進研ゼミ小学講座

チャレンジタッチ6年生の口コミ!受講した人だけが知るガチな感想

チャレンジタッチ6年生の口コミ!受講した人だけが知るガチな感想
記事内にプロモーションを含む場合があります

進研ゼミ小学生講座のタブレット学習、チャレンジタッチ6年生コースの口コミと感想を紹介します。

最近、特に人気を集めているタブレット型教材、チャレンジタッチの6年生コースだけに絞って、実際に利用している子どもたちや親御さんの生の声をお伝えします。

小学校高学年になると学習内容が難しくなり、教科書だけでは十分な学習が難しいという問題もあるはず。そんな背景から、チャレンジタッチ小学6年生が気になってる人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事ではチャレンジタッチ6年生を使用した際のリアルなメリットとデメリット、講座の概要、そして提供されるコンテンツについて詳しく解説します。

この情報をもとに、チャレンジタッチ小学6年生の実際の口コミや学習効果について、理解を深めてください。

悪い口コミ評判も調査!進研ゼミ小学5年生は効果なし?チャレンジタッチなら勉強嫌いでも大丈夫なのか
悪い口コミ評判も調査!進研ゼミ小学5年生は効果なし?チャレンジタッチなら勉強嫌いでも大丈夫なのか進研ゼミ小学講座5年生について、紙教材であるチャレンジ5年生と、タブレット学習であるチャレンジタッチ小学5年生それぞれ解説していきます。...
見たい所に飛べる目次
  1. 【口コミ】チャレンジタッチ6年生が選ばれる理由
  2. チャレンジタッチ小学6年生の口コミ・評判・使ってみた感想
  3. チャレンジタッチ小学6年生の口コミ【デメリット】
  4. チャレンジタッチ小学6年生の口コミ【メリット】
  5. チャレンジタッチ小学6年生の概要
  6. チャレンジタッチ小学6年生のコンテンツ内容
  7. 【口コミ】チャレンジタッチ6年生がおすすめな人
  8. 【口コミ】チャレンジタッチ6年生がおすすめできない人
  9. まとめ:チャレンジタッチ6年生の口コミは良好!まずは資料請求を

【口コミ】チャレンジタッチ6年生が選ばれる理由

チャレンジタッチ小学6年生は、小学6年生を対象にしたタブレット学習サービスです。料金は月額6,370円~となっており、小学6年生に特化したカリキュラムが用意されています。

チャレンジタッチ小学6年生の学習方法は、タブレットを使用した方式で小学校6年間の総復習を行えます。

ちゃこ
ちゃこ
学習の基礎固めと理解の深化を図ることができるよ。

また、赤ペン先生による添削指導があり、個別の学習サポートを受けることができます。さらに、全国実力診断テストを通じて、他の生徒との比較を行い、自身の立ち位置を把握することも可能です。

さらにオンラインライブ授業では、インタラクティブな学びを提供し、生徒の興味を引きつけます。また、プログラミング学習も含まれており、21世紀に求められる必須スキルを身につけることも可能です。

ちゃこ
ちゃこ
チャレンジタッチはZ会よりも基礎からしっかり学べて、料金も安価ですよ。

チャレンジタッチ小学6年生が長く支持されている理由は、上記のような子供ウケする充実した内容と、柔軟で効果的な学習方法、コスパの良さにあります。子供たちの学習ニーズに応え、確かな基礎を築くための最適な選択肢と言えるでしょう。

はりー
はりー
そんなチャレンジタッチ小学6年生について、どんな特徴があるのかもう少し深掘りしていくね。

教科書準拠のプログラムにプラスアルファの内容

進研ゼミチャレンジタッチ小学6年生は、教科書に準拠した学習プログラムで、生徒の成績向上を実現します。また、上位コースと標準コースが科目ごとに選択できるため、基礎学習から応用学習まで幅広くカバーしています。

チャレンジタッチの教科毎に難易度が変更できる

そのため、学校の授業内容の予習や復習はもちろん、実は受験対策にも対応しています。

ちゃこ
ちゃこ
レベルを子供に合わせることに加えて、子どもたちが自発的に学びたくなるよう設計されているから成績が伸びていくよ。

さらに、チャレンジタッチは苦手な単元を克服する方法や、より効率的な学習方法に関するアドバイスも提供されています。

これらはすべて、進研ゼミが長年にわたる研究を基に開発した最適な学習法に基づいています。このアプローチにより、生徒は成績の向上を実現し、志望校への合格を目指すことができることでしょう。

進研ゼミチャレンジタッチ小学6年生は、子どもたちが自信を持って学ぶことを支援し、学業成就に向けた強固な基盤を築きます。

はりー
はりー
チャレンジタッチの主体亭にお勉強させる様々な工夫で、子供たちは自分の力を最大限に引き出し、成績アップ・受験合格へ導いてくれるよ。 

モチベーション高く取り組める

チャレンジタッチ小学6年生では、毎日の自宅学習が習慣となるよう、子どもたちが喜んで取り組めるようなカリキュラムを提供しています。

学校で使用されている教科書に沿った教材が毎月届き、基本的な学習時間は1日わずか15分程度で、短時間の学習でも効果的に知識を吸収できるよう設計されています。

ちゃこ
ちゃこ
この取り組みやすい設計のおかげで、子どもたちは無理なく自宅での学習習慣を身につけることができるわけです。

また、赤ペン先生による添削提出で努力賞ポイントが貯まり、これを使ってプレゼントをもらえるシステムもあります。

チャレンジタッチの努力賞ポイント

さらにタブレットを使用して本を読むことも可能で、学習内容は思考力を深めるものや、ダンスのレッスンを受けることもできるなど、様々な特典が用意されています。

はりー
はりー
これらの工夫により、子どもたちは学習に対するモチベーションを保ちながら、楽しく勉強を続けることができますよ。

チャレンジタッチ小学6年生は、子どもたちが学びを楽しみ、自宅での学習を習慣化するための様々な工夫を凝らしています。

受講すれば、子どもたちの学びに対する意欲が高まり、学習効果も向上することでしょう。

安価な「成績アップが狙えるカリキュラム」

チャレンジタッチ小学6年生は、生徒の成績向上が期待できる学習プログラムになっています。成績アップが狙えるカリキュラムにもかかわらず、塾に通うよりもコスト効率が良く、家計にも優しいです。

特筆すべき点は、毎月実施されるテストに加え、年に三回行われる実力診断テストがあること。

このテストにはハイレベルな問題が含まれており、全国の受講生との比較を通じて、自分の学力を客観的に把握することができます。

ちゃこ
ちゃこ
ベネッセ主催だから規模も大きくて信頼性も抜群。小学生の頃から競い合う気持ちや、模試の結果を見ることは子供のやる気を高めることにつながるはずだよ。

また、チャレンジタッチでは苦手分野を克服するための専用問題が提供されるので、子供たちは苦手を放置せず、効率的に改善に取り組むことが可能です。

ほかにも、自分自身で学習計画を立てたり、AIが日々の学習スケジュールを立案してくれたり、毎日の学習習慣の定着もサポートしてくれますよ。

さらに、チャレンジタッチ小学6年生の学習プログラムは、習い事との両立も可能です。忙しい生徒でも、学業と習い事をバランス良く進めることができるように設計されています。

はりー
はりー
チャレンジタッチ小学6年生は、生徒が自身のペースで効果的に学び、成績を向上させるための強力なサポートだらけ!この構造が、生徒の自立した学習と成績アップを促進してくれるはずだよ。

学習の習慣が身につく

チャレンジタッチ小学6年生のおかげで、毎日机に向かって勉強する習慣が身についたという声が多く聞かれます。

チャレンジタッチは自宅学習をサポートするための工夫が随所に施されており、生徒が継続的に学習できるように設計されています。

はりー
はりー
その結果、自宅での学習だけでテストの点数を向上させることができるわけです。

また、チャレンジタッチ小学6年生の教材は、各単元にかかる学習時間の目安が明記されており、子供は目標を持って取り組みやすいのもポイントです。

毎日のお勉強も、この明確な目標設定があるため、効率的かつ効果的にお勉強がやりやすくなっています。

さらに、赤ペン先生からのアドバイスやメッセージは、生徒の勉強へのモチベーションを維持するのに大きく寄与しています。

ちゃこ
ちゃこ
パーソナライズされたフィードバックにより、生徒は学習に対する積極的な姿勢を保つことができるわけですね。

このようにチャレンジタッチ小学6年生ゼミは、生徒が自宅での学習を継続し、学業での成功を収めるための強力なサポートだらけです。生徒の自立した学習への意欲を高め、学習効果を最大化してくれることでしょう。

