通信教育

学研ことばパークは発達障害の子でもできる?

学研ことばパークは発達障害の子でもできる?
記事内にプロモーションを含む場合があります

学研ことばパークが発達障害の子でもできます。

ことばパークは学年や年齢に寄らず、子供のペースでお勉強ができ、発達障害の子には嬉しいマンツーマン指導もあります。

公式も発達障害の子でもできる学習と明言しており、学習内容もワーキングメモリの強化など、発達障害の子にも適した内容です。

本記事では、学研ことばパークが発達障害の子になぜ適しているのか、事例や口コミも紹介しながら解説します。

発達に不安がある子で学研ことばパークを検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

学研ことばパークは発達障害でも受講できる

学研ことばパークは、「聞く・話す・読む」力を磨ける国語のオンライン学習教材ですが、発達障害の子でも受講できます

ことばパークの公式にもその旨が記載されています。内容を要約してみましょう。

  • ことばパークは療育(発達支援)専門のプログラムではないが、発達度合いや能力に関係なく受講できる
  • 受講に際して不安がある場合は、体験レッスンで確認できる
  • 集団学習が苦手な子はマンツーマンコースも選択できる

ことばパーク基本的に発達度合いに関係なく受講できます。

幼児~小学生の子なら受講ができ、子供にあわせて進めていくのでお勉強が遅れ気味な発達障害のお子さんでも大丈夫です。

ただし、個人差があるので、念のため体験レッスンで確かめてから、受講する方が良さそうです。

学研ことばパークは発達障害によい理由

学研ことばパークは発達障害のお子さんにも評判がよいです。その理由を解説していきますね。

ワーキングメモリを鍛える学習ができる

ことばパークはワーキングメモリに働きかけるオンライン学習教材です。

ワーキングメモリとは、必要な情報を脳に一時的に記憶して、整理・処理すること。

発達障害の子はワーキングメモリの働きが弱いともいわれているので、この学習ができることから発達障害の子を持つ親御様の評判がよいのです。

具体的にどんな学習をするかというと、たとえば以下のような学習を進めていきます。

①先生が文章を読み上げる
②子供はお話をしっかり聞く
③先生がお話の内容について質問する

例えば、○○さんは誰にどんなプレゼントをあげたかな?

このような質問をします。子供は聞いた話を思い出して、答えを自分の言葉で伝えます。

①先生が文章を読むのを聞く
②子供が同じ文章を音読する
③文章が画面から消えて、問いかけされる

例えば、今のお話でクッキーを食べたのは誰だった?

このような質問に対して、お話を思い出して、自分の言葉で答えます。

これはあくまでも一例ですが、ことばパークのレッスンは「聞き取り」「文章読解」「言葉」のトレーニングに取り組み、ワーキングメモリを鍛えていきます。

聞いて、記憶して、アウトプットする能力は、発達障害の子が苦手としやすいので、発達障害の子にとってとても良い練習になります。

ちゃこ
ちゃこ
ワーキングメモリを鍛えていくと、発達障害の子も日々の行動に変化が出てくるかも。

マンツーマンコースがある

ことばパークにはマンツーマンコースがあります。マンツーマンコースは1対1のレッスンになり、お子さんの個性に合った形での受講ができます。

発達障害のお子さんの場合、他のお子さんと同じペースで学習を進めにくいケースもあるでしょう。それなら、マンツーマンコースでぴったり合った指導を受ければ、発達障害の子でも不安なく進めやすいです。

