヘリボール

おすすめのフライングボール8つめは、chaselpod LEDヘリボールです。ボールの上に、ヘリコプターのようにプロペラが付いているタイプのフライングボールです。

見た目にかなりインパクトがあるので、子供の食いつきが良いです。

ただしプロペラがそのまま表に出ているため、安全に遊ぶためには、ある程度大きな年齢のお子様におすすめです。

ボールの中にモーターとバッテリーが搭載されており、USBケーブルで直接ボール部分に充電して遊びます。

9.Flynova Pro スピナーボール

おすすめのフライングボール9つめは、Flynova Pro スピナーボールです。

先述のFlynova Proにマジックスティックが付属していないバージョンで、魔法の杖が必要ない人、シンプルにボールだけで遊びたい人におすすめです。

本体カラーはブルー、レッド、ピンクの3色から選べます。本体がポリプロピレン樹脂素材で出来ているため、衝撃に強く、家や壁を傷つけるリスクが少ないのも魅力です。

先にこちら単体を購入して、後から必要に応じてステッキを買い足すのも良いでしょう。

10.TESIMAI Flying Spinner MAGIC WAND付き

おすすめのフライングボール10つめは、TESIMAI Flying Spinnerです。MAGIC WANDというステッキを使うと、魔法の杖のようにフライングボールを操作することができます。

画像出典:http://tesimai.com/en/product/detail/item_id-13

ステッキ付きのフライングボールはFlynova Proのものが有名ですが、こちらのほうが杖のデザインが可愛く、女の子向けなのが特徴です。

もちろん、ステッキがなくてもボール単体で動作します。

11.フライングボール DEERC リモコン付き

おすすめのフライングボール11つめは、フライングボール DEERC リモコン付きです。

フライングボール DEERC

リモコン付きのフライングボールは、先述の「こども向けUFO」よりも本格制御が楽しめるので、年齢が大きい子にもおすすめです。

リモコンなしでも、ジェスチャーだけで制御が可能ですから、子供の年齢や習熟度に合わせて好きなモードで遊べばOKです。

ちなみに充電時間は長めの90~100分間、稼働時間は約6分です。

12.氷面鏡 フライングボール

おすすめのフライングボール12つめは、氷面鏡 フライングボールです。

氷面鏡 フライングボール

氷面鏡 フライングボールには安全装置がついており、プロペラ部分が心配で子供に持たせるのを躊躇している親さんにもおすすめです。

軽くて扱いやすく、スナップをきかせて手を離すと、電源が入ってボールが浮遊しはじめる仕組みです。

飛んでいる途中に何かに接触したり、プロペラ部分に触れたりすると、自動的にモーターの回転が停止します。

13.BOMPOW フライングボール

おすすめのフライングボール13つめは、BOMPOW フライングボールです。UFOのような楕円形のコンパクトなフォルムは、子供の手にも握りやすいのが特徴です。

40分の充電時間が完了すると、USB充電器のライトが消灯するため、過充電の心配がありません。

お値段も2,000円前後とお手軽なので、気軽に購入できるのも魅力のフライングボールです。

14.GeeUFO フライングスピナー

おすすめのフライングボール14つめは、GeeUFO フライングスピナーです。

GeeUFO フライングスピナー

画像出典:https://www.amazon.co.jp/グローチャー-Gloture-6297GeeUFO-GeeUFOフライングスピナーブルー/dp/B0BJV1V8GB

小型で手に馴染みやすいサイズのUFO型フライングボールは、4種類のプレイモードが搭載されています。

ブーメランのように手元に戻したり、低空飛行や、前方に飛ばしてキャッチ遊びしたり、その場で浮遊させて遊べます。

20gという軽量設計なので、コンパクトで扱いやすさに特化したフライングボールです。

15.Selvim LEDフライングボール

おすすめのフライングボール15つめは、Selvim LEDフライングボールです。30度くらい上方に投げると、ブーメランのように飛んで手元へ戻ってきます。

Selvim LEDフライングボール

電源の位置はボールの下部にあり、ON・OFFボタンで操作します。

振って電源を入れるタイプとは異なり、ボタン式なので、動かすときにコツが必要ありません。USB充電が可能で、約25分の充電時間のあとは最大10分稼働します。

16.GeeUFO X1

おすすめのフライングボール16つめは、GeeUFO X1です。フライングスピナーGeeUFOの新型で、従来商品のUFO型とは異なり、流行りの球型デザインとなって発売されました。