人気No.1タブレットで学ぼう

チャレンジタッチの特徴

小学生通信教育人気No.1

2022年無学年学習開始

誰でも楽しく家庭学習ができる

\タブレット無料キャンペーン中/

リンク先:https://sho.benesse.co.jp/

 

チャレンジタッチ小学6年生の口コミ・評判・使ってみた感想

チャレンジタッチ小学6年生の口コミ・評判として、実際に使ってみた感想をあつめました。集まった口コミ全てを紹介していくので、悪い口コミもあります。ぜひ参考にしてください。

口コミ・評判

平均

4.5

スクロールできます

動画やゲームなどで楽しく学習できる

レッスンはわかりやすい動画で説明されていて、一人でもしっかり理解できる。また、ゲームやクイズなどで学習内容を確認したり、知的好奇心をくすぐる体験をしたりできる。赤ペン先生の指導がある。赤ペン先生が、レッスンの回答やテストの結果をチェックしてくれます。ほめたり励ましたりしてくれるので、自信につながります。また、間違えたところやニガテなところを教えてくれるので、改善できます。悪い所は、タブレットの電池が切れると学習できない。タブレットで学習するので、電池が切れると勉強が中断されてしまいます。また、充電するのに時間がかかる。タブレットの画面が小さい。タブレットの画面は紙の教材に比べて小さいので、目が疲れやすいです。またタブレットの操作は慣れるまで難しいです。特に、タッチペンで書くのは紙に書くよりも不自然で、字が汚くなったり、書き間違えたりしやすいです。タッチペンの感度や書きやすさを調整できる機能があるといいと思います。良いところも悪い所もありますが、全体的には楽しくて効果的な学習教材だと思います。

バランスよくお勉強しやすい

メインレッスンでは5教科(算数、国語、理科、社会、英語)がまんべんなく学べます。動画や画像を用いた解説で理解を深めてから問題に挑むことで、スムーズに解くことができるので、学校の授業の予習復習に大変助かっています。それぞれの教科に担当の先生がいることで、キャラクターが親しみを与えてくれてレッスンをやろうという気持ちが生まれています。また、AI国語算数トレーニングでは学年を問わず学習ができるので、基礎力を付けるのに良かったです。テスト前には、テスト予想問題で自信を付けることができますし、実際100点を取ることが増えました。追加受講費無料のChallenge Englishでは英検受検のための対策を行うことができました。中学進学前に英語力を付けられたのも大変良かったです。

タブレットで完結するのが素晴らしい

チャレンジタッチ6年生は、子供が楽しく学べるように様々な面で工夫されているタブレット教材です。タブレット1台で学習が完結するので無駄がなく、コストパフォーマンスも高いです。個別タブレット学習なので、子供のレベルに合わせて学べます。学習データを分析して個別カリキュラムを提案してくれるので、迷わずに最適な学習を進められるのもよかったです。また、途中で間違えても、AIが原因を判定してくれます。必要なら学年を遡って確認できるため、納得してから次のステップにも進めます。動画授業は教科書に対応しているため、学校の授業との相乗効果で理解力が高まります。個別にフォローしてくれるチャレンジサポートもあるので、安心して任せられます。自分が子供の頃に同じようなタブレット教材があったら、もっと楽しく学べたのにと思います。

学校の予習、復習に役立つ

主要教科の学習コンテンツが充実しており、学校の授業の予習、復習に役立ちます。紙の教材ではなくタブレットを使用するため、場所を選ばずに学習でき、持ち運びも便利です。また、画面に直接書き込みができるので、学習内容を理解しやすいです。問題を解いたり、動画を見たりするなど、ゲーム感覚で学習できるコンテンツが多く、子供は楽しみながら学習に取り組んでいました。学習状況を保護者が確認できるアプリがあり、子供の学習進捗を把握しやすかったです。また、学習に関するアドバイスなども提供されるので参考になりました。残念だった点を挙げますと、一部のコンテンツには、子供にとっては難易度が高く、途中で諦めてしまう内容があったことです。

家で手軽にお勉強できる

サクサク問題を進めることができますし、振り返りたいときは復習も可能で、手軽に勉強するにはピッタリでした。問題も定期テストでよく問われるような良問を扱っており、学校のテストはこれだけでほぼ満点やそれに近い点数がとれました。でも中学受験にはやっぱり鉛筆で解く練習も必要だと思いましたし、問題量も確保したかったため別で勉強する必要がありました。あくまで公立学校の定期テストレベルまで取り組むならいい、という印象です。タブレットは重たいけれど、それは逆に子供があちこちに動かさずリビング学習に取り組めたため私としてはそれで良かったと感じられました。画面がもっと大きくなっても目に優しくて良いのかなとは思います。

タブレットが使いやすい

チャレンジタッチは使いやすかったです。タブレットがしっかりしていてハードも使いやすいです。問題は特に感じませんでした。またソフト面についても、学習内容が網羅されていて、しっかりした教材だと感じました。しっかり学習すれば、学力がつくと思えました。継続してできるかが、大事になってくると思います。ただうちの子は誰からも勉強しろと言われなかったので、タブレット学習のし忘れがほとんどでした。学習効果もイマイチで、成績が上がった印象は全くありませんでした。チャレンジタッチに継続できる機能があれば良かったと感じています。やはりうちの子は対面での学習が非常に向いていると感じています。タブレットは向いていないようです。

復習がやりやすい

タブレット1台でたくさんの事ができます。月に1個学習できるゲームが解放されたり、電子書籍を読むことが出来たり、絵を描くことができたりするそうです。楽しんで勉強にも繋がるので良い機能だと思いました。また、紙のチャレンジより復習がしやすいと言っていました。間違えたところだけ解き直したり、まっさらな状態でもう一度学習するので、便利です。成績も以前より少し上がっていました。時間を決めて楽しめるタイプの子供なので、チャレンジタッチはとても合っていたのではないかと思います。タブレットということで使いすぎなどの心配をする方も多いでしょうが、インターネットに繋がらないよう配慮されているので安心して利用することができます。

小6の中学準備にはちょうどよい

最初に思ったのは、学習量の少なさです。娘はさっとやって終わってしまうので、やる意味あるのかなと思いました。子どもに聞いてみると、答えが選択だからパッと見て正しいのを選ぶだけだし、量が少ないからすぐに終わると言っていました。学校の授業の復習ができているようでした。学校のテストは90点は取ってくるので、理解できているようです。宿題が終わってから、自分からチャレンジタッチ始めているし、終わってから遊ぶようにしているので学習習慣は身につきます。中学受験の予定はないので、中学生になるための準備と思えば十分だと感じました。塾に通うよりも安くて英語も入っているので親としては安心です。1,000冊無料で読めるのですが、うちの子は全く興味を持たず1冊も読みませんでした。

中学生までの準備はしっかりできた

小学校3年生から中学校1年生までチャレンジタッチを利用していました。勉強だけでなく、ゲームを交えながらの学習は子どもも興味を持ち積極的に取り組んでいました。学習は定期的に声をかけ、どこまで進んだか確認が必要でした。習い事が忙しくなると学習の時間が取れず溜まってしまうことがありました。6年生では復習と中学校へ向けての準備学習もあり、親としてはしっかり基礎を定着して中学校へ進ませたいという思うがあったので、学習面での不安は若干減ったように思えます。あとは子どもの生活のルーティンの中へチャレンジタッチがしっかりと組み込めていたらもっとよりよい学習の習慣作りや定着が図れて今後の定期テストの学習へと繋がっていたのではないかと思います。

毎日続けやすい分量

毎日の学習量は、1教科あたり約7分のボリュームです。休憩を鋏みながらやっても5教科1時間もかかりません。コツコツやるタイプなのですが、気持ちが途切れてしまうと数日貯めてしまい、声掛けしてまとめてやったこともありました。タブレットの破損はなかったです。手が滑って落としてしまったことがありますが、壊れませんでした。壊れた時はタブレット代がかかるので、始めたころに子供に丁寧に扱うように、学習は机でするようにと約束しました。高学年なので、この点については問題なかったです。とき直しシステムは良いなと思いました。問題をきちんと読まずに何となくに答えている問題もあります。とき直しの時はきちんと読むので、わかってたのにと悔しそうにしている姿を見ます。間違えたら悔しいと言う気持ちがあるので、学校でのテストもケアレスミスが減りました。

他のネットが使えないのがよい

子どもはゲームが好きで、勉強はあまりしなかったのでチャレンジタッチをさせることにしました。タブレットを見たとき、他のインターネットには繋がらず、集中して勉強できる環境が整っているので安心して子どもに与えることができました。また、以前から子どもに本屋の書籍やYouTubeで学習をさせているのですが、全く自宅で学習をすることがなかったので、どうすれば学習してくれるのか悩んでいる時期もありました。しかし、チャレンジタッチの場合子どもはゲーム感覚で喜んで勉強をしてくれています。今までゲームばかりしていたのが、自分自身から学習に取り組んでいるみたいだったので良かったです。学校の宿題も放置していることが多くありましたが、チャレンジタッチをしてからは学校の勉強も理解できるみたいなので自ら進んで宿題をしてくれています。チャレンジタッチのおかげで子どもが勉強好きになったので良かったです。