先生は丁寧にじっくりコミュニケーションを取ってくださるので、発達に障害があっても安心して自分のペースでお勉強ができます。

個別で先生といっしょに学ぶ学習ツールはあまりないので、オンラインで個別指導してもらえるのは、発達障害の子にとって重宝するのではないでしょうか。

オンラインだからマイペースでできる

ことばパークはオンライン国語学習塾で、オンラインならではのよさがあります。それがマイペースで学習できること。

実際の塾に通う場合は、自分のペースでは学習しにくく、周りに合わせていかないといけません。しかし、発達障害のお子さんではそれが難しいこともあるでしょう。

その点、オンライン学習塾のことばパークなら、慌てずにゆっくり学習できます。マイペースで1歩1歩進められるので、発達障害のお子さんでも対応しやすいですよ。

脳の処理能力を高める訓練ができる

ことばパークでは、脳の処理能力を高める訓練ができます。

ことばパークのレッスン中はペンや紙を一切使いません。先生の話を聞き、その内容を覚えておき、質問に答えるという形式のレッスンが続きます。

メモを取れば簡単にわかるかもしれませんが、あえてメモを取らず、脳の処理能力だけに頼るのです。発達障害のお子さんには簡単なことではないかもしれませんが、脳の力を鍛えるという点では、効果の高い学習法といえます。

実際、うちの子もことばパークを続けるうちに、学校で先生が言った連絡を家できちんと報告できるようになったり、学校の準備が一人でできたり、宿題忘れがなくなったり、子供の仕事力が向上したように感じます。

発達障害の子が苦手とすることを根本的に鍛えていけるので、発達障害の子におすすめのお勉強ツールといえます。

ちゃこ
ちゃこ
発達障害のお子さんも取り組みやすいから、ワーキングメモリを鍛えてあげたいという人は、まずは体験からやってみてね。

読解力が身に付く学研のオンライン学習

ことばパークの特徴

1回25分の集中講座

ワーキングメモリを育む

国語が苦手な子におすすめ

学研のオンライン学習【ことばパーク】

\無料で1回お試しできる/

無料体験レッスンはこちら

学研ことばパークに発達障害が取り組んで効果ある?

学研子供パークが発達障害にいい理由を見てみましたが、実際に取り組んでみて効果はあるのでしょうか。口コミを参考にどんな効果があったのかまとめていきます。

言葉や文章の理解力が高まる

発達障害の子がことばパークを続けて、言葉や文章の理解力が高まったという口コミがあります

うちの子も文章問題が苦手でしたが、学研のことばパークという、オンライン授業を半年受けて、だいぶ理解できるようになりました。発達に不安がある子でしたが、うまく続けられているので、このまま頑張る予定です。

「聞き取り」「文章の読解」「ことば」の3つのトレーニングで学んでいくことばパークは、言語力・コミュニケーション能力向上には最適なオンライン学習です。

発達障害にもいくつかの種類がありますが、LDと呼ばれる学習障害のお子さんの場合、読字障害や書字障害があります。読み書きができない子でもお話が聞けるならことばパークで学習を進められます。

言葉に触れ続けることで、文字の読み書きもできるようになってくるので、発達障害の子がやる価値はあるといえるでしょう。

じっくり考える力がつく

発達障害の子は集中力が乏しく、じっくり考えるのが苦手な子がいます。でも口コミを見ると、ことばパークの利用でじっくり考える力が身に付いてきたというコメントがありました。

ADHDの息子でも半年続いた学研ことばパーク。最初は大変でしたが、慣れもあって集中して取り組めてきました。最近は先生の問いに対してじっくり集中して考えることもできるようになり、成長を感じます。

ことばパークのレッスンは、記憶したことの中から答えをアウトプットする学習なので、じっくりと考えることが求められます。

発達障害のお子さんの場合、このじっくり考えるというのが苦手な場合もありますが、訓練することで、できるようになったようですね。

うちの子も2分ぐらい考え込んでしまったことがありますが、ことばパークの先生も丁寧に根気よくヒントを出しながら接してくれます。

ことばパークの質問と答え

オンライン学習だからこそじっくりマイペースで取り組めるのも、発達障害の子に適しているといえますね。

集中して勉強する習慣がつく

発達障害の子がことばパークを続けて、集中して勉強する習慣が身に付いたという口コミがあります。

集中力がまったくないうちの子ですが、発達が不安です。そんな中ワーキングメモリを鍛えたいために始めた学研ことばパークが思いのほか続いています。オンライン学習なんて絶対集中できないとお思ってましたが、体験では楽しそうに取り組み、飽きずに25分机に向かってレッスンできています。息子がこんなに集中して取り組んだお勉強は今までなかったので、よい効果が得られていると感じます。

