ワンダーボックス

【失敗?】ワンダーボックスは何歳から?3歳児が先取り受講した結果

ちゃこ
ちゃこ
この記事ではワンダーボックスを3歳児が先取り受講した感想を正直にお話しするよ!
  • ワンダーボックスは何歳からやるべき?
  • いつから受講できる?
  • 3歳児でも先取りできる?
  • 早くから始めると難しすぎるかな?

こんな疑問をスッキリ解決します。

ワンダーボックスの基本情報
対象年齢 4歳~10歳
(年中~小学校5年生)
月料金 3,700円
教材内容
  • 知育アプリ
  • 家に届くキット
  • 知育ワーク
特徴
  • アプリと玩具の融合
  • 知育特化教材
  • IQupがコンセプト

こちらの表のように
ワンダーボックスは4歳からの教材です。

でもうちの娘は3歳から
先取りして受講させてますが

3歳児が先取りしてワンダーボックスに取り組む姿

めちゃくちゃ楽しく取り組めています♡

ちゃこ
ちゃこ
ワンダーボックスは問題を解くというより、を使って遊ぶ!がコンセプト♪だから3歳児でもできる内容はいっぱいあったよ♪

とは言え、やはり難しくてできない問題ももちろんありました。

ちょっとここは微妙・・・
というポイントもあったので

この記事では、これからワンダーボックスを先取りして検討したい人のために、以下の3点について正直にお話しします。

  • 3歳児が先取り受講した正直な感想
  • できる問題とできない問題を公開
  • 受講するポイントと注意点
ちゃこ
ちゃこ
先取り学習はリスクもあるから、私の体験談を受講前の参考にしてね♪

4歳以上の方で、ワンダーボックスについて詳しく知りたいという方は、【口コミ・評判】ワンダーボックスの知育効果は?メリット・デメリットを完全解説の記事をご覧ください。

1年受講して感じた効果など、詳細にまとめた人気記事です♡

3歳から始めたいという方は、この記事をじっくり読んで検討してあげて下さい。取り組むコツや注意点までまとめています。

入会は、ワンダーボックス公式サイトからすぐにできます。紹介コードを使った入会は今1番割引されて入会できる手段なので、少しでも安く入会したい方は、利用してくださいね♡

紹介コード:Zi4NZC4ha3Xt

今すぐ紹介コードを使って入会する

ワンダーボックスの資料請求レビュー記事もオススメです♪

ワンダーボックスは何歳から?3歳児が先取り受講した結果

ワンダーボックスで届いた教材

脳の90%は6歳までに完成

これは有名な話ですよね。

すでに多数の研究で証明された紛れもない事実です。

ちゃこ
ちゃこ
だからこそ色んな事に挑戦させてあげたいよね♪

ワンダーボックスは4歳からの教材ですが、そんな気持ちで我が家はワンダーボックスを3歳から受講しました。

SNSでも3歳から実践している人は、ちらほらいました。

この子は凄いレベル高いですね(笑)

大人も子供も楽しい教材なので、実際に取り組んでみた感想を正直にお伝えしていきますね♪

家に届くキットは3歳児でもできた

シェイピーとビッグペーパーで遊ぶ様子

最初に届いたのはシェイピーという、色や形が異なるパズルのような知育玩具。

ビッグペーパーという、大きなシート上で自由に作って楽しんでます。

はりー
はりー
創意工夫力を鍛えられるいい知育玩具だよね!

「自分で考えて作る」が、自然に身に付く良い教材でした♪

レベル別(★1~★4)に、「思考力を鍛えるシート」がついていて、さらに考える力を刺激できます。

レベル①の問題
シェイピーで作った形レベル①
ちゃこ
ちゃこ
レベル①は3歳でも余裕だったね♪

この辺は3歳児でも全然できると思います。

レベル③の問題
シェイピーレベル③

これは雲をピースで隠す、という問題。

レベル③も問題の意味を教えてあげれば、ちゃんとできました♪

レベル④の問題
ワンダーボックスシェイピーの高難度シートレベル④

これはレベル④の問題。

これは全然できなかったですね。
とりあえず並べてはいましたが(笑)

【同じ色がつながるように並べる】
これは正直大人でも難しいです。

このようにワンダーボックスは、何歳から始めても対応できるように難易度が幅広く設定されています。

ちゃこ
ちゃこ
計算問題とかじゃないからできなくてもOK♪トライして考える事が大事だと思って取り組ませているよ♡

3歳児にこそやらせたい知育が充実

こちら今受講したら届く
最新のキット(7月~9月号の内容)

ワンダーボックス7月号

折り紙って知育にいいの知ってるけど
3歳児には難しくない?