教科書よりわかりやすい

進研ゼミ小学6年生チャレンジタッチを息子に受講させました。息子は動画やゲームを取り入れた学習で楽しみながら学習に取り組んでおり、特に歴史や理科の動画は教科書よりも理解しやすかったようです。漢字学習アプリもゲーム感覚で楽しく漢字を覚えられるので、毎日欠かさず取り組んでいました。チャレンジタッチは学校の授業の復習にも役立ち、動画や音声で解説があるので、理解が難しい箇所も繰り返し学習することができたようです。問題演習も豊富で、学校のテスト対策にも役立ちました。チャレンジタッチを利用したことで、息子は毎日学習する習慣が身につき、自学自習の時間が増えました。自分から学習計画を立てて、目標に向かって取り組む姿勢も育ってきたと感じます。改善点としては、タブレットの画面が小さく、動画を見たり、問題を解いたりする時に、息子は少し見づらそうにしていました。画面サイズが大きいモデルも選択できると、より使いやすく感じると思います。

お勉強への興味関心ができた

自分自身としては勉強に興味を持つきっかけ作りと飽きさせない工夫がちょうどいい感じでした。勉強自体に苦手意識を持っている子どもには、まず勉強に対する「どうせ分からないことや面白くないという感情」を取り除いてあげる必要があります。どんなに親が勉強をさせたいと思っても学習をするのは子ども本人であり、興味を持たなければスタートラインに立つことすらできないです。チャレンジタッチはこのモチベーションを高めるのが本当に優れていて子どもが興味を持つような工夫がたくさんあります。チャレンジタッチを続けてきたのは、子どもが好きそうなアプリや動画が盛りだくさんで、子どもが飽きさせないような工夫をしながら学ぶ楽しさを提供をしたサービスだと思ったからです。

中学受験に合格できました

我が家は娘が希望する進学校に中学受験成功することができました。この素晴らしい成果は、娘がチャレンジタッチ6年生(進研ゼミタブレット学習 小学6年生コース)を利用したおかげです。チャレンジタッチ6年生は、娘の家庭学習をサポートするために素晴らしいツールとなりました。チャレンジタッチは、幅広い科目をカバーし、バラエティ豊かな学習コンテンツを提供してくれました。娘は、授業中に学んだ内容を復習したり、自宅での学習時間を有効活用するために、タブレットを使用して学習しました。チャレンジタッチ6年生のよかったところは、そのカリキュラムの充実度と、わかりやすい解説や豊富な問題集です。娘は、自分の理解度に合わせて学習の進め方を調整することができ、理解が深まるにつれて自信もついてきました。また、チャレンジタッチ6年生は、独自の学習分析機能も備えています。これにより、娘の学習進度や弱点を把握し、個別に対策を立てることができました。このような個別対応の学習環境は、彼女の学習成果を最大限に引き出すことができました。

学校で学ぶ内容を補完できた

私の子供は、チャレンジタッチ6年生を利用して、学校の勉強に役立つ知識やスキルを身につけました。特に、算数や理科の問題解決能力や、国語や社会の読解力が向上しました。また、タブレットで楽しく学べるので、やる気も高まりました。このコースの良い点は、子供のレベルに合わせて学習内容や難易度を調整できることや、学習成果を親が確認できることです。さらに、子供が自分の学習ペースで進められることや、学習のモチベーションを高めるための様々な機能があることも魅力的です。不満は価格がやや高いと感じた点です。もう少し安くなれば、もっと満足できると思います。

専用タブレットなのがよい

チャレンジタッチ6年生は、安価な専用タブレットを使って学習するため、一般的なタブレットのようにユーチューブやゲームなどができないので、学習に集中できます。紙タイプだと月ごとにテキストや問題集が送られてくるため、教材が増えてしまいますが、その心配がありません。また、入会金無料、専用タブレット代無料、月謝が6000円のため、コスパに優れています。さらに、学校の宿題や紙のテキストの場合、丸つけが大変ですが、チャレンジタッチなら、自動丸つけ機能があるので、簡単に丸つけができます。また、動画でわかりやすく解説されるので、初めて習う単元でも理解がしやすいです。歴史上の人物のつながりをゲーム形式で学ぶものなどがあります。

デメリットもあるが忙しい親にはよい

姿勢はいい方が理想的ですが、床に寝そべってやっても効果は変わりないと思います。姿勢のことをうるさく言われて、緊張した中でやるよりもリラックスしてやった方が脳の活性化が促進されるので取り組みことに意味があると思いました。息子はゲームが大好きなので、チャレンジタッチの学習アプリも熱中。ですがフォートナイトをやるよりはいいと、割り切っています。たしかにゲーム感覚で勉強した方が覚えもいいし、本人が楽しんでやっているのがよくわかります。知育ゲームなので、メイン教材のサポートにもなっていると思います。添削も毎月あると、提出できないことがストレスになります。私が子供の頃と違って、帰宅時間が遅く習い事もあるので丁度いいと思いました。

お勉強の習慣が身に付いた

自分の子供には、小学校1年生からチャレンジタッチを学ばせているのですが、小学生6年生になった今でも使用しています。進研ゼミを受講していることで、「毎日学校から帰ってきたら勉強する」という習慣が身に付いたのはとても良かったと感じています。気をつけるべきポイントや多くの人が間違えやすいことなどを教えてくれるので、チャレンジタッチを学んでいない同級生との差を付けることができていると感じています。自宅でいつでもできるので、子供自身のペースに勉強をすることができるのもモチベーション維持に良いですし、塾に通うよりかは明らかに安価で勉強することができています。教材として手元に残せるため、外出先でもタブレットさえ持っていれば学習することができるのも気に入っている点です。

子供のやる気が上がった!

正直なところ、カリキュラムは普通。ただ、今までの通っていた塾とは全く違っていてヤル気が全く違います。進研ゼミタブレット学習は自宅にいながら学習できる手軽さはもちろんですが、課題完了でもらえるポイントを集めて豪華なプレゼントと交換できるので、ほしいプレゼントをめざして目標をもって頑張っています。その効果もあり、今では自ら勉強する習慣身について親としては願ったり叶ったりです。また、一人ひとりの理解に合わせた添削指導をしてくれるおかげで子供も非常にわかりやすいと言っています。やはり、勉強は誰かからやらされるのではなく、自分自らが興味、関心を持って挑まないと成長度合いが遅いと思うので、その点、こちらのユニークな学習スタイルは親子ともども大変気に入っています。

子供に合わせて学べるのがよい

普段からタブレットを使い慣れている子であれば、ゲームやクイズのような感覚で始められるため、学習へのハードルは低いと思う。1教科あたりに掛かる時間は長くても10分もあれば足りるので、1日2~3教科くらいであれば難なく続けられるが、集中力のないタイプに1日5教科は厳しいと感じた。しかし、1日2教科ずつにするなど、勉強の進め方を自由に決めることができるのはいいと思った。算数や理科などは、動画で説明を見ることで視覚から理解しやすいのか、始めて2ヶ月ほどで一気に成績が伸び始めた。その一方で、国語や社会などは動画を見ても理解できないことも多いのか、選択式の問題の正答率は前よりもアップしたものの、記述式の問題は苦手なままで、成績もあまり変化がなかった。親がガミガミ言わなくても何をどのくらい勉強したのかは把握できるため、促せば自宅学習するようになったのはよかったが、どちらかというとプレゼント目的だったり漫画を読むためという感じもあり、価格に見合った成果が得られているかは疑問。端末もWi-Fi環境がないと使えないため、旅行や帰省のときに習慣が崩れてしまうのも残念。

子供が自主的に勉強できるようになった

塾に行くのは少し気が引けていた中、進研ゼミを検討し利用しました。タブレット学習ということで単におもちゃになってしまい勉強なんて全く進まないのではと思っていましたが、進捗管理がメールで届き学校の教科書やプリントの宿題には見向きもしなかった息子が自主的に取り組むことができておりびっくりしています。また、英語が取り組める点が非常に助かっております。英語は最初に嫌いになると後々尾を引きずるので、最初が肝心と思っていましたが、1日10分ほどの学習を無理なく続けられているので良かったと思います。内容も中学で習う範囲を先取りしているものもあり、レベルも簡単すぎずに良いと思いました。中学に入っても引き続き利用することを検討しています。

便利すぎるのが難点だがコスパはよい

タブレット端末なので子供が明らかに勉強よりもタブレット本体に興味を持ち勉強があまりはかどりませんでした。解説などもとてもわかりやすいと思うので、便利だとは思いますが機械に興味を持ってしまうと言うのが逆にデメリットにもなっている気がします。覗いてみるとタブレットでの解説はとてもわかりやすく、真剣に聞いたらテストの点数はかなり上がるんだなと感じました。理解しながら教えてくださるような教材ではあると思います!結局は使う人によるんだとは思うんですけど難しいですね。しかし塾に通わせるよりはかなり値段はお安くなると思うのでお金に余裕を持って教育したい方はチャレンジを使ったほうがいい気がします!