ことばパークのワンレッスン時間は25分なので、お子さんの集中力が続きやすく、効率的に学習を進められる時間配分になっています。

発達障害のお子さんの中には、集中力が持続しない子も多いですが、そのようなお子さんも、ことばパークで学習する習慣を身に付けさせると、集中力が鍛えられるはずですよ。

学研ことばパークに発達障害が取り組む時の注意点

学研ことばパークに発達障害のお子さんが取り組む際は、注意していただきたいことがあるので、ここで解説しておきます。

子供が集中しやすい環境を整える

発達障害のお子さんは集中が途切れやすいことがあるので、ことばパークでの学習が順調に進むように環境を整えてあげましょう。ポイントはいくつかあります。

  • 机の前には何も貼らない
  • 窓の前には机を置かない
  • ことばパーク学習中は静かにしてあげる
  • 気が散るものを遮る

机の前にポスターなどが貼ってあると、勉強に集中しにくくなります。

また、窓の前は机を置く理想的な環境に思えるかもしれませんが、外に目が行ってしまい、ことばパークの学習がおろそかになる可能性もあります。机の置き場所も慎重に考えてあげましょう。

さらに当たり前といえば当たり前ですが、発達障害のお子さんがことばパークで学習している間は静かにしてあげましょう。

ワンレッスンはわずか25分。けっして長い時間ではないので、静粛な環境を作ってあげてください。

ちゃこ
ちゃこ
できるだけ周りはシンプルにして、集中しやすい環境を作ってあげてね。

先生に事前に発達障害のことを伝えておく

発達障害のお子さんがことばパークで勉強する場合は、先生に事前にその旨を伝えておきましょう

先生も発達障害のことを知らないと、通常のペースでドンドンレッスンを進めてしまうかもしれません。

発達障害のお子さんが相手だとわかっていれば、学習内容や学習ペースに配慮してくれるので、レッスン申し込み時に連絡しておきましょう。

横でフォローできるようにしておく

発達障害のお子さんが一人でことばパークに取り組むのが難しい場合もあります。そのようなときのために、お父さん・お母さんが横でフォローできるようにしておきましょう

わからない点があったときは丁寧に説明してあげる必要もあるはずですし、集中が途切れそうなときはサポートしなければいけないこともありえます。

親のフォローは発達障害のお子さんにとっても、とても大事なので、かならずいっしょにやってあげてくださいね。

ちゃこ
ちゃこ
親が横でフォローしてくれるとなると、発達障害のお子さんも安心して勉強できるはずですよ。

学研ことばパークは発達障害児も対応してくれる

学研ことばパークは無学年制で、子供にあわせてオンライン指導してくれます。

発達障害の子でも取り組みやすいようなマンツーマン指導もあるので、発達障害の子でもお勉強しやすいツールですよ。

学べる内容も学校のお勉強とは異なり、ワーキングメモリを主体に鍛える学習なので、発達障害の子が苦手な脳の処理能力を鍛えてあげることができます。

他の学習教材では学べないことを集中的に指導してもらえるので、ワーキングメモリ向上やコミュニケーション能力の向上を目指したい人は一度体験していてくださいね。

ちゃこ
ちゃこ
体験のなかでも子供のできないことやできることがわかったり、声掛けのコツを教えてもらったり、親も学べることがたくさんあるよ。

体験は自分の好きなスケジュールにあわせてでき、マンツーマンでも無料なので、ぜひやってみてくださいね。

読解力が身に付く学研のオンライン学習

ことばパークの特徴

1回25分の集中講座

ワーキングメモリを育む

国語が苦手な子におすすめ

学研のオンライン学習【ことばパーク】

\無料で1回お試しできる/

無料体験レッスンはこちら

 

ABOUT ME
ちゃこ
ちいく村の運営者「ちゃこ」です。本業では特許を20件以上出願している研究者ママ♡子供のために20万円以上もつぎ込んで、全教材・通信教育を使ってきた知育オタクです。これまでも研究者目線で100人以上のママに通信教育を紹介してきました。子供の知育教材のことなら私におまかせください♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です