こんな風に思っていませんか?

私も折り紙を教えるのが下手なので、うまく教えてあげられなかったのですが、ワンダーボックスはそんな折り紙も、楽しく取り組める工夫がいっぱいありました。

ワンダーボックスの折り紙キット わかりやすい

こんな風に「線」や「★マーク」がついていて、折るべき所がわかるようになっています。

作ったモノのイメージも付きやすいので、3歳児でもこんなのが作れました。

ワンダーボックスペーパーラボの折り紙完成品
ちゃこ
ちゃこ
こうなると折り紙楽しい!!ってなるからどんどん前向きにやってくれるよ♪

さらに!それだけじゃなくて、以下のようにステップを踏んで遊んでいけます。

  1. 順番に取り組む
  2. 説明を見ながらに取り組む
    (3歳だと読んであげる必要あり)
  3. できたものを観察して考える
説明に合わせて作る
ワンダーボックスペーパーラボの折り紙 工程を学ぶ
できたものをぴったりの場所に置く
折り紙完成後に考える

このように折り紙を通して、「ものを作る楽しさ」と「工程」を学ぶ事ができました。

ちゃこ
ちゃこ
普通の折り紙よりも楽しいし、レベルも色々あるから良い知育になってるよ♪

ちなみにハイレベルコースもあって、私も作れる自信がありません(笑)

ペーパーラボの高難度問題

正直3歳児には全然無理でした。(というか4歳でも無理)

でも教材を置いとけば、もう少し大きくなっても取り組めるし!って考えればかなり長く使える教材です。

ちゃこ
ちゃこ
アプリもキットも応用問題は6歳~10歳向けだからね!挑戦も良し、後からやるのも良しだから柔軟に取り組めるばOKだよ♪

入会は、ワンダーボックス公式サイトからすぐにできます。紹介コードを使った入会は今1番割引されて入会できる手段なので、少しでも安く入会したい方は、利用してくださいね♡

紹介コード:Zi4NZC4ha3Xt

今すぐ紹介コードを使って入会する 

アプリもできる物だけやっていくスタイルでOK

ワンダーボックスアプリTOP

ワンダーボックスのアプリは、めちゃくちゃ数が多いです。

シンクシンクの進化版の教材なので、アプリの数も比較にならない程あります。

シンクシンクとの違いはこちら

はりー
はりー
全然飽きずにやれるよ!子供にとっては楽しいゲームだからね♪

めちゃくちゃ難しい(私が悩む程)問題もありますが、幼児専用のアプリもあるので大丈夫です。

ワンダーボックス運筆訓練ができるアプリ

例えばこれは、フクロウを指で動かして進むゲーム。

ちゃこ
ちゃこ
3歳児こそ運筆訓練はやるべき知育!鉛筆やお箸の基礎になる学びだよ♪

普通の迷路より、「何かを動かす」要素が入っているので、集中力や指のコントロールが必要です。

ちゃこ
ちゃこ
これのおかげかわかんないけど、お箸やお絵描き、ひらがなも上手になってきたからやっぱり運筆は大事♪アプリだから何回でもできるしね♡
ワンダーボックス立体の問題

これは立体の問題。
左右のブロックの数の違いを答えます。

「どっちが何個多い?」と問いかけましたが、ちゃんとできました(驚)