ゲーム感覚でできるのが◎

まず、専用タブレットですべて行うのでゲーム感覚で学習ができる点は凄くいいと思いました。専用でない場合、別のアプリで動画を見たり遊んでしまう恐れがあるので、こういった専用タブレットでの提供は有難かったです。コンテンツも子供に合わせた魅力的な物が多く、自分が子供の時もこういったサービスがあれば良かったのにと思わず考えてしまいました。紙の教材で学ぶよりも、遥かに子供の食いつきが違っていると思えました。コスパ面に関しても、塾に通わせるよりも済むので満足できるレベルです。
また、これらのデータがすべて紙の書籍であれば膨大な量になってしまうし、子供も宿題感覚になってしまったと思います。ですので、このようにゲーム感覚で楽しく学習ができる点が何よりも魅力的に映りました。

タブレットが合わなかった

幼稚園の時から利用していて、中学からは塾に切り替えました。その理由の一つとして、タブレットでは国語の文章問題が読み取りにくかった点が挙げられます。紙レベルでは大丈夫だったのですが、チャレンジタッチになると、どうしても画面を切り替えたり動かしたりすることが必要となり、情景や思考がとぎれてしあいました。文章の横に線を引いたり囲んだりもしにくく、読解力が落ちたように感じました。タッチペンで書く時も鉛筆で書くのとは違い、どうしても見た感じ雑に思いました。しかし、チャレンジタッチの良さもあり、音声やアプリなどで子供のやる気を高めてくれたり、赤ペン先生への郵送もなく、結果もタイムリーに出る点は良かったので、評価は星3です。

 

チャレンジタッチの口コミや悪い評判についてもっと知っておきたい人は、以下の記事もあわせてご覧ください。

チャレンジタッチ小学6年生の口コミ【デメリット】

チャレンジタッチ小学6年生の口コミの中からデメリットと言えるものを紹介していきます。

インターネット環境(Wi-Fi環境)が必須

チャレンジタッチ6年生を利用するためには、自宅にWi-Fiをはじめとするネットワーク環境の整備が必須です。もしもネットワーク接続がまだの場合は、使用開始に先立って設置が求められます。

幸いにも、うちの家庭ではWi-Fi環境が既に構築されていたため、チャレンジタッチの使用に際して何の問題もありませんでしたが、今日におけるデジタル学習ツールを最大限に活用する上では、ネット環境は必須となりますね・・。

ちなみにネット環境が必要ということは、チャレンジタッチ本体側にもネットワーク設定を行う必要があることを意味します。

この工程は一部の人にとっては難しいと感じるかもしれませんが、設定に戸惑うことは決して珍しいことではありません。

実は設定方法については、詳細な説明と動画がチャレンジタッチ内にて用意されており、これらを参考にすることで、疑問を解消することができます。

どうしても解決できない問題や不明点がある場合は、サポートセンターに質問してみると良いでしょう。サポートチームはユーザーの疑問や問題に対応するために存在しているため、気軽に連絡を取ることができますよ。

目の健康が心配になる

タブレット教材は、チャレンジタッチを含め、長時間の使用は視力への影響が心配されるところです。幸いにも、チャレンジタッチには一定時間ごとに休憩を取ることを促す機能が備わっていますので、大事にいたることはないでしょう。

ちゃこ
ちゃこ
もちろん、子どもたちはこのようなメッセージを無視してしまうこともあるから、目を適切に休ませるためには、親も注意しておいてあげてね。

また、定期的な休憩を取ることは、視力保護のためだけでなく、全体の学習効率を高める上でも重要です。親としては、子どもがタブレットを使用する際に適切な休憩を取るよう、積極的にアプローチしてあげるといいかもしれませんね。

適当に選んでも正解してしまう

チャレンジタッチをはじめとする選択式の問題では、時に当てずっぽうで答えを選んでしまっても正解することがあります。

間違えた問題については、解き直しを通じて復習する機会が得られますが、推測で正解してしまった問題はそのような復習の機会が自動的には提供されません。

はりー
はりー
これはタブレット学習最大の問題点かもしれませんね・・。

共同学習ができない

チャレンジタッチ6年生にかぎらず、自宅で行う通信教材は、共同学習の機会が乏しいです。直接質問する環境が提供されていない点は、一部の利用者から懸念されています。

塾などで行われる共同学習は、子供が社会性を培い、協力して問題を解決する能力を高める上で重要です。しかし、チャレンジタッチのような自宅での個別学習ツールでは、このような対面での学習体験が限られてしまいます。

子供が共同で課題に取り組むことで生まれる相乗効果や、互いにアイデアを出し合う過程は単独で画面に向かって学習することでは得られません。ここもタブレット学習の懸念材料の一つです。。

直接質問できる環境の不足

チャレンジタッチ6年生は、直接質問できる環境が不足しており、子供が疑問を持った際に迅速に解決できないという問題があります。

教室や塾であれば、理解できない点がある場合、生徒はすぐに手を挙げて教師に質問できます。この直接的かつ素早いフィードバックは、学習の進行において非常に価値があり、生徒が自身の理解度を即座に深めることを可能にしてくれます。

一方で、チャレンジタッチでは、質問したいときに直接対話する手段が限定されており、時には質問が疑問を解決するまでに時間がかかることもあります。

ちゃこ
ちゃこ
この点は通信教育自体のデメリットともいえますね。

チャレンジタッチ小学6年生の口コミ【メリット】

チャレンジタッチ小学6年生の口コミの中からメリットと言えるものを紹介していきます。

専用タブレットを使用する

チャレンジタッチを利用するとき、コストパフォーマンスに優れた専用タブレットがわたされます。

スタークリスタルのタブレットカバー

進研ゼミによって提供されるこの専用タブレットは、チャレンジタッチ専用の学習コンテンツをスムーズに実行するために最適化されているため、とても使い勝手がよいです。

市販の一般的なタブレットでは、YouTubeやゲームといったエンターテイメント機能にアクセスできるため、学習に集中すべき時間に誘惑に負けてしまうリスクがあります。

はりー
はりー
学習時間中にYouTubeを視聴してしまうといった状況は、教育目的でタブレットを使用する場合の潜在的な問題点となり得ますよね。

しかし、チャレンジタッチなら大丈夫。専用タブレットは進研ゼミが提供する教育コンテンツに限定されたアクセスしか許可されていません。

この制限により、学習コンテンツに集中しやすくなると同時に、学習以外の活動に誘われるリスクが減少します。これは効率的かつ集中的な学習環境を作る上で、大きな利点と言えるのではないでしょうか。

教材の物理的な蓄積がない

進研ゼミは紙の教材を使用するチャレンジとデジタル版のチャレンジタッチの両方を提供していますが、紙のチャレンジを選択した場合、毎月テキストや問題集が送られてきます。

時間が経過するにつれて紙教材がどんどんと増えていき、保管スペースを取るようになるというデメリットがあります。特に限られた収納スペースを持つ家庭にとっては、この点が大きな課題となり得ますよね。

一方、チャレンジタッチを選ぶと、教材の物理的な蓄積がないため、この問題があっさりと解消されます。デジタルのチャレンジタッチでは、教材が物理的に増えることはなく、代わりに毎月25日には新しいコンテンツに自動的に更新されるシステムが導入されています。

この更新機能によって、最新の学習内容を継続的かつ自動で入手することを可能にしつつ、同時に家庭の収納スペースを節約してくれるわけです。

はりー
はりー
収納スペースに限りがある家庭にとって理想的な解決策ですよね。

コスパがよい

チャレンジタッチ小学6年生コースは入会金が不要で、6ヶ月間継続利用すると専用タブレット代も無料になります。

月謝は約6千円の範囲で設定されており、提供される充実した学習コンテンツを考慮すると、非常にリーズナブルな価格設定だと言えます。

ちゃこ
ちゃこ
特にコストパフォーマンスを重視する家庭にとって魅力的な要素ですよね。

比較対象として、個別指導塾に通う場合を考えてみましょう。予習や復習を目的に通塾すると、一般的には年間10万円から30万円の費用がかかります。

それにもかかわらず、塾の授業は週に1回から4回程度となるため、毎日通うことはできません。この点が、塾と自宅学習ツールの大きな違いの一つです。

一方で、チャレンジタッチを利用する場合、年間で約7万円の費用で、毎日学習することが可能です。金額を比較すると、チャレンジタッチは、家庭での日常的な学習サポートに非常にコスト効率が良いということがわかります。

