通信教育

タブレット学習のデメリットを解説!紙教材よりもメリットがあるって本当?

タブレット学習のデメリットを、実は文部科学省が発表しています。

視力への悪影響、ドライアイになりやすいこと、騒音性難聴になるかもしれないこと、姿勢が悪くなることをタブレット学習のデメリットとして挙げています。

一方で、実際にタブレット学習をしてみて感じたデメリットは、ゲーム性が強く遊び中心になってしまうこと、紙に書く習慣がつかないこと、粘り強く考える癖がつきにくいことです。

今回はそんな「タブレット学習のデメリット」について紹介していきます。

紙教材と比べたタブレット教材のメリットや、タブレット学習のデメリットを解消する方法、デメリットを踏まえたタブレット教材の選び方も紹介するので、ぜひ最後までチェックしてみて下さい。

タブレット学習教材のデメリット

タブレット学習のデメリットは、文部科学省が発行している「児童生徒の健康に留意して ICTを活用するためのガイドブック」にいくつか書かれています。

児童生徒の健康に留意して ICTを活用するためのガイドブック

文部科学省のガイドブック内で、タブレット学習のデメリットとして挙げているのは健康面です。

タブレット学習をすることによって体に不調が出てしまうかもしれないと指摘し、それを未然に防ぐための方法が書かれています。

ちゃこ
ちゃこ
ここからは「児童生徒の健康に留意してICTを活用するためのガイドブック」に書かれているタブレット学習のデメリットを紹介していくね♪

タブレット学習のデメリット1.視力への悪影響

タブレット学習の利用は視力への悪影響が考えられるため、学習環境における明るさやタブレットと自分の顔との距離を気をつけるように、とガイドブックに書かれています。

タブレット学習の視力への悪影響

また、タブレット機器はブルーライトを発しており、これもタブレット学習のデメリットの1つとして挙げられています。

ブルーライトは明確に視力に悪影響が出るという研究結果は出ていないものの、十分に注意すべき存在である、とガイドブックでは位置づけしています。

このような視力への悪影響はタブレット学習におけるデメリットとして、1番懸念すべき要素なので、ときには眼科医のアドバイスを受けるなどして最大限の注意を払うべきだとガイダンスされています。

タブレット学習のデメリット2.ドライアイ

集中してタブレット画面を見続けるタブレット学習は、ドライアイになりやすいとガイドブックにて指摘されています。

ドライアイになってしまうと充血・疲れ目・目がしょぼしょぼするなど、タブレット学習以外の普段の生活に悪影響を及ぼしてしまいます。

だからこそ、タブレット学習をするのであればドライアイに最大の配慮するように、とガイダンスされているのです。

なお、授業でタブレット学習を使う際は1時間以上行う事はせず、必ずその間に休憩を入れるようにすべきとしています。

タブレット学習のデメリット3.騒音性難聴

タブレット学習でヘッドホンをつなげて音を聞く場合、あまりにも大音量で聞いていると騒音性難聴を発症してしまう、とガイドブックでは指摘しています。

85デシベル以上の大音量を聴き続けていると、騒音性難聴を発病する可能性が高まるので、ヘッドホンをつけずにタブレット学習をするか、少し小さめの音量で聞くべきだとアナウンスしています。

ヘッドフォンをつけてタブレット学習する様子

なお、騒音性難聴を発症してしまうと今までのような聴力が回復しないため、タブレット学習をする際は子供ではなく親・教員が音を大きくしていないかを常に確認すべきです。

タブレット学習のデメリット4.姿勢が悪くなる

タブレット学習をしているとどうしても姿勢が悪くなりがちなので、タブレット学習を指導する親や教員は姿勢が悪くならないように最大限の注意を払うべき、とガイドブックに書かれています。

タブレット学習をする際、タブレットの置き方よりもタブレットとの距離や姿勢が大事であり、タブレット学習を実際に取り組む前に必ず姿勢について指導すべきだ、と書かれています。