GeeUFOの最大の特徴は、20~30分という稼働時間を持続する大容量バッテリーです。充電時間は従来どおり約25分ですが、バッテリー持ちがかなり長くなっています。

ただし、GeeUFOの20gと比較すると、27gと少し重量が気になるので、電池持ちか扱いやすさのどちらかで選ぶのが良いでしょう。

created by Rinker
グローチャー(Gloture)
¥3,751
(2024/02/27 16:37:11時点 Amazon調べ-詳細)

17.XINHOME フライングボール

おすすめのフライングボール17つめは、XINHOME フライング ボールです。

XINHOME フライングボール

レッド、ブルー、ピンク、グリーン、オレンジの5色のカラーリングから選べるため、男女問わず好みのカラーが選べるはず。三色のRGBライトがネオンのように光るので、暗がりで使うと特にキレイです。

なお、充電時間25分で最大10分の稼働時間で、平均的な使い心地のバランス良い商品です。

18.TOTACLEA フライングボールUFO

おすすめのフライングボール18つめは、TOTACLEA フライングボールUFOです。

ボールというよりドローンのような形をしており、カラー展開もかわいい特徴的な商品です。UFO側面にぐるっと取り付けられたLEDが、ピカピカとカラフルに光ります。

人とかぶらないフライングボールが欲しい人にもおすすめです。

19.TOMZON フライングボールA32

おすすめのフライングボール19つめは、TOMZON フライングボールA32です。

TOMZONのフライングボールには、デコレーションシールのおまけがついています。シールを貼って自分好みに飾れば、子供にとっても愛着がわき、大切に扱ってくれるでしょう。

ちなみにUSB充電ケーブルが付属しており、25分の充電時間で、最大10分稼働します。

20.ミニドローン おもちゃ 空中浮遊

おすすめのフライングボール20つめは、ミニドローン おもちゃ 空中浮遊です。レッド、ブルー、ゴールドの3色展開で、UFO型のフライングボールです。

ミニドローン おもちゃ 空中浮遊

充電時間が60分と長めなのがネックですが、最大10分稼働します。

ちなみに手のひらの上に乗せて、ふわっと上に離すと起動して飛び、電源を切るときはスイッチボタンの長押しで停止する仕組みになっています。

21.YUSOUWEY フライトボール

おすすめのフライングボール21つめは、YUSOUWEY フライトボールです。

YUSOUWEY フライトボール

UP表記のある側を上にして、ゆっくりボールを手から離すと浮かぶ仕組みのフライングボールです。

USB充電式のため、専用ケーブルがなくても市販のUSBケーブルで充電できるのが便利ですし、衝撃を感知して電源が自動で切れるため、安全面も考慮されています。

22.AOMEVOLEO フライングライトボール

おすすめのフライングボール22つめは、AOMEVOLEOフライングライトボールです。

フライングライトボール

画像出典:https://www.amazon.co.jp/AOMEVOLEOフライングライトボール-飛行ボール-ドローンおもちゃ-360°回転-子供のプレゼント/dp/B0BHDX1XVK

プロペラとジャイロスコープが内蔵されているため、自力でバランスをとって浮遊するのが特徴です。ボール上部にある電源ボタンを押して、左右に軽く振ると飛行が始まります。

ABS材料が柔らかく、複数人でキャッチしながら遊ぶのもおすすめのフライングボールです。

23.スピンフライングボール リモコン付き

おすすめのフライングボール23つめは、スピンフライングボール リモコン付きです。

スピンフライングボール リモコン付き

画像出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/top1-price/20230515-bou.html

電源操作は付属の簡易リモコンで行い、ONにしてボールを軽く振るとプロペラの回転が始まります。

充電用のUSBケーブルが同梱されていないのがデメリットですが、そのぶん価格がお求めやすくなっています。自宅にUSBケーブルが余っている方におすすめです。

created by Rinker
¥907
(2024/02/28 11:44:57時点 楽天市場調べ-詳細)