自動での丸付け機能がかなり楽

学校の宿題や紙のテキストでの学習では、答え合わせに時間がかかり、特に家庭での多忙な状況下では、この作業が負担になることに。

そうした中、チャレンジタッチのようなデジタル学習ツールは、自動での丸付け機能があるので、かなりラクです。

この機能は、子どもが解いた問題の正誤を即座に確認でき、さらには、誤答の場合にはその理由を理解するためのフィードバックも提供してくれます。

ちゃこ
ちゃこ
これは学習効率を高めるだけでなく、親の手間も大きく軽減してくれるから本当に助かるよ。

サポートなしでも理解しやすい

小学校の宿題において、新しい単元を学ぶ際には、子どもたちからの質問が増えることが一般的です。

しかし、親御さんがその分野に詳しくない場合や、説明の仕方が子どもにとって理解しやすくない場合、学習の進行がスムーズにいかないことも…。

このような状況は、時に親子間のストレスや衝突につながることもあるでしょう。しかし、チャレンジタッチを使用すると、これらの問題をあっさりと解決できます。

チャレンジタッチ6年生では、初めて学ぶ単元も含め、各学習内容が動画でわかりやすく解説されているため、子どもたちは自分自身で内容を理解することができます。

ちゃこ
ちゃこ
この自立を促す学習方法は、子どもが学びたいときにいつでもできるから、質問が出る頻度を減らして、学習効率を高めてくれるよ。

特に、算数のような難易度の高い科目では、6年生の内容になると、親御さんが説明に苦労することもあるかもしれません。

しかし、チャレンジタッチを利用することで、子どもは独自に学習を進めることができ、結果として親子間での不要な衝突を避けることができます。

親御さんとしては、子どもが学習に対して自信を持ち、自立して取り組む姿を見ることができるため、非常に心強いはずです。

お楽しみコンテンツが充実

チャレンジタッチ6年生は、ただ学習するだけでなく、早く学習を終えた子どもたちにも楽しめるコンテンツを提供しています。

外出自粛期間中のように、家で過ごす時間が多くなると、主要な学習コンテンツを素早く終えてしまうことがあります。

このような時、チャレンジタッチが提供する追加のお楽しみコンテンツが、子どもたちにとって大きな役割を果たします。

例えば、歴史上の人物の関連性をゲームを通じて学べるコンテンツや、タイピング技能を鍛えることができるプログラムなどがあります。プログラミングを楽しく学べるゲームもありますよ。

チャレンジタッチのプログラミング

これらのコンテンツは、教育的価値を持ちながらも楽しみながら学べるため、子どもたちの関心を引き続け、学習意欲を持続させることが可能です。

さらに、学習を進めることでポイントが貯まり、そのポイントを使って商品と交換できるサービスがあるのも、チャレンジタッチの特徴的なメリットです。

この報酬システムは、子どもたちのモチベーションを高める効果があり、学習への取り組みを促進します。

「ご褒美との交換」という可能性は、目標達成への追加の動機付けとなり、学習の継続性を保つのに役立つはず。

進捗が把握しやすい

チャレンジタッチはアプリで進捗の把握が容易にできます。

チャレンジタッチは、子どもが自立して学習を進めることができるデジタル学習ツールですが、その進捗状況を保護者が把握することは一見難しそうに思えますよね。

紙のテキスト学習の場合、丸付けを通して子どもの学習進度が直接確認できるため、進捗状況が把握しやすい利点があります。

しかし、チャレンジタッチを利用すると、学習がデバイス内で完結してしまうため、子どもがどの程度学習を進めているのかを直接目で見て確認することができないかも?と心配になりがち。

この問題も、じつはチャレンジタッチでは保護者が子どもの学習進捗を容易に確認できるスマートフォンアプリがあるので、かんたんに学習の進捗を確認することができます。

このアプリを利用することで、保護者は子どもの学習状況をリアルタイムで把握することが可能となり、どの学習コンテンツが完了しているのか、どれがまだ進んでいないのかを一目で確認できます。

チャレンジタッチの進捗確認画面
チャレンジタッチの進捗確認画面
ちゃこ
ちゃこ
学習が遅れている場合や特定の分野で苦戦していることがあれば、子どもへの適切なサポートや励ましを行うこともできるスグレモノです。

このような進捗状況確認アプリの提供は、デジタル学習が持つ自立性と保護者のサポートをバランス良く組み合わせることを可能にしてくれます。

人気No.1タブレットで学ぼう

チャレンジタッチの特徴

小学生通信教育人気No.1

2022年無学年学習開始

誰でも楽しく家庭学習ができる

\タブレット無料キャンペーン中/

リンク先:https://sho.benesse.co.jp/

 

チャレンジタッチ小学6年生の概要

チャレンジタッチ小学6年生を受講する上で、しっておいてほしい概要をまとめます。

チャレンジタッチ6年生の対応教科

チャレンジタッチの6年生コースでは、国語、算数、理科、社会といった基本的な4教科に加えて、英語やプログラミングといった現代的な学習ニーズに応える科目も提供されています。

チャレンジタッチ6年生の対応教科

さらに、漢字検定の対策や、約1000冊に及ぶ電子書籍の読み放題サービスも含まれていることが特徴です。

これらの学習コンテンツは、新しい学習指導要領に準拠しており、子どもたちが時代に合った知識とスキルを身につけることを可能にしてくれます。

特に英語やプログラミング学習は、今後の教育や社会での活躍に直結する重要な分野です。これらを基本料金内で提供している点は、多くの保護者にとって大きな魅力となっています。

また、電子書籍の提供は、読書習慣の育成や学習の幅を広げる上で貴重なリソースとなります。子供ウケするかんたんな小説や本が1,000冊も無料で提供されているのです。

まなびライブラリーの子供が喜ぶコンテンツ

外部サイトでの有料サービスと比較して、チャレンジタッチでは無料で利用できる点は、入会を決める際の大きなポイントとなるでしょう。

このように、チャレンジタッチは、幅広い科目の提供とともに、追加の学習リソースを通じて、子どもたちの多様な学習ニーズに応える充実したサービスを提供しています。

子どもたちが興味を持つ分野で学び、成長できる環境が整っていることは、現代の教育においてとっても重要です。

チャレンジタッチではこれらが整っているため、かなり魅力的な学習方法と言えるのではないでしょうか。

チャレンジタッチ6年生の受講料

チャレンジタッチ小学6年生の受講料は、支払い方法によって月額が変わり、長期間での一括払いを選択することで、月々の料金を削減することが可能です。

一括払い 半年払い 毎月払い
6年生 6,370円 6,880円 7,150円

具体的には、毎月払いの場合の料金は7,150円(税込)ですが、12ヶ月分を一括で支払うと月額6,370円(税込)、6ヶ月分を一括で支払うと月額6,880円(税込)となり、一括払いを選択するほど月額料金がお得になります。

12ヶ月一括払いでは、合計で76,440円(税込)、6ヶ月一括払いでは合計で41,280円(税込)を支払います。一括払いにすることで総額を抑えられるのは、コストパフォーマンスを重視する家庭にとって大きなメリットですね。

1ヶ月あたり6,000~7,000円でこれら全てできることは、かなりお得な価格設定です。多くの家庭にとって魅力的な選択肢となることでしょう。

チャレンジタッチ6年生のタブレット代

チャレンジタッチ専用タブレットは、6ヶ月間の継続学習を条件に料金が実質0円になります。これはとても魅力的なオファーではないでしょうか。

ただし、6ヶ月未満で退会する場合や、紙のチャレンジに切り替える場合には、8,300円の料金が発生するので注意してくださいね。

ちなみに、チャレンジタッチ専用タブレットをより安心して使用できるように、落下や誤って踏むなどのアクシデントによる故障時に、安価で交換できるサポートサービスも用意されています。

このサービスは、短期間から長期間までの契約オプションを提供しているのですが、1ヶ月契約の場合、240円(税込)で年間2,880円(税込)です。

6ヶ月契約の場合、一括1,350円(税込)で、12ヶ月契約の場合、一括2,400円(税込)で、どちらも年間料金として同額です。

サポートサービスに加入しない場合のタブレット交換費用は19,800円(税込)ですが、12ヶ月契約をしておけば交換費用が大幅に削減され、3,300円(税込)になります。

サポートサービスへの加入は、チャレンジタッチ専用タブレットが届く前に行う必要があり、入会時に同時に契約することが一般的です。安心して使わせたい保護者にとっては、非常に有益なオプションとなるのではないでしょうか。

チャレンジパッドサポートサービスは不要?チャレンジタッチの保証は本当にいらない?
チャレンジタッチの保証はいらない?チャレンジパッドサポートサービスは必要か?チャレンジパッドサポートサービスについて公式よりもわかりやすくまとめました。チャレンジパッドサポートサービスが不要かどうかを判断できるよう料金シュミレーションもしています。チャレンジタッチの保証がいらないかどうか知りたい人はぜひご覧ください。...