タブレット学習に取り組む際の姿勢

姿勢が悪くなってしまうと自然的に画面に近くなって視力も悪くなりますし、良い事はありません。文部科学省のガイドブックが姿勢の悪さについて懸念を払うのは、当たり前と言えば当たり前ですね。

タブレット学習を実際に受講して感じたデメリット

タブレット学習を実際に受講して感じたデメリットを紹介します。文部科学省が懸念しているタブレット学習のデメリットとはまた違ったデメリットがありましたので、シェアしておきます。具体的には以下の通りです。

タブレット学習教材のデメリット

  • ゲームが多く遊び中心になる
  • 目が悪くなる
  • 紙に書く習慣がつかない
  • 粘り強く考える癖がつきにくい
  • タブレットの感度が悪いと書きにくい
  • 学習量が子供の自主性に依存する

簡単にまとめるとこのようなデメリットがあります。我が家も実際にタブレット学習教材を使用しているので、使ってわかったデメリットを正直に紹介していきます。

ゲーム性が強く遊び中心になる

タブレット学習の種類にもよるんですが、紙教材と比べるとどれも「ゲーム感」が色濃く出ちゃいますよね。

タブレット学習教材の着せ替えゲーム

タブレット学習をやらせていると、しっかりお勉強しているかどうかが結構気になります。勉強しているフリして遊んでる!なんて事もあるかもしれません。

まず、専用タブレットがない教材は要注意です。iPadなどでやるタブレット学習教材のことですね。専用タブレットがないと、以下のように子供の集中力を乱す原因が沢山あります。

  • 他のアプリができる
  • インターネットができる
  • Youtubeが見れる
はりー
はりー
特に最近の子は扱いにすぐ慣れるから気をつけないとだよ!

専用タブレットがある教材の場合、基本的に教材内容以外の事ができなくなっているので、その点は安心できます。

iPadでやらせる場合は、事前にアプリやインターネット検索のアイコン等を消しておくとよいですね。

実は教材によっては、ゲーム自体がない物もあります。例えば、進研ゼミのチャレンジタッチは、ゲームが多く子供が夢中になれるタブレット教材の代表です。

チャレンジタッチ ゲームで九九を学ぶ

チャレンジタッチもやってみましたが、こんな感じで「遊びながら賢くなる」のがコンセプト、というのがすぐにわかりました。

一方で、RISU算数はほぼゲーム感はなく、タブレットにしては淡泊な雰囲気。実際の問題の一例もこんな感じです。

RISU算数のシンプルな問題

このように教材によってゲーム性が異なるので、検討段階であらかじめ確認しておきましょう♪

ちなみにチャレンジタッチはゲーム感覚でお勉強が進められるので、子供が「お勉強好き」になりやすいです。

チャレンジタッチの学習の雰囲気

子供が勉強に前向きに取り組む事は、お勉強を伸ばすためにはとても大事な事です。

子供が勉強してくれない!全然楽しそうにしてくれない!という方は、まず子供が食い付く教材で、お勉強の楽しさを学んでいくのも選択肢の1つですね♪

お勉強の楽しさをまず教えてあげたい!という方は、チャレンジタッチから検討するのがおすすめ。以下の流れに乗せて、一気に伸びる子も多いです。

  1. 前向きにお勉強する
  2. 勉強がわかるようになる
  3. 勉強が楽しくなる
  4. 自分から勉強するようになる
  5. 成績が伸びる

子供の勉強で1番躓くのは①番ですが、チャレンジタッチならこの①~⑤がスムーズに進められます。

特に低学年の頃はこの工程が極めて重要なので、お勉強に積極的じゃない子はまずチャレンジタッチを検討してみて下さいね♪

チャレンジタッチは入会も資料請求も、進研ゼミ公式サイトからすぐにできます。

ちゃこ
ちゃこ
勉強が苦手って子にはおすすめの教材だよ♪まず動機づけさせたいって人は検討してあげてね♡

\お得な入会特典は見逃し厳禁/

 

次に子供の食いつきが良い教材としては、ワンダーボックスがあります。ワンダーボックスは、進研ゼミのようなお勉強教材ではなく、知育アプリで、遊びながら地頭を鍛えるのがコンセプトの教材です。