比較して特におすすめフライングボール3選

ここまで紹介してきたフライングボールの中から比較して、特におすすめできるフライングボール3つをピックアップし、その理由を詳しく紹介します。

特におすすめ1.Gimama フライングボール

このフライングボールはAmazonのベストセラー商品であり、多くの人々から高い評価を得ているため信頼性が高いです。

実際「フライングボールといえば」と聞かれたら この商品を指す人ばかりになる、と言っていいほど代表的なフライングボールの一つです。

このようにフライングボールの口コミは、ほとんどGimama フライングボールが占めているといっても過言ではありません。

低評価が多くを占めるフライングボールがよくみられるなか、このフライングボールは高評価が多数派となっています。

他社の類似製品を土産物屋で購入して息子へのお土産にしましたが、ファンがすぐ壊れ、こちらを購入しました。
こちらは高い場所から落ちても丈夫でファンの部分も高級感があります。
私は上手くコントロールできませんが、息子は上手に遊んでいます。
手のひらで少し浮かせてた状態をしばらく保ってから投げると上手くいくようです。
バッテリーの充電時間はしばらく遊んでちょっと飽きる頃までもつので、そんなに不便を感じません。子供が喜んでくれてよかったです。

引用元:https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B09DSZCW7Y/

充電時間25分で最大10分の稼働時間があり、フライングボールのなかでも高スペック。基本的な操作や遊び方を楽しむことができるので初心者にもおすすめです。

特におすすめ2.Flynova Pro 魔法の杖セット

魔法使いごっこができる独特のデザインで、特に女の子に人気のある商品です。

魔法の杖がついており、女の子向けフライングボールとしては唯一無二の存在と言っても良いでしょう。

お祭りの屋台で売っているような
7色?に光る星型ステッキです。
従兄弟からフライングボールを息子の誕生日に
貰ったので、こちらを別途購入しました。
ボールだけでは、まだ幼い息子にはボールの中に
指が入ってしまい羽に指が巻き込まれては危ないと
感じた為です。ボールもステッキも上手く操るには
コツがいるようで、大人でも難しいです。
息子は本来の使い方ではなく、魔法使いごっこに
使用して遊んでいます(笑)

引用元:https://www.amazon.co.jp/FLYNOVA-PRO-マジックコントローラー、魔法の杖おもちゃ点滅LED赤外線センサー搭載、照準磁石おもちゃ、もっと多くの新しいトリック-追加の付属品-簡単なコントロール楽しい贈り物子供大人向け/dp/B08KGFD6B1

口コミを見る限り、女の子へのウケだけでなく、男の子に対してもかなり反応がよいようですね。

先端に星のモチーフがついたマジックスティックを使い、まるで魔法のようにフライングボールを操れるため、子供たちの想像力を刺激するおもちゃとなっています。

特におすすめ3.ロイヤル THE FLYING LIGHT BALL

この商品の最大の特徴は稼働時間の長さです。約25分の充電で15分間も動くので、他の類似商品と比べても長時間楽しむことができます。

フライングボールで遊んでみたらわかるのですが 、稼働時間の長さはとても大事です。

せっかく楽しかったのにもう動かない、となってしまうと 興ざめになってしまいますが、この商品であればかなりの時間楽しむことができます。

ただし、以下の口コミにもありますが、個体によっては10分程度しかもたないようなので要注意です。

類似商品はAmazonなどに多数あるが,ヨドバシが扱っているものなら安心だろうということでこれを購入。
コツを掴めばすぐコントロールできるようになり,大人も子どもも一緒に楽しめる。
最初は回転をかけず,ボールの頂点を自分側に少し傾けて押すようなイメージで投げるとうまく戻ってくる。
慣れてきたら横方向に傾けたり回転をかけたりするとまた楽しい。
音はそれなりに大きめなので,気になる人は気になるかも。
本体は多少柔軟性のある素材でできていて,当たっても痛くはない。
説明書では1回の充電で15分程度遊べると書いてあるが,実際は10分程度(個体差があるかもしれない)。
本体側の端子はUSB micro-Bで,USB A to USB micro-Bケーブルが付属。
アダプタは付属しないので用意する必要あり(大体家にころがってるだろうけど)
楽しいので大きい方も買うつもり。

引用元:https://www.yodobashi.com/community/product/100000001007107972/review.html

この口コミの方はフライングボールを買って満足はしているようですが、個体差には注意ですね。

ちなみに2種類のサイズから選べるため、子供の手の大きさに合わせた選択が可能なのもポイントです。長く遊びたい人や充電の手間を感じる人に特におすすめです。

created by Rinker
Z-CRAFT
¥3,900
(2024/02/27 22:44:57時点 Amazon調べ-詳細)

比較しておすすめできないフライングボール

上記で挙げられたフライングボールの中から、あえて1番おすすめできないと考えるものを選ぶとすれば、バンダイ AeroNovaになると思います。理由は以下の通りです。