チャレンジタッチ6年生で届くもの

チャレンジタッチ6年生では、デジタル学習コンテンツだけでなく、様々な教材も付録として提供される点が魅力の一つです。

漢字学習ポスターや歴史年表、一学期まとめテストの予想問題などが含まれています。学習の補助や復習、さらには新しい学習内容の導入に役立ちますよ。

特に漢字学習ポスターは、日常的な学習や復習に非常に便利です。漢字の習得は読解力や表現力を高める上で重要な要素であり、これらの教材を活用することで、学習効果を高めることができます。

また、一学期まとめテストの予想問題は、子どもたちの理解度を確認し、さらには学習内容に対する深い理解を促進するための重要なツールとなるはず。

なお、8月になると、さらに思考力トレーニング、実力診断テスト、そして中学進学に向けた教材と情報誌が届く予定です。

このように、チャレンジタッチでは、デジタルコンテンツだけでなく、他の教材も充実しており、これらを組み合わせることで、より効果的な学習が可能になります。

チャレンジタッチ小学6年生のコンテンツ内容

チャレンジタッチ小学6年生の専用タブレットを使用したメインレッスンでは、視覚的にも分かりやすく説明された「質の高い問題」を解き進めることで理解を深めていきます。

そんなチャレンジタッチのカリキュラム内容をもう少し深堀りしてみます。

自動採点機能と赤ペン先生

大きな利点の一つは、自動採点機能により、丸付け作業が不要になる点です。間違えた問題は自動で解き直しを促されるため、効果的な復習が可能になります。

また、デジタルコンテンツを活用した赤ペン先生による添削指導も提供されており、これが学習の質をさらに高めてくれます。

赤ペン先生の添削

そして、各教科の学習時間は15分と短めに設定されているため、子どもたちは飽きることなく学習を継続できます。

このように、チャレンジタッチは効率的かつ効果的に学習を進めることができるよう工夫されているわけですね。

歴史と英語

チャレンジタッチ6年生では、歴史上の人物の理解を深めるゲーム形式のアプリや、歴史漫画アプリが提供されています。

これらのアプリを通じて、子どもたちは遊び感覚で歴史上の人物について学ぶことができます。この学習方法は、歴史に興味を持たせ、記憶に残りやすくするのに非常に効果的です。

小学6年生といえば英語に対するアプローチも大事です。新しい学習指導要領に基づく内容を学ぶにあたり、チャレンジタッチでは毎月「聞く」ことを中心に、「話す」「読む」「書く」の4つの技能を自然と伸ばせるような英語カリキュラムが組まれています。

チャレンジタッチの英語学習

英単語や漢字、歴史上の人物といった繰り返し学習することで身につく内容を、ドリル形式で反復して練習できる設計になっており、これにより学習内容の理解と記憶を効果的に深めることができます。

プログラミング

チャレンジタッチの専用タブレットには、専用キーボードを接続して使用することでタイピングの練習が可能です。

そのうえ、ゲーム感覚で楽しみながらプログラミングのスキルを学べるツールも提供されています。

このプログラミングツールは、初心者でも取り組みやすい簡単な課題から始まり、徐々にレベルアップしていく設計になっており、最終的には高度な課題にも挑戦できます。

この段階的な学習プロセスは、プログラミングの基礎から応用までをしっかりと身につけるのに役立つのではないでしょうか。

【口コミ】チャレンジタッチ6年生がおすすめな人

チャレンジタッチ6年生がおすすめな人を、実際に受講している方に聞いてみました。

具体的な口コミは以下にて紹介しますが、要約するとこんな方にチャレンジタッチ6年生はおすすめといえます。

  1. タブレット操作に慣れていて、学習に積極的に取り組める子
  2. 自ら学習の習慣を持ち、自主的に勉強する意欲がある子
  3. 学校の授業内容を前もって学びたい子
  4. 忙しい親が子供の学習をサポートできないご家庭
  5. 費用を抑えたいまたは塾に通うリソースがないご家庭
  6. 中学受験を控えており自立して学習を進められる子
  7. 動画を見ることが好きで、視聴しながら学習するスタイルに適応できる子
  8. 報酬やゲーム感覚の学習によってモチベーションが向上する子
  9. 親が子供の学習を直接サポートする時間が限られている家庭
  10. 紙の教材に飽きてしまった・苦手な子

ではそれぞれの口コミについて紹介していきましょう。

口コミ・評判

平均

4.5

スクロールできます

コスパよくお勉強させたい人におすすめ

小学校高学年になって、勉強が難しくなってきたと子供がいってきたため、塾に通わすお金がなかったので少しでも安くで勉強、復習をすることができるチャレンジタッチを始めました。自分の中では「チャレンジタッチは低学年がする」イメージがあったのですが、小学校高学年でもしっかりと学ぶことができ、お楽しみコンテンツでゲームをしたり、電子書籍を無料で読むことができたりなども行えるので入会して良かったなと感じています。塾に通わすお金がないと考えている家庭にはチャレンジタッチはおすすめだと感じています。

本好きな人には特におすすめ

こつこつ毎日机に向かえて勉強出来る人で、本とかも読めるサービスがあるので本好きな人が向いていると思います。塾に通うのが、面倒だったり高くて難しかったり、不安な人にも向いています。タブレットなので、ゲーム性があり、ペーパーよりもやる気がわくと思います。スマホやタブレットをよく見てる人におすすめだと思います。

紙教材は飽きてしまう子におすすめ

紙媒体での学習に飽きてしまい、学習をやめてしまったお子さんに効果的だと思います。我が家では紙媒体での学習を続けておりましたが、最後は答え合わせが億劫になりやらなくなってしまいました。タブレットに変更してから、答えがすぐにわかるのと図で解説してくれるため、タブレット端末のほうがよかったようです。また机に向かわなくてもどこでも出来るというのもメリットになりました。予習復習を中心に学ぶ方には効率がよいとおもます。

時間がない子におすすめ

塾へ通う時間が取れない人、自分の都合に合わせて自宅で勉強したい人、スケジュールを立ててコツコツできる人、親が丸つけ等見守りができない家庭にはおすすめできると思います。映像で解説を聞きながら自分のペースで隙間時間等をりようして進める事ができる点、間違えた問題を解き直しできる点、丸つけを自動でしてもらえる点が良いと思います。

自ら進んで家庭学習をする子におすすめ

子供自身で自ら進んで家庭学習をする子に向いていると思います。保護者へメールで子供が取り組んだ内容が送られてくるのでそれを確認し励ましのメッセージなど子どものやる気につながる応援ができる親が好ましいのではと思います。保護者が仕事などで塾や習い事の送迎ができない保護者には家庭で勉強できるので向いていると思います。

飽きずに長期的に行える人におすすめ

何事にも飽きずに長期的に行える人にチャレンジタッチ6年生はおすすめです。初期費用のタブレットや教材などの費用が高いため特典などに目を引いて入ってしまうと最初だけ手をつけ、その後全く手付かずなことにもなってしまう恐れがあるため、お金だけかかってしまう場合も多々あるため、長期的に行える人におすすめされています。

特別感があって続けやすいな

テキストに書き込む学習よりも、タブレット学習の方が特別感があって続けやすいなと感じました。自分が問題に正解したときに、その場で褒めてもらえるのは、モチベーションアップにもつながるし、英語や国語等の文章が音で入ってくるのは、目で見るよりも理解しやすいなと感じました。

手軽に楽しく勉強できる

私的に親目線でいうと教材がないのでかさばることもなく、勉強できるのはとても良いなと感じました。また、ちょうどコロナの時期と重なり家で勉強することが多くなったのですが6年生の問題となると親でもなかなか教えることができないので塾に行かせるよりもこちらの方が手軽に楽しく勉強できるのでコロナ禍にはかなり私たちにはとても合ってたかなと思いました

紙教材だと勉強しない子におすすめ

自力で冊子の問題集に取り組むのが難しい子に向いている。短時間でも毎日取り組めるような工夫がされていると思う。間違えたらタッチがすぐに解説してくれるので、親が共働きで直接指導する時間が取れないようなご家庭に向いている。読書アプリなどもついているので、問題集を解くだけでなく、タッチひとつだけで、いろいろな知識に触れる機会が与えられる。