ちゃこ
ちゃこ
これは実はすごい良問なんだよ!
  • 小学校苦手No.1の立体を学べる
  • 感覚的に足し算引き算の基礎を学べる

立体の学びに加えて、多い少ないを感覚的に捉える【数の概念】まで学べます。

ちゃこ
ちゃこ
できないと思ってたけど、ちゃんとできてて結構びっくりした♡

計算をうまく教えるコツは、計算させない事。感覚的に多い少ないを数字でつかむ。

これが計算のできる子に育てるコツと言われてますが、むずかしいですよね。

ワンダーボックスなら基礎科目の学びはないですが、しっかり基礎的な考え方は学んでいく事ができますよ♡

はりー
はりー
繰り返しドリルで計算をやる子より、こんな学習の仕方の方が間違いなく「あと伸び」するよ♪3歳からでもできるから、地頭力を鍛えてあげたい人は、検討してあげてね♡

 

ワンダーボックスアプリ 似ている所を探す問題

これは左右の共通点を自由に想像する課題です。

これだと【氷がある】【青い】とか答えてました。

でも・・・

ワンダーボックスの文字入力アプリは難しい

答えの入力が文字入力なんですよね!これはさすがに3歳には無理(笑)

まぁ入力はできなくても、考えてくれればOKなんですが、この辺は3歳児には難しい問題ですね。

ワンダーボックスはこのような「答えのない課題」が多いので、まずは考えさせる事を重視すればOKです♪

ちゃこ
ちゃこ
遊びながら勝手に地頭が鍛えられていく感覚だよ♪ちゃんとできる事が増えてくるから3歳からなら一緒に取り組んであげてね♡

「ワンダーボックスやってみたい!」という方は、まずは無料体験してみてくださいね♪

無料体験はワンダーボックス公式サイトから資料請求すればOKです。アプリは当日から、キットは1週間以内に届くので、先取り予定の人は、まずお試ししてみてくださいね♪

1番難しいのはハテニャンのパズルノート

ハテニャンのパズルノート

ワンダーボックスを先取りして1番難しい!と感じたのはハテニャンのパズルノートでした。

これは【作問】までやるワークなんですが、流石にいきなりは無理でしたね。

でも数を数えながらやる迷路や

数を数えながらやる迷路

監視カメラに見つからないように進む迷路など

ハテニャンのパズルノートの迷路

普通の知育教材よりも、視点の違う学びができて満足です♡

ハテニャンのパズルノートの作問

これはシールを貼って、ジャンプ台を設置しゴールを目指す迷路を作る作問の問題です。

できるようになるまで結構掛かりましたが、ちゃんとゴールできるように迷路を作れるようになりました♡

 

ワンダーボックスを3歳にやらせてみて、1番よかったのは

楽しみながら
ちゃんと頭を使ってる事

他のワークだとじっくり考えるって、中々ないですよね。

でもワンダーボックスだと、本当に楽しそうに考えてくれてます♪

ちゃこ
ちゃこ
最初はちょっと難しいかなって思ったけど、少しずつできるようになってきたよ♪やっぱり挑戦させる事も大事だよね!

入会は、ワンダーボックス公式サイトからすぐにできます。紹介コードを使った入会は今1番割引されて入会できる手段なので、少しでも安く入会したい方は、利用してくださいね♡

紹介コード:Zi4NZC4ha3Xt

今すぐ紹介コードを使って入会する 

ワンダーボックスに3歳から取り組む際の注意点

ワンダーボックスを先取りする際の注意点

ワンダーボックスを先取りして感じた注意点は3つあります。

ちゃこ
ちゃこ
これから検討する人は要注意ね♪詳しく解説するよ!

ワークは後からでもOK

ハテニャンのパズルノートは、正直最初は難しすぎました。

ハテニャンのパズルノートはルールの把握が難しい

ルールを理解するのが難しくて、ほっとくと謎の迷路が出来上がります(笑)

だから最初はアプリとキットで、ワンダーボックスに慣れる

できるとこからワークを進める

ワークに限らずですが、ワンダーボックスは基本こんな感じでやります。

ちゃこ
ちゃこ
子供のペースでゆくっりやっていけば大丈夫♪少しずつできるようになってくるから、先取りしてれば年中の頃には、さらにレベルアップしてるはずだよ!