こんな感じで一見「ゲーム」なんですが、めちゃくちゃ賢くなれる知育アプリがたくさんあります。

はりー
はりー
チャレンジタッチもワンダーボックスも今大人気の教材だよ!「ゲーム性が強い=デメリット」じゃないから、この点も踏まえてお子様に合う教材を検討してあげてね♪

目が悪くなる

文部科学省が挙げたタブレット学習のデメリットにもありましたが、有名なのが視力の低下です。文部科学省の統計データを見ても、確かに子供の近視が増えています。

子供視力推移引用:ロート製薬

ロート製薬のデータでも、このように少しずつ子供の目が悪くなる時代になってきています。

まだ科学的に完全に証明されたわけではないですが、ブルーライトは目に悪いと言われているので影響がゼロではなさそうですね。

基本的にはタブレットから出る「光」がよくないので、演出が派手な順にタブレット教材を並べてみました。

タブレット教材の演出の派手さ

  • チャレンジタッチ
  • デキタス
  • ワンダーボックス
  • スマイルゼミ
  • すらら
  • Z会
  • RISU算数

単純に演出の派手さで並べると、こんな感じでした。

チャレンジタッチはとてもいい教材なんですが、やはり心配な声も多いんですよね。

ちゃこ
ちゃこ
淡泊すぎて子供がハマらなくても微妙だし、バランスが難しいね!

心配な人は紙教材を検討するのも、ありだと思います。

チャレンジタッチとオリジナルを徹底比較した結果

タブレット学習で検討するなら、個人的には・・・

このあたりが、「子供のやる気」と「演出の派手さ」のバランスが良いと感じています。すららは、発達障害の子向けの教材で料金も高いので、特定の子には良いですが、万人受けする内容ではないです。

1番演出が淡泊だったのはRISU算数。RISUは余計な演出や派手な光を極力抑えた設計にする事で、ブルーライトの影響を最小化していると公式でも発表しています。

RISUでは、お子様の大切な目の安全に最大限配慮し、ブルーライトを軽減する配色に加え、一般のタブレット教材によくあるゲーム類も一切ありません。

また、先取りをしているお子様でも1日の平均学習時間は15分未満。目が疲れにくい範囲で、集中して取り組むめる仕組みになっています。

引用:RISU Japan

ブルーライトは少ないに越したことはないですが、個人的には一日数十分しかしないタブレット学習でそこまで気にしなくてもいいのではないかと思います。

気になる人は、ブルーライトカットフィルム等も検討してあげて下さいね♪

紙に書く習慣がつかない

タブレット学習教材をやっていると、やはり紙に書く習慣が疎かになりがちですね。

口コミで紙教材をやらなくならないか心配!という声もあります。特に幼児期では「運筆」の練習が大事なので、タブレット1本でやるのは少しリスキーですね。心配な人は、紙教材も検討してあげてください♪

おすすめの紙教材

下記教材名から詳細記事へ飛べます。

ただ、「文字を書く」という点においては、タブレット学習は物凄いスピードで習得していけます。次の動画はスマイルゼミで文字学習する様子です。

  • ナビがわかりやすい
  • 何度でも繰り返しできる
  • 書き順も理解しやすい

このようにタブレットならではの特徴を活かして、文字自体はとっても理解しやすいです。

ちゃこ
ちゃこ
うちはタブレット教材で文字の練習もしてるけど、お手紙を沢山書かせて紙に書く練習もちゃんとやっているよ♪
3歳児が書いたお手紙

3歳児ながら、こんな手紙も書けるようになって来ました♡どんな教材もメリット・デメリットがあるので、タブレット学習教材を使うならデメリットはきっちり補填させてあげたいですね♪

粘り強く考える癖がつきにくい

タブレット学習教材は良い意味でも悪い意味でも、とにかくわかりやすいです。どんな子でもできるようにヒントや誘導が多いので、粘り強く取り組むという力は紙教材に劣ると感じます。