稼働時間が短いうえに屋内専用

他の多くの製品と比べて稼働時間が約5分と短いため、一度の充電で楽しめる時間が限られます。充電時間も50~65分と長いので、待ち時間が長く感じる可能性があります。

バッテリーは350mAだが電流計を通したら3回とも340mAを超えた。5分フライト????おかしい。バッテリーの持ちが2分位しか持たず説明書の通りやっても何回も天井とキスをしてしまう。
テレビのコマーシャルの様に安定しない毎回脚立を持ち出す始末だ。なんじゃこりゃ!
UFOドローンの時はキスしても10~15秒位で自然に下がってきたがこれはバッテリーが切れるまで下がらない。まともな製品でも充電回数が60回と書いてあるので1ヶ月位でゴミになる計算だ。バッテリーが交換出来ないのでこれはひどい。
返品しようにも仕方がわからないゴミ箱行きだ。

引用元:https://www.amazon.co.jp/バンダイ-BANDAI-モートコントロール-AeroNova-エアロノヴァ/dp/B07GW3WJ32

上記のように2分も持たなかった人もいるようですね・・。

また、屋外での使用ができないため、遊ぶ場所が限定される可能性も。特に子供が使う場合、屋外での使用も想定されることが多いので、この制限は大きなデメリットになるかもしれません。

使用環境に関しては、注意書きに『風&太陽光厳禁』と記されており、屋外使用は100%不可能です。
さらに屋内においても、窓を閉めるのは当然ですが、カーテンも閉めておかないと、太陽光の影響でセンサーがまともに反応しません。
実際の使用感としては、無風&蛍光灯下であれば、8畳間でも十分に遊戯が可能な感じでした。
寧ろ操作になれるまでは、あまり広過ぎる空間に放つと、壁の端から端まで飛んでいってしまう事も多く、狭い部屋の方が練習には向いています。
基本操作は、太極拳でもするかの様に、センサーに反応しない距離を保ちつつ、広く両手で囲う様に構え、操作する時は進ませたい方向と逆の手をかざすと、それに圧されて進んでいく感じです。
ただ、センサーの初期設定が甘いのか、起動直後は『トリム』と言う所定の初期調整動作を行わないと、空中静止すらしてくれず、最初の2~3遊戯は調整&練習だけで終わってしまいそうです。

引用元:https://www.amazon.co.jp/バンダイ-BANDAI-モートコントロール-AeroNova-エアロノヴァ/dp/B07GW3WJ32

他の機能やデザインが特に際立ってハマらない場合は、上記の稼働時間の短さなどが価格に見合わず、満足いく選択にならないかもしれないので注意してください

フライングボールのなかではかなり高い

おすすめできない最大の理由は、フライングボールのなかではかなり高いことです。他のフライングボールは安くて1,000円未満であり、ほとんどは3,000円未満です。

それにくらべて、このフライングボールは定価で約6,000円。相場よりもかなり高いです。機能が完璧ならよいのですが、いくつか問題があるため、高い金額を許容できません。

発売元がバンダイだから安心して購入したが、説明書はロクに付属しておらず操作方法もよくわからない。後日、ハムリーズで実演販売やっていて使い方教えてもらったり実演ビデオ見せて頂いたりで、やっと。バンダイはどうなってるのかと思いました。今後はバンダイだからとかではなくしっかりとした商品販売も大切だと思います。この商品は値段に見合ったおもちゃではないですね。1000円ぐらいなら説明書不十分でも、ネットで調べるもしょうがないですがこの値段は無しでしょ。

引用元:https://www.amazon.co.jp/バンダイ-BANDAI-モートコントロール-AeroNova-エアロノヴァ/dp/B07GW3WJ32

おもちゃメーカー国内最大手のバンダイが発売している、というアドバンテージはありますが、値段になっとくいかない人は多いようですね。

センサー操作が敷居を上げる

このフライングボールはセンサー操作があるため、ある程度の年齢や操作スキルが求められるかもしれません。

つまり、幅広い年齢層へのプレゼントとしては適さないかもしれないわけです。

直径15cmくらい球体。
本体のスイッチをオンにして空中に放り投げると勝手に浮かびます。
落ちても壊れない造りでいいですね。
でも結構うるさいです。
説明書に書いているようにトリックモードにしても反応もせず、勝手に上に飛んでいって天井に張り付いてしまいます。
いくらモードにチャレンジしても説明書通りに動きません。
ものは面白いと思いますが、中々思い通りに動かないので残念です。
ちゃんと動かせる人はいるのかな?