写真アプリはシェアできるので注意

ワンダーボックスはカメラを使ってミッションをクリアし、その画像をシェアすることができます。

画像はアプリ内でシェア可能で、色んな人の作品を見る事ができます。

3歳児から始める場合は訳も分からず、アップしてはならない写真をアップしちゃう可能性があるので要注意。

一応送らないようにできるので、設定するか一緒にやってみてあげましょう。

ミッションハンターの作品

ちなみにこの画像は、ボス(クマ)より重い物を撮影せよ!という課題。

アンパンマンを車に乗せて、ちゃんと撮影できてました♪

なんでアンパンマンと車にしたの?と聞くと

「アンパンマン乗せた方が重そうでしょ!」とちゃんと考えて取り組めてました♪

娘はシェアしたいみたいなので、うちの場合は私と一緒にいる時は、シェアしていいルールにしてます。

ちゃこ
ちゃこ
ワンダーボックスはデジタルを応用する情報リテラシーも学べるんだよ!これからの時代には必要な事だから、早くから正しい知識を教えていきたいね♪
情報リテラシーとは、情報を応用する力の事。タブレットを通して情報を共有したり、発信したりする事を学べます。

専用タブレットがないので他のアプリを制限

タブレット学習のデメリットでもあるのですが、ワンダーボックスはiPadでやるので、Youtubeやインターネットを使うリスクがあります。

ちゃこ
ちゃこ
うちの場合はいらないアプリは消してるよ!知育アプリだけにしてるから安心♪

iPadは子供の誘惑がたくさんあるので、不要なものは消すかどこかにまとめて置くとよいです♪

入会時は年齢を偽らなくてもOK

ワンダーボックスを先取りする際は、別に年齢を偽る必要はありません。

普通に3歳児として入会しても、注意表示は出ますがちゃんと入会できます。

ちゃこ
ちゃこ
その辺は柔軟に対応してくれるよ♪

ワンダーボックスは3歳からでもOK♪質のいい知育で賢く育てよう

ワンダーボックスは3歳児でもできる!先取りして自由な発想力を育もう

冒頭でもお話ししましたが、脳は90%が6歳までに完成します。

幼児期は人生の中で、最も脳が活性化する天才期。

ひらがなや数字の学習も大事ですが、地頭を鍛えてあげる方が「あと伸び」する子に育ちます。

もしあなたの子供が、以下のような子の場合なら、ワンダーボックスはぴったりの教材です。

  • ひらがなや数字は結構できる
  • 幼稚園に通っている
ちゃこ
ちゃこ
うちもそうなんだけど幼稚園児こそやるべき教材だよ♪基礎学習はどうせ幼稚園で習うしね♡

最後にワンダーボックスを3歳から実践する、ポイントをまとめておきます。

  • できる問題だけやっていけばOK
  • 子供の好きなように取り組ませてあげる
  • 考える、取り組む事を重視する
  • フォローが必要な場面は多いので放置はしない

3歳児には難しい問題も、もちろんありましたが

とにかく楽しくやってくれてる!

これが全てなんですよね。

楽しく取り組める仕掛けが沢山あるので、ドンドンできるようになってきています♪

ちゃこ
ちゃこ
まだ4か月だけど知恵がついてきた実感はあるよ!難しい折り紙も一人でできるようになってきたし3歳児からの方が成長は実感できやすいかも♡

入会は、ワンダーボックス公式サイトからすぐにできます。紹介コードを使った入会は今1番割引されて入会できる手段なので、少しでも安く入会したい方は、利用してくださいね♡

紹介コード:Zi4NZC4ha3Xt

今すぐ紹介コードを使って入会する

ワンダーボックスに関する記事は他にもあるので、詳しく知りたい方は、以下の記事もみていってくださいね♪

ワンダーボックスの解約についてチェックする

1年受講した効果・デメリットを見る

 

タブレット学習については、たくさん記事を書いているので併せてご覧ください。

トップページはこちら

ホームボタン
ABOUT ME
ちゃこ
ちいく村の運営者「ちゃこ」です。本業では特許を20件以上出願している研究者ママ♡子供のために20万円以上もつぎ込んで、全教材・通信教育を使ってきた知育オタクです。これまでも研究者目線で100人以上のママに通信教育を紹介してきました。子供の知育教材のことなら私におまかせください♪
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です