その分、スムーズに取り組めるのでお勉強のやる気を出すという点においては超優秀です。

ちゃこ
ちゃこ
この点も子供の性格とかも考えて決めてあげてね♪

やる気が優先なら、まずがチャレンジタッチから検討すれば間違いないです。チャレンジタッチが気になる方は、進研ゼミ公式サイトから入会や資料請求してみてくださいね♪

タブレットの感度が悪いと書きにくい

タブレットの感度が悪いと書きにくいというのも、タブレット学習のデメリットと感じました。

専用タブレットの場合は、ペンも一緒についています。例えばこちら、上がスマイルゼミのタッチペン、下がRISU算数のタッチペンです。

スマイルゼミとRISU算数のタッチペンを比較

先を見てもらえばわかるんですが、スマイルゼミはとがってますよね♪これがめちゃくちゃ書きやすいんです!

先が丸くて柔らかいのは【書く感覚】が鉛筆と異なるので、ペン先は細く硬いものの方が良いですね。

手のひらをついても書ける

引用:スマイルゼミ

しかも、手がついても書ける特許技術を搭載しているので、書きやすさという点においてはスマイルゼミが圧倒的です。

はりー
はりー
専用タブレットがない教材は市販のペンを買う必要があるよ♪安いペンだと書きにくいから市販品でやる場合はお金かけたい所だね!

学習量は自主性に依存してしまう

タブレット学習教材に限らずですが、やはり家庭学習教材なので、ある程度は子供の自主性に勉強量が依存しちゃいます。

ちゃこ
ちゃこ
教室通いの塾だと必ず決まった時間は勉強するからね!

強制力はないのがデメリットですが、やる気にさえなってくれれば塾よりも学習時間が増える子もいます。塾と比べると強制力が少なく感じますが、紙教材と比較すると・・・

  • 何度も繰り返しできる
  • 子供自ら取り組んでくれやすい
  • 躓きにくく、自分で進めやすい

このような点がタブレット教材の特徴です。

うちの娘の場合ですが、タブレット学習教材を導入してからおうちでの勉強時間は大幅に伸びました!

スマイルゼミで勉強する娘

毎日自分から「お勉強する!」って言ってくれるようになったので、うまくハマれば勉強時間を伸ばす事もできます♡

ちゃこ
ちゃこ
合う合わないがあるからね!事前にお試ししたりしながら確認してあげてね♪
ここにタイトルを入力

スマイルゼミをお試し体験する方法

塾も紙教材もそうですが、どんな教材もデメリットがあります。タブレット学習教材にもデメリットがありますが、反面メリットも沢山あります。

ちゃこ
ちゃこ
メリットも把握した上で子供にやらせてあげるかどうか決めてあげてね♪

紙教材のデメリットとタブレット学習のデメリットを比較

紙教材とタブレット学習のデメリットを比較しました。

紙教材のデメリット
  • 子供が飽きやすい
  • 教材が家に溜まる
  • 一度やると復習しにくい
タブレット学習のデメリット
  • 遊び要素が多い
  • 健康面が心配
  • 考える力が身に付きにくい

デメリットを簡単に比較すると、こんな感じです。

ちゃこ
ちゃこ
何となくイメージできるかな?実際に両方やってみて感じたデメリットだよ!

紙教材は、親目線では教材が溜まっていくのがきついです。教育面で見ると復習しにくいのが大きなデメリットですね。

タブレット学習は遊び要素が多く、考える癖もつきにくいデメリットがありますが、うまくやれれば、家庭での学習時間が伸びていきます。

次はタブレット学習教材のデメリットを解消する方法をお話ししていきますね。

タブレット学習教材のデメリットを解消する方法

タブレット学習教材のデメリットを解消して、上手に使いこなす方法をお話しします。

ちゃこ
ちゃこ
我が家で取り組んでいる具体例をお話しするね♪

必ず時間を決める

タブレット学習をする時は必ず時間を決めてやりましょう。時間を決める事で・・

  • 集中して勉強に取り組める
  • 学習する習慣がつく
  • 健康面の不安もなくなる
  • ゲームをしてても区切れる

このように時間を決める事は、子供にとっても非常に大事な事です。ゲームがある教材は親側で設定もできます。

はりー
はりー
ダラダラやっても飽きちゃうしね!長ければいい物でもないよ!