引用元:https://www.amazon.co.jp/バンダイ-BANDAI-モートコントロール-AeroNova-エアロノヴァ/dp/B07GW3WJ32

実際に口コミでも「操作が難しい」という声は多いようですね。

これらの理由から、全体的なバランスとして他の選択肢がある場合、この商品は最もおすすめできないフライングボールかもしれません。

もちろん、個人のニーズや価値観によっては良い選択肢になることもありますので、購入を検討する際は自身の要求に応じて慎重に選ぶとよいでしょう。

後悔しないフライングボールの選び方

以下のポイントをしっかりと把握し、自分のニーズや予算に合わせて商品を選ぶことで、後悔することなく、長く楽しむことができるフライングボールが見つかるでしょう。

目的と対象年齢の確認

子供向けとしてフライングボールを買うなら、安全性やシンプルな操作性を重視してください。特に小さなお子様向けならば、怪我を防ぐ工夫がされた商品を選ぶとよいです。

小学生の子供用に探していたところ、どの商品も駆動時間が10分が多い中、唯一30分もつと記載がありましたので、こちらを購入。まだ30分本当に持つかは試していませんが、普通に使えています。最初に電源をONするためのスイッチが小さく、爪で上手く押さないといけません。
柔らかいため、キャッチするときに強めにギュッと握ると、中の回転している羽に手が当たり、大人は怪我するほどではありませんでしたが、少し痛かったです。子供用なので、なるべく隙間が大きすぎないものを探していましたが、他社製に比べると比較的小さめ目かと思いますが、それでも意図的に子供が手を入れようと思えば入れられるため注意が必要かもしれません。

引用元:https://www.amazon.co.jp/hz/reviews-render/lighthouse/B08KGG1NZ6

上記のようにフライングボールの中には、子供が怪我しそうな作りのモノもあるので、口コミや説明欄を熟読するのは必須です。

また大人向けとしてフライングボールを買うなら、より複雑な機能や独特なデザインなどが楽しめるものを選ぶのをおすすめします。ホビーとしての使用を考慮して選ぶと良いです。

機能と操作性

初心者向けとしてフライングボールを買うなら、操作のしやすさを重視すべきです。

例えばボタンでの起動や、リモコン操作が可能なものなどを選ぶとストレスなく遊ぶことができます。

上記のようにリモコンなしのフライングボールに苦戦する人は少なくありません。最初からうまく扱いたいならリモコンつきがいいかもしれませんね。

なお、上級者向けとしてフライングボールを買うなら、自動飛行モードやプログラミングなど、多岐にわたる機能があるものが楽しめます。

稼働時間と充電時間

フライングボールは5分稼働の商品がありますが、これだと十分に楽しめません。

低評価をつけられているフライングボールは、必ずといっていいほど稼働時間の短さを指摘されています。

小学3年生のクリスマスプレゼントに購入。不具合なく飛んでいます。ジャイロセンサーも問題なし。 ただ、飛行時間が5分と短いのが玉に瑕。子供部屋を暗くして飛ばしたり、下の子と追いかけっこして楽しんでいます。激しく突き落として小さいプロペラ?が外れてしまい飛行不能に。はめてもすぐ取れてしまう状況になりましたが、ダメも元でアロンアルファで修理、大成功。バランスよく飛んでいます。子供用ドローンも侮れません。

引用元:https://www.amazon.co.jp/hz/reviews-render/lighthouse/B07X8G7RBP

フライングボールを長時間遊びたいなら15分以上のものが望ましいです。

また充電時間も大事です。予想以上に長くて不満を覚える人は少なくありません。

見た感じは写真と変わらず、40分以上充電して息子と二人で可動できる瞬間を楽しみに待ってました。最初のスタートの仕方が分からず10分程あーでもないこーでもないと四苦八苦。上に20センチほどポンと投げ上げたらようやくセンサーが反応して浮かびました。2人で大喜びして遊びました。が、説明書にもあったように7分程で電池が切れ、また40分以上の充電ww楽しいけれどwちょっと可動時間が短いw

引用元:https://www.amazon.co.jp/hz/reviews-render/lighthouse/B07X8G7RBP

急いで遊びたい場合は、充電時間が20分以内のものをおすすめします。

安全性とデザイン

フライングボールを買うなら安全基準を満たした商品を選ぶようにしてください。具体的には衝撃に強い素材、自動停止機能などが子供にも安心して使えるポイントとなります。

軽量で携帯性に優れている:このジャイロ飛行ボールは厳しいテストを経て、柔らかいながらも耐久性のある高品質な素材を使用している。耐落下性、軽量性、柔軟性に優れている。このおもちゃは、お子様が簡単に破損する心配がありません。また、家具などにぶつかると自動的に停止する。