飽きっぽい子供にはおすすめ

飽きっぽい子供にはおすすめかもです。鉛筆とノートを使わなくても、タブレット一つあれば、勉強できるので扱いやすかったです。 教材の中に、プログラミングと英語学習も入っていたので、たくさん身につく内容が充実していました。 子供が飽きないように、問題を解けば、ポイントがたまり、そのポイントをためれはわ景品に交換ができることがいいね

コツコツできる子におすすめ

コツコツと勉強を自発的にできる人にオススメです。理由はやる期間が塾と違ってしっかり決められておらず、見張ってくれる人もいないので、自分で計画を立てられる必要があるからです。中学生に上がるにあたって、小学生の勉強の見直しを見直しの仕方がわからない人や、今の勉強がわからない、予習をしたいと思う、勉強に少し不安のある方は、ベネッセを通して自信につながると思います。また、ポイントをコツコツ貯めて何がしたいと目標を持てる方にはいいと思います。

紙教材でうまくできない子におすすめ

タブレット学習でゲーム感覚のように勉強する事が出来るので、なかなか学習習慣が付かなかったり、紙の教材では集中力が続かず直ぐに気が散ってしまうお子さんにはおすすめです。また、基本的に親のフォローが必要なく子供一人で学習する事が出来るので、共働き夫婦で子供の面倒をあまり見る時間がない方にも向いていると感じました。

勉強するのが苦手な子におすすめ

赤ペン先生の励ましや、楽しく学習できるしかけがあるため、自ら学習しようとしない子供にはおすすめです。元旦の朝から小学6年生の娘が何をしているかと思いきや進研ゼミを開いて勉強していました。この流れに乗って「元旦パパ塾する?」と言ったら元旦はやらないと。自主的な勉強はモチベーションが高いようです。やると決めていた勉強はするようだからです。

Youtube好きならハマるはず

勉強に対して興味ややる気はないけど、YouTubeを見るのが好きな子はおすすめできると思います。チャレンジタッチはタブレットを使用してYouTubeのような感覚で勉強ができるようなものになっています。「勉強」と聞くと壁は大きいと思いますが、「動画視聴」のついでに勉強ができるコンテンツだと思えばYouTubeが好きな子にはお勧めです。

タブレットに慣れてる子におすすめ

タブレットをある程度は操作できる子、タブレットに興味を持っている子におすすめします。子供は自分が興味を持っていることには自ら進んで取り組みます。タブレット慣れしている子はスムーズにとりかかれるでしょう。スマホやタブレット操作に慣れている私の息子がいい例で、すぐにのめりこんでいき、ぐんぐん学力が伸びていきました。

受験対策にもおすすめ

子供が中学受験を希望していたので、利用させました!タブレットで簡単に学習できたので、無事に志望校に合格できたのでかなり嬉しかったです!わかりやすい内容だったので、他の人にもおすすめできます! 幼い人にもかなりわかりやすく作られていたので、楽して成績を上げたいのなら利用するべきかと思いました!

共働きにおすすめ

自宅で5教科学習できるため、塾に通わせるよりも費用を抑えられる上、送迎などの時間や手間も掛からないため、共働きの保護者や他に習い事をしていて、自分のペースで学習したい子に向いていると思う。教科ごとにコースを設定できるため、得意科目は応用力を高め、苦手科目は基礎をしっかり固めるなど使い分けができ、教科によって成績に大きく差がある子にもピッタリだと思う。普段は国語と算数をメインに、テスト前だけ社会や理科も学習するなど、学習時間や内容を組み立てることができるのもメリット。タブレット学習で一回あたりの学習も短時間で終わるため、集中力が続かない子でも続けやすいと思う。

コンテンツが豊富なのが魅力

努力賞ポイントの商品が豪華で英語のオンライン学習をすることができるがよいです。また、オンラインライブ授業の内容も豊富でです。ほかにも学ぶために必要なたくさんの電子図書が読むことができ、応援ネットでスマホから子どもの学習状況の把握をしたい方にとってはおすすめできます。

先取りと予習復習がよい

学校で行われる授業を先取りできるので予習になるし、子供が一人で学べるので親が忙しくて子供の勉強を見ることが難しい人に良いなと感じました。自動添削があるだけではなく音声による解説があるので、ことも理解しやすく親にどういうことだと聞いてくることがほとんどなくなりました。子供が自ら学ぶスタイルをつけていきたい家庭にも良いと思います。

タブレット好きにはおすすめ

チャレンジタッチ6年生は、普段からタブレット学習に慣れている子供に特におすすめです。感覚的に操作する箇所が出てくるので、操作に時間がかかることがなくスムーズに学習に取り組めると思います。それから、毎日学習ができるような習慣を身につけられる子供の方が、嫌々ではなく自分からタブレット学習に取り組めると思います。

ざっくりすべてをまとめると、「チャレンジタッチ6年生コース」は、快適なデジタル学習なので、自発的に学びたいと思う子供、そして塾の補完や代替にしたい、と思っている人にとっては、魅力的で柔軟性のある学習となるのではないでしょうか。

【口コミ】チャレンジタッチ6年生がおすすめできない人

チャレンジタッチ6年生がおすすめできない人を実際に受講している方に聞いてみました。

具体的な口コミは以下にて紹介しますが、要約するとこんな方にチャレンジタッチ6年生はおすすめできない、といえます。

  1. タブレット、スマートフォン、コンピュータにあまり慣れていない子
  2. なにがなんでも勉強に取り組むことを好まない子
  3. 学習内容をより深く、かなり速いペースで進めたい子
  4. 自宅での自学習の習慣がない(=すぐに気が散ってしまう)子
  5. 15分程度の家庭学習時間がとれない家庭
  6. すでに自主学習能力がかなり高い、または自主学習意欲がかなり高すぎる子
  7. 自分で予定を立てて勉強を進めることが難しい子
  8. 家庭での自主学習に意欲がまったくない子
  9. より難関の中学受験を考えている家庭

ではそれぞれの口コミについて紹介していきましょう。

口コミ・評判

平均

4.5

スクロールできます

選択問題が多いのは高学年にはつらい

チャレンジタッチを小学校高学年におすすめできない理由としては「問題が選択式なので当てずっぽうで答えることがある」ところです。間違えた問題では解き直しがあり、おさらいをすることができるようになっているのてますが、分からない問題で当てずっぽうで正解してしまった場合では解き直しできず、そのままスルーしてしまいます。そのため、子供にちゃんと問題を理解して勉強させたい家庭には今ひとつおすすめできないかなと感じています。

ピッタリはまる子は少ない

飽きっぽい性格だったり、友達と勉強したいとか通いたいとか、通塾して先生に直接教えてもらいたいとか、ペーパーの方がスマホやタブレット嫌いでやりやすいとか、目を酷使したくないとか、こつこつ毎日机に向かえない、勉強出来ない、一人で勉強するのが苦手、受験を本格的に考えていて勉強したい人、スケジュールを立てられない人には向いてないと思います。

長時間のお勉強には向いてない

長時間の勉強を必要とする人や、端末操作が苦手な方、すぐにゲームやほかの事に気を取られる方はタブレットも息抜きにゲームがあるので、せっかくタブレットを初めてもゲームをして終わってしまう可能性があります。また長時間の勉強には向いていません。予習と復習には効果的だと思いますが、テスト勉強や書いて覚えるタイプの方には、タブレットだと勉強量が少ないと思われます。

浅い理解で進んでまいがち

理解したつもりで適当にどんどんと進んでしまう人、間違えた問題のやり直しをして、できた、わかったつもりになってしまう人にはおすすめしません。解説を聞いて解き直した時はわかったつもり、できたつもり、理解したつもりでいて、実際に類似問題に出会ったときにできないことが多い、また同じミスを繰り返していると感じました。

学習意欲がない子には向いていない

子供自身で家庭学習の意欲がないお子さんには向いていないと思います。保護者が無理に押し付けても成績は上がらないと思います。少しでも子どもの成長を感じ取ることができて、そこを褒めてあげたりしてモチベーションを上げることができない保護者には向いていないと思うし、もっと難関中学校を受験するには内容が足りないのではないかと思います。

飽き症な子には向いてない

飽き性な人や継続して行えない人にはオススメすることはできません。理由と致しましては、基本自学自習のスタイルになってしまうため、飽き性な人は一般的に自分で計画的に進めることが難しいケースがほとんどです。そのため進まないし飽きてしまう。けど料金は継続的にかかるし教材も増えてく、、なんてことになってしまうからです。