うちの場合は、夜ごはんの後に20分させています。

ちゃこ
ちゃこ
同じ時間にやると習慣化できるよ♪幼児~小学生の頃に習慣付けさせてあげてね!

楽だからといって放置はダメ

中学生ぐらいになると、ある程度放置になると思います。しかし、幼児~小学生の場合は、時折ちゃんと見てあげて下さい。

正解するとタブレットが褒めてくれたりしますが、やはり【できた!】の実感と自信は親に褒められて感じる物です。

こちらにわかりやすく勉強習慣をつけるコツを図解しました。

勉強習慣をつけるコツ

このように、問題を解く楽しさを知る(動機づけ)→お勉強が好きになる・自信がつく→勉強の習慣がつくという3STEPが大切です。そのためにも【褒める】は大切なので、ちゃんと子供のお勉強は適度に見てあげましょう♪

ちゃこ
ちゃこ
もちろん、姿勢が悪くなっていないか、無理はしていないかなど健康面のチェックも怠らないにね!

環境を整えてあげる

タブレット学習を存分にできるための環境を整えてあげることも大事です。

タブレット学習教材は、紙教材と違ってどこでもできてしまいます。旅行先や車でもできる!という事をメリットとする人もいますが、大事なのはやっぱり家での学習環境。

ちゃんと机でやる癖をつけてあげましょう。

スマイルゼミの英語講座に夢中になって取り組む娘

特に幼児~小学生はこの習慣がとっても大事です。お勉強はココでやる!この時間にやる!という習慣がつけば、タブレット学習でもちゃんとおうちでお勉強する子に育ちます♪

ちゃこ
ちゃこ
タブレット学習をするお部屋の明るさなど、身体の事もかんがえた環境作りも忘れずにね!

デメリットも踏まえて選ぼう!おすすめのタブレット学習教材

タブレット学習のデメリットも理解してもらった上で、’今’やるべきタブレット学習教材を紹介します。

スマイルゼミ

今幼児~小学生に1番人気のタブレット学習教材はスマイルゼミ。全科目に加えて、英語プログラミングまで1台で網羅されています。

ちゃこ
ちゃこ
幼児コースがあるのも魅力の1つだよ♪
スマイルゼミで勉強する娘

スマイルゼミの事をあまり知らない人もいらっしゃると思うので、基本情報と特徴を簡単にまとめておきますね♪

対象年齢 年中~中学3年生
月額料金 3,278円~
学べる科目 幼児:英語含む10分野
小学生:基本5科目+英語+プログラミング
中学生:基本5科目+英語+プログラミング+全副教科
レベル 教科書準拠の基本
(発展クラスあり)
ちゃこ
ちゃこ
スマイルゼミは今一番話題のタブレット学習教材だよ!気になる人は検討してみてね♪

スマイルゼミを検討してみたい!という人は、こちらの記事はチェックしておいてくださいね♪

チャレンジタッチ

知名度だけみれば最も有名なのが、進研ゼミのチャレンジタッチ。とにかく楽しく学べるのが、進研ゼミチャレンジタッチの特徴です。

チャレンジタッチの画面

チャレンジタッチについても、簡単にまとめておきますね♪

対象年齢 小1~高校3年生
月額料金 2,980円~
学べる科目 小学生:基本5科目+英語+プログラミング
中高校生:基本5科目+英語+プログラミング+全副強化
レベル 教科書準拠の基本
(レベル調整&受験対応コースあり)

チャレンジタッチは、紙教材と付録が一緒に届く点が、スマイルゼミと大きく違う所。

  • とにかくやる気を優先したい
  • 最大手進研ゼミの教材で進めたい

そんな人は、進研ゼミのチャレンジタッチを検討してみて下さいね♪

入会も資料請求も、進研ゼミ公式サイトからすぐにできるので、子供のやる気を最優先したい方は検討してあげてくださいね♪

また2021年から中学講座がリニューアルして、かなりハイスペックな仕様になりました。詳しい内容は、こちらの記事をご覧ください。

最新タブレットチャレンジパッドNeoをレビュー

RISU算数

算数を伸ばしてあげたくて色んな教材を試したんですが、今算数を学ぶならRISU算数一択です。

RISUのタブレットが立てて使える
はりー
はりー
教材オタクの私が言うから間違いないよ!