引用元:https://www.amazon.co.jp/Tikduckフライングボール-ジャイロ飛行ライトボール-ブーメランスピナー-RGBライト付き360°回転USB充電式-大人向けミニドローン/dp/B0BHQZTB97

またユニークなデザインやテーマ性は、特に子供にとって魅力となります。好みのキャラクターやテーマに合わせて選ぶと喜ばれることでしょう。

価格と品質

予算内で高品質なものを選びたいなら、評価の高いメーカーの製品や、保証期間のある商品は選ぶようにしてみてください。これなら安心して使用できます。

なお、品質を判断する上で大事なポイントとなるのが、屋内外での対応です。

屋外用を選ぶなら耐風性や耐久性を重視し、屋内用を選ぶなら家具などに当たらないような設計や機能があると安心です。

付属品とアクセサリー

コントローラーや特別なアクセサリーが付属していると、遊びが広がります。特定のテーマ性(例: 魔法の杖)をより楽しむことができるようになることでしょう。

どちらにしても、購入前に他のユーザーのレビューや評価を確認するのが大事です。

孫のXmasプレゼントとして購入。すぐ遊べるように充電をしてあげようと思い箱を開けたら、日本語の取扱説明書が有りませんでした。外国語の取説の絵を見ながら、なんとか充電しましたが、日本で販売するのに日本語の取説が無いのは不親切だと思います。充電したあとにちょっと動かしたらスイッチが入り、ものすごい爆風と爆音で慌てて止めようとしましたが、ON-OFFのスイッチが小さすぎて押すのが大変でした。上の孫のために買いましたが、下の孫はまだ5歳なので(絶対一緒に遊びたいと思うので)今年はプレゼント渡すの諦めました。もう少し大きくなるまで見つからないように取っておきたいと思っています。今年のは別のものを用意しました。

引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2VPTDU43JKOBC

このようにレビューをみれば、商品説明にない情報が多々手に入ります。

購入者のリアルな声から、商品の実際の性能や品質、使い勝手などを知ることができ、自分に合う商品を見つける参考になることでしょう。

フライングボールおすすめまとめ

最後にフライングボールのおすすめをあらためて、まとめてみます。

1.Gimama フライングボール
2.Flynova Pro 魔法の杖セット
3.ロイヤル THE FLYING LIGHT BALL(空飛ぶボール)
4.Tikduck フライングボール
5.フライングボール DEERC こども向けUFO
6.バンダイ AeroNova
7.FLYNOVA ミニUFOドローン
8.chaselpod LEDヘリボール
9.Flynova Pro スピナーボール
10.TESIMAI Flying Spinner MAGIC WAND付き
11.フライングボール DEERC リモコン付き
12.氷面鏡 フライングボール
13.BOMPOW フライングボール
14.GeeUFO フライングスピナー
15.Selvim LEDフライングボール
16.GeeUFO X1
17.XINHOME フライングボール
18.TOTACLEA フライングボールUFO
19.TOMZON フライングボールA32
20.ミニドローン おもちゃ 空中浮遊
21.YUSOUWEY フライトボール
22.AOMEVOLEOフライングライトボール
23.スピンフライングボール リモコン付き

同じフライングボールでも各製品が異なる特徴や機能を持っています。例えば、魔法の杖セットやスピナーボールなど、特定のテーマ性を持つ製品もあります

また、いくつかの製品は明確に子供向けにデザインされている一方で、他の製品は一般の消費者や大人の方が適しているモノも。

これだけの選択肢があると、消費者にとって最適な製品を見つけるのは難しくなるかもしれませんが、自分がどのようなフライングボールが欲しいかを明確にしておくと買うべき商品が見えてくるはずです。

特定の機能や価格帯に焦点を当てるなど、自分の要件を明確にすることがフライングボール選びにおいて重要になるでしょう。本記事を参考にして後悔のない買い物をしてください。

ちいく村では最新のおもちゃや知育情報をたくさん発信しています。気になる記事があればぜひチェックしてみてくださいね。

ABOUT ME
ちゃこ
ちいく村の運営者「ちゃこ」です。本業では特許を20件以上出願している研究者ママ♡子供のために20万円以上もつぎ込んで、全教材・通信教育を使ってきた知育オタクです。これまでも研究者目線で100人以上のママに通信教育を紹介してきました。子供の知育教材のことなら私におまかせください♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です