手で書いて暗記する人には向いていない

私は、問題集などを手で書いて暗記する人には向いていないなと感じました。タブレットに文字を書くと、少し汚い字でも、機械が正しいと判断すれば正解になってしまうので、実際にテストなどで、同じ問題が出たときに、紙に書くと正しい字がわからずに間違えるということがありました。紙に実際に書いて覚えられる人は、タブレット学習よりもテキストで、実際に書いて学習したほうが覚えやすいかもしれません。

勉強熱心ではない子供には不向き

あまり勉強熱心ではない子供には不向きかなと思います。タブレットなのでいろんなやり方を使えばYouTubeも見れるようなので勉強してるふりをして動画ばっかり見れてしまうなと思いました。また小テストみたいなものがあるが選択式の問題が多いので結構勘で正解することも可能なので適当に勉強出来てるかが分かりにくいのかなと思います。

高学年の教材としては物足りない

低学年では非常に優秀な教材だが、小学校も6年生くらいになると、タッチの性能に満足できなくなる傾向がある。反応が遅かったり、待ち時間が長かったり、解説が長すぎたりすると、イライラして「早く!遅い!もう嫌だ!」とブチ切れている姿が散見された。ゲーム機の素早さに慣れている子には、性能的に物足りないのかもしれない。赤ペンの報酬もいまひとつ欲しいものがなかったようで、子供によってはモチベーションの維持が難しいかもしれない。

勉強できる子ならわざわざやらなくてもいい

特におすすめができないという点はないですかね…ただちゃんと紙とペンで勉強できる子供はわざわざこれを使わなくてもいいんじゃね?という思いです。私の家の子供はバカだったので…あとポイントがなかなか溜まりづらいかもです。いい景品が欲しければかなり継続して使わないといけません。まあそれは商売なので仕方ありませんね。

自分を管理できない子にはおすすめできない

親に言われてやったり、自分自身で今の勉強に対して、不安を持ってない人は、持続的に続けるのが難しいと思います。また、勉強をしなければならないとわかってても、塾などで直接見て管理してもらわないと貯めてしまうとおもうかたは、塾などの方がいいと思います。コツコツと進めていく事が大切なので、自分自身で予定を立てて進められないと考える方は他の勉強法を選択すると良いと思います。

勉強してきた子には不向き

教材の内容は全体的に難易度があまり高くなく、子供によっては直ぐに解いてしまい学習をする教材がなくなるので、元々勉強を良くされるお子さんにはおすすめ出来ないかなと感じました。また、毎回付録があり子供の食い付きも良いですが、だんだんとその付録が溜まっていくので、自宅に収納が少なかったりあまり物を溜めたくない家庭にも向かないです。

意欲がありすぎる子供にはおすすめできない

学習量が少ない・物足りないため、学習能力がある子供や意欲がありすぎる子供にはおすすめできません。教科書準拠なので、家と学校で同じ勉強内容になります。能力的に高いお子さんは、学力的に物足りない、面白くないと感じてしまうかもしれません。家で予習していて「わかる」からと、授業をないがしろにしてしまっては困るからです。

苦手意識がない子には逆に苦痛になることも

もともと勉強に対して苦手意識がないような子にはおすすめできません。チャレンジタッチはタブレットを使用し、動画で勉強をするようなものになっているので、あまり勉強をしている感がありません。勉強が苦手な子にとっては、チャレンジタッチは進みも遅いですし、自分の手で書くようなことも紙に比べて少ないので達成感のようなものが少ないと思います。このようなことからあまり苦手意識がないような子にとっては逆に苦痛になると思います。

タブレットに慣れていない子にはおすすめできない

タブレットを扱い慣れていない子にはおすすめできないです。スムーズにとりかかることができないからです。子供にとってとりかかりは大事で、最初から難しくつまづくと楽しんで学習する気力がなくなってしまいます。まず勉強というより、タブレット操作を学ぶことから始まるので、その時点でやる気がなくなっていってしまうことが多いでしょう。

選択問題が多い

タブレット学習だと、どうしても記述問題よりも選択問題が多くなってしまうため、しっかり内容を理解できていなくても正解になってしまうことも多く、チャレンジタッチの魅力である、間違った問題を再度出して定着させるという機能がイマイチ活かしきれない。無料で読める電子書籍にばかり集中してしまい、肝心の学習のほうがオマケ感覚になってしまうこともあり、自室の親の目が届かないところでやらせようとすると、気がすぐに逸れてしまうため、自宅学習の習慣が身についていない子にはおすすめできない。

やる気がある子にはボリュームが少ない

お子さんによりますが更新がきて1週間以内にメインレッスン等の月の教材が終わることがあります。チャレンジは基本を中心におさえていく教材なので、どんどん勉強したいというお子さんにはボリュームが少ないと感じることがあること。また子どもの楽しめるコンテンツが多すぎることで学びライブラリーの本も読みだすと止まらなってしまう可能性があり、チャレンジタッチはしているけれど勉強しているのか遊んでいるのかが分からなくなってしまうので勉強とのメリハリをつける必要があるのでゲームを使って遊びたい方にとってはあまりおすすめができない。

理解できてなくても進むのがいまいち

子供が楽しみながら学ぶという感じではないので、元本的に勉強に対して苦手意識を持ってしまっている人には向いていないかなと思いました。選択肢の問題が多いので、理解できていなくても当てずっぽうで当たってしまうというのも良くないと思います。基礎からしっかりと学ばせて子供が楽しめるものが良い人には向いていないかなと感じました。

タブレットに慣れてない子には不向き

タブレットやスマホ、パソコンにあまり慣れていない子供は、チャレンジタッチ6年生は慣れるまで時間がかかる可能性があるのでおすすめできません。また、画面を見続けると疲れやすかったり、見えづらい子供には体調の悪化の可能性があるので、あまりおすすめできません。それから、毎日学習を続けるのが困難な子供には、学習効果が感じられない可能性があるので、あまりおすすめできません。

ざっくりと言えば、「チャレンジタッチ6年生コース」は、タブレットにあまり慣れていない、簡単に気が散ってしまう、より挑戦的なカリキュラムを必要とする、または自主学習に対する強い意欲がない子には理想的ではないかもしれません。

まとめ:チャレンジタッチ6年生の口コミは良好!まずは資料請求を

チャレンジタッチの評判と口コミをまとめてみました。

チャレンジタッチ小学6年生講座では、小学校で学んだ内容の総復習を行うこともでき、これにより中学進学のための自信がつきます。

忙しい6年生でも、部活動や他の習い事と並行して、ストレスなく学習を進めることができます。これは通塾の必要がないチャレンジタッチの利点ですね。

チャレンジタッチは50年以上にわたり信頼と実績を積み重ね、通信教育で利用者数No.1を誇っている進研ゼミの教材です。

スマートフォンから簡単に資料請求ができるため、入会する前に自分に合っているかを確認できる点も魅力の一つです。

小学生のうちに自宅での勉強習慣をつけることが、中学生活での学習に大きな利益をもたらします。気になった方はまず資料請求から始めてみてはどうでしょうか。

人気No.1タブレットで学ぼう

チャレンジタッチの特徴

小学生通信教育人気No.1

2022年無学年学習開始

誰でも楽しく家庭学習ができる

\タブレット無料キャンペーン中/

リンク先:https://sho.benesse.co.jp/

 

ABOUT ME
ちゃこ
ちいく村の運営者「ちゃこ」です。本業では特許を20件以上出願している研究者ママ♡子供のために20万円以上もつぎ込んで、全教材・通信教育を使ってきた知育オタクです。これまでも研究者目線で100人以上のママに通信教育を紹介してきました。子供の知育教材のことなら私におまかせください♪
我が家が選んだ教材はコレ
タブレット学習を幼児期からやるならスマイルゼミ

我が家で1番活躍してるのは
「スマイルゼミ」

20教材以上を検討して
毎日自主的に取り組み
お勉強するのが
好きになってくれたのは
スマイルゼミのおかげでした

スマイルゼミのおすすめポイント

ちいく村限定の
キャンペーンコードも配布中
お得に入会する方法はこちらです

10,000円の紹介特典

1,000円特典付きの限定
キャンペーンコードは
スマイルゼミの特設サイトから
資料請求でGET

ちいく村限定キャンペーンコード

10,000円の紹介特典や
初月受講費無料キャンペーンとも
併用可能です

最低でも約15,000円もお得

スマイルゼミに
1番お得に始める方法なので
ぜひチェックしてみてくださいね💕

資料請求で安く入会

スマイルゼミの特徴

タブレット1台で全科目学べる

教材が溜まらない&自動添削が楽

英語学習・プログラミングが学べる

\キャンペーンコードを貰おう/

特設サイトからの資料請求でギフト券GET

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です