幼児~小学低学年で算数検定に合格しまくっている教材なので、本物です。詳しくはこちらの記事をみて下さいね♪

【幼児向け】RISUきっずの口コミ体験談

【小学生向け】RISU算数の口コミ体験談

楽天ABCマウス

楽天ABCマウスなら、月1,000円以下で英語が学べます。英語しか学べませんが・・・

  • アメリカNo.1の英語教材
  • ディズニー英語絵本が読み放題
  • 5,000以上のコンテンツが使い放題

このような特徴があり正直、これが月1,000円以下で受講できるのは破格すぎるんですよね。

リニューアル後の基本ステージ

詳しいレビューやお得な入会方法は、こちらの記事をご覧くださいね♪

楽天ABCマウスの効果を口コミレビュー

紹介・キャンペーンコードで最安受講する裏技はこちら

ワンダーボックス

とにかく知育したい・頭をよくしたい・学校で学べる事以外の事をさせたい考える人はワンダーボックスがおすすめです。

3歳児が先取りしてワンダーボックスに取り組む姿

2020年から始まった最新の教材なんですが効果は有名なシンクシンクで立証済み。IQが上がる事は、確かな研究でも証明された教材です。

こちらも詳しい内容をレビューしているので、子供を賢く育てたい!そう願う人は一度見てみて下さいね♪

ワンダーボックスの効果を口コミレビュー

ワンダーボックスにお得に入会する方法を解説

ちゃこ
ちゃこ
次はタブレット学習のメリットも紹介するよ!「もう知ってる!」って方がほとんどだと思うけど、もう一度目を通してみて♪

タブレット学習教材のメリット

次はタブレット学習教材の1番のメリットは、子供が興味を持ってくれるという事。ゲーム感覚で取り組め、子供が食い付くデザインや興味を持つ工夫が随所に施されており、楽しみながら勉強に取り組めます。

復習として同じ問題も繰り返し取り組む事ができるので、苦手分野のフォローもできます。

はりー
はりー
子供のやる気upと繰り返し学習は本当に魅力的だよね♪
ちゃこ
ちゃこ
詳しい内容は実際に取り組んだ感想も踏まえて解説するね!メリットも見た上で子供に合うかどうか判断してあげよう♪

英語学習がはかどる

タブレット学習教材で良かった点として、英語学習の素晴らしさがあります。

実際にやるまでは、CDやDVDと一緒じゃないの?英会話の方がいいんじゃないの?と思っていましたが、全然効果実感が違いました。

タブレット学習教材だと参加型で学べるので、体感的に身に付いていくんですよね。

こんな感じで自分で操作しながら学べるので、英語の習得がめちゃくちゃ早いんですよね。

ちゃこ
ちゃこ
英語学習は完全にタブレット学習の方がいいよ♪

オンライン英会話もいいんですが、毎回予約しないとできない・コストが高いというデメリットがあります。しかし、タブレット学習だといつでも好きなだけできます。

ある程度英語ができる子ならオンライン英会話もありですが、初めての英語って子はタブレット教材で学び始めると良いです♪

ちなみに英語が学べるおすすめのタブレット教材は2つあります。全科目まんべんなく学ぶならスマイルゼミがおすすめ!

【幼児向け】スマイルゼミ英語コースレビュー

【小学生向け】スマイルゼミ英語コースレビュー

コスパ最優先で英語を学ぶなら楽天ABCマウスがおすすめです!

とにかく子供がやる気になる

こちらの口コミにもあるように、タブレット学習教材の良い所は子供が自主的にやってくれる所。ドリル教材や学校の宿題のような形式だと、飽きちゃう子も多いですよね。

ちゃこ
ちゃこ
気持ちはわからなくはない(笑)

それでも親目線では勉強してほしい!というのが願いなんですが、タブレット学習だと親が叱らなくても勝手にやってくれるんですよね。

正直これが本当に楽で、勉強の習慣がついてない子にまずタブレットでお勉強の楽しさを教えてあげられます。これは習慣付けのためにも、本当に良い事なんですよね。

はりー
はりー
まずは「できた!」の積み重ねが大切だよ♪特に幼児~小学校低学年の子は大事にしたいポイントだね!

時間効率が圧倒的に高い

時間効率が圧倒的に高いのも、タブレット学習教材をやっててとっても良かったポイント!

丸つけが一瞬なので親が楽

送迎が不要で時間が無駄にならない

復習や学ぶ事が自動で割り振られてできる

学習した内容や進捗をすぐに把握できる

これがタブレット教材の1番の特徴と言っても過言もありません。紙教材だと・・・

  • 親が添削する必要がある
  • 学習の進捗がわかりにくい
  • 親が苦手を見つけて復習問題をやらせてあげないといけない

このように結構大変な事が、タブレット教材だと一瞬なんですよね(驚)

塾のように送迎も不要。今ある学習方法では、1番効率よく学べるんじゃないかと感じています。

ちゃこ
ちゃこ
まだ問題が読めない子も「問題読み上げ機能」のおかげで1人でできるしね♪1度やると親の方が病みつきになっちゃうかも(笑)

自動添削で間違ったまま進ませない

タブレット学習教材は、解いた瞬間に丸つけしてくれます。

はりー
はりー
これがめっちゃありがたいよ!

すぐに間違いを正してくれるので、以下のようなメリットがあります。

  • 付きっきりでなくても進んでいける
  • 間違った理解のまま進ませない

解説も音声とアニメーションでやってくれるので、まるで先生に教えて貰っているような感覚で進められます♪

ちゃこ
ちゃこ
子供も1人でやれるのが楽しいみたい♡勉強に対して主体的な姿勢を育めるのもいい所だよね♪

また、間違いを後回しにすると【その時どう考えて間違えたのか】がわからなくなり、結果的にどうして間違えたかがわからないまま正解を導くことになります。

そうなると子供も間違えた原因が理解できないので、タイムリーな丸つけで「正しい理解」を積み重ねていけるのも、タブレット学習教材の大きなメリットです。

何度でも復習ができる

紙教材は一度書いてしまうともうできませんが、タブレット学習は何度でもできるのも大きなメリットの一つです。

特に漢字や計算問題はくり返し学習が大事。タブレット学習教材だとドリルを買い足していく必要もないので、何度も復習ができます。

はりー
はりー
しかも最近のタブレット学習教材は自動で間違えた問題を出してくれるから質の高い復習ができるよ♪
何度も復習している画像

こんな感じで同じ問題も何度でもできます。

飽きるんじゃないの?答えを覚えちゃうんじゃないの?という疑問もありましたが、やってみると特に問題なしでした。

これはスマイルゼミの例なんですが、過去の問題はどこまでも遡る事ができるので、全部覚えているなんてことはないです。

今日のミッションという「学習カリキュラム」の中に自然に入っているので、気付いたら色んな問題を復習しながら進められます。

ちゃこ
ちゃこ
復習に気を使わなくても良いのは親としても楽だよ!個別に成績は出してくれるし、苦手を残さず進められるのはかなりありがたいよ♪

空間をイメージさせた学びができる

タブレット学習教材はアニメーションを活かして「空間認識能力」を高める学びが得意です。例えばこちらはワンダーボックスの問題。

立体の認識能力を養うゲームなんですが、大人でも結構頭を使うんですよね。小学生で「立体」ができない子が多いのは、このような空間認識能力を高める事をそもそもしてきてないからです。

算数で躓く1つの大きなポイントなので、幼児~低学年のうちから鍛えてあげたい能力ですね♪

ちなみに、空間認識能力を鍛えると論理的思考力の基礎が身に付いていきます。多角的に物事を見る事ができ、イメージして考える癖がついてきます。論理力はこれからの時代に必要な力と言われているので、率先して鍛えてあげたい力の1つです。

紙教材とタブレット学習のメリットを比較

最後に紙教材とタブレット学習のメリットを比較してみます。

ほとんどの人が、紙の教材にするかタブレット学習教材にするかこの2択で迷っちゃうんですよね。そんな人のためにわかりやすくそれぞれのメリットをまとめました。

紙教材のメリット
  • 粘り強く考える力が身につく
  • 学校のテストと同じ形式で学べる
  • 机で学ぶ習慣が身に付く
  • 付録や特典が豊富
タブレット学習のメリット
  • 自動添削&問題読み上げで親が楽
  • 子供のやる気が出やすい
  • 英語や図形学習がわかりやすい
  • プログラミングが学べる

比べるとこんな感じになります。個人的にはタブレット学習教材にハマりつつありますが、どっちも良い所が捨てがたいので幼児期なら併用してもよいですね♪

うちもどっちがいいか迷ったので、進研ゼミは両方併用して確認してました。。(オタクでごめんなさい)

進研ゼミのチャレンジタッチとチャレンジ1年生(紙教材)を併用比較した結果

比べるとどちらもデメリットがあるんですが、英語やプログラミングが学べる点や、親の時間ができる&子供が主体的に学べる点が個人的にとっても良くて、今はタブレット学習教材を中心にやらせています。

ちゃこ
ちゃこ
とにかく学習がスムーズに進むのよね!子供も気に入ってるししばらくはタブレット中心に学ばせていく予定だよ♪

従来型の紙教材でじっくり机で学ぶ方針の人は、紙教材を検討してあげてください。

おすすめの幼児教材ランキングを見る

タブレット学習教材をやらせてみたい!そう思う人は、タブレット学習教材を検討してあげて下さいね♪

タブレット学習のデメリットまとめ

タブレット学習のデメリットを、文部科学省は「児童生徒の健康に留意して ICTを活用するためのガイドブック」として発表しています。

ガイドブックの中では視力への悪影響、ドライアイになりやすいこと、騒音性難聴になるかもしれないこと、姿勢が悪くなることをタブレット学習のデメリットとして挙げています。

ただ、これは事前の対策によって、未然に防ぐことができるデメリットです。このガイドブックもそれらのデメリットを解消するための存在となっています。

そして実際にタブレット学習をしてみて感じたデメリットは、ゲーム性が強く遊び中心になってしまうこと、紙に書く習慣がつかないこと、粘り強く考える癖がつきにくいことでした。

ただ、こちらも親がある程度意識することによって解消できるデメリットです。

このようにタブレット学習にはデメリットがありますが、サポートする存在である親や教員・先生たちが工夫することによって全て未然に防ぐことができます。

タブレット学習はこどもに渡したらそのまま、ということもよくありますが、本当にタブレット学習の効果を出したいのであればきちんとサポートしていくことが必要です。

タブレット学習は確かにデメリットもあり、効果面にも不安点は確かにあります。

タブレット学習は効果なし?幼児・小学生が取り組んだ結果から考察

ですが、それはどんな教材・教育も同じです。デメリットも対策しつつうまく取り入れることができれば、子供1人でもできて親も楽ですし、子供も楽しくお勉強できます。

色んな教材がありますが、幼児向け・小学生向けでまとめているので、導入してみたい人は、こちらのまとめ記事から選んでみてくださいね♪

【幼児向け】タブレット学習教材の選び方を徹底解説

【小学生向け】おすすめのタブレット学習教材7選

トップページはこちら

ホームボタン
ABOUT ME
ちゃこ
ちいく村の運営者「ちゃこ」です。本業では特許を20件以上出願している研究者ママ♡子供のために20万円以上もつぎ込んで、全教材・通信教育を使ってきた知育オタクです。これまでも研究者目線で100人以上のママに通信教育を紹介してきました。子供の知育教材のことなら私におまかせください♪
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です