通信教育

すららでチートする方法!答えを知るやり方は?

記事内にプロモーションを含む場合があります

すららのチート方法をまとめました。

すららでチートするとは、簡単な問題でユニットを早く終わらせることでクリア数を稼ぐ裏技のことです。他にも答えを知るやり方もありますが、このチート方法が1番「すららのチート」の正体です。

本記事では、すららでチートする方法に加え、チートが今でもできるのかどうか、チートさせないための方法まで詳しく解説しています。

すららのチートって何?答えがわかるの?と思っている方は、ぜひ最後までご覧ください。

すららでチートするって何?

すららでチートするとは、簡単な問題でユニットを早く終わらせることでクリアユニット数を稼いだり、問題を適当にごまかして答えをいれたり、解説動画を飛ばして進めたりすることです。

他にもチートと呼ばれる行為があるのですが、すららのチートとは、この3つの裏ワザが主流です。

そもそもチートとは「だます」「ごまかす」「不正行為を働く」といったこと。

すららでチートするというのは、すららの問題を不正に解いて、クリアユニット数を稼ぎ、クリアユニットチャレンジキャンペーンで景品をもらったり、ごまかして学習を進めたりすることを意味します。

ちゃこ
ちゃこ
すららはオンライン学習教材。専門のコーチがつくけど、うまく出し抜いてチートする生徒も出てきているのかもしれないね。

でもそう簡単にはチートできないようです。

ここからは具体的にどんなチート方法があるのか見ていきましょう。

すららでチートする方法

すららでチートする方法は、次の3つです。

  • 簡単な問題でユニットを稼ぐ
  • 問題を適当に解いて進める
  • スキップ機能で宿題をすぐに終わらせる
  • 学校を無視して進める
  • ユニット数と解説が多い問題ばかり解く
  • 答えを知る

主要なチートは上の2つです。最後の学校を無視して進める、というのは、また違ったチートなります(詳しくは後述)

わかりやすく解説していきますね。

簡単な問題でユニットを早く終わらせる

すららのチート方法1つ目は、「簡単な問題でユニットを早く終わらせる」ことです。

すららにはユニットと呼ばれる学習単元があり、一定のユニット数をクリアすると、商品がもらえます。

問題をクリアすると景品がもらえる

商品は思いのほか豪華で、クリア数に応じてAmazonギフト券や景品がもらえます。

しかもギフト券は最大5,000円なので、子供にとっては気合のはいる金額ではないでしょうか。

この商品欲しさに、すららの簡単な問題ばかり解いて、ユニットを早く終わらせることでクリア数を稼ぐというチート方法が過去にあったようです。

しかし現在のすららでは、簡単な問題ばかりで景品がもらえるほどユニットを稼ぐのが難しくなっています。

すららの課題は難易度に合わせて出題されるシステムになっており、簡単な問題ばかり解く、というのができなくなっています。

問題をクリアしていけば、必ず難しい問題にも当たるようになっているので、2023年の今ではそう簡単にチートできなくなっています。

ちゃこ
ちゃこ
5,000円のギフト券をもらうには150ユニットのクリアが必要になるから、簡単な問題だけだとかなり厳しいよ。

当たり前ですが、普通はチートなんてやらずにしっかり取り組んでいる子が多いです。

この子は頑張って100ユニット達成したようです。期間内に100ユニットはかなり頑張ってのでしょう。

大半の子はやってないはずですが、心配な人は、学習の取り組みをチェックしておきましょう。

すららは進捗を親が見ることができるので、万一に備えてチートしてないかどうかチェックしておくと安心ですよ。

問題を適当に解いて進める

すららのチート方法2つ目は、「問題を適当に解いて進める」ことです。

すららは選択問題が多い教材なので、適当に解いて進めることができてしまいます。これは、すららの悪い口コミでもネガティブな評価でした。

このチート方法では、選択問題を適当に解いてユニットを早く終わらせ、クリア数を増やしていくという方法になります。

しかし、残念ながら適当な回答では、正解が続くわけではありません。

仮に続いても、保護者やコーチが学習進捗状況を確認すれば、内容の習熟か進んでいないことはすぐにわかります。(問題の正答率やテストの結果でわかる)

ちゃこ
ちゃこ
オンライン学習だとこのようなチート方法ができてしまうよね。

しかしすららの場合は、コーチや親がしっかり学習の進捗度合いをチェックできる体制が整っているので、2023年の今では通用しないチート方法かな、と思います。

ただ親が見てないとできてしまうチート方法なので、子供のお勉強はこまめにチェックしてあげると安心ですよ。

スキップ機能で宿題を早く終わらせる

学校や塾で導入されているすららドリルでよくあるチート方法として、すららの問題演習の動画をスキップして、答えをGoogleで調べて回答する方法があります。

すららは問題を解く前に丁寧な解説動画があります。

この動画が長くて宿題がなかなか終わらず、イライラしたりする方も少なくありません。

そんなすららの面倒な宿題を早く終わらせる方法として、動画をスキップするというチート方法が見出されてしまいました。

しかも動画を飛ばしても解けるように動画最後のまとめを写メしておいたり、Googleで検索したりして、スキップしても正解できるという裏ワザとなっています。

学校や塾ですららドリルを導入し、宿題として使っているところではよくやるチート方法のようです。真似しないように注意が必要ですね。

学校を無視して進める

すららのチート方法4つ目は、「学校を無視して進める」ことです。

先ほど紹介したチートという意味とは少し異なり「学校のペースを無視してドンドン進めるチート法」というニュアンスです。

すららは無学年方式の学習教材。自分の学年以外の学習も進められるようになっています。

学校のペースに合わせていてもできる子はつまらないと感じるでしょう。そんな子はすららを使ってドンドン先取りしていくことができます。

そうなると、すららのおかげで学校のテストは余裕でできてしまいます。

ちゃこ
ちゃこ
友達に自慢もできちゃうよね。

すららはとても効率よくお勉強できる教材で、学校の授業よりもわかりやすい場合も多いです。

わからないところは個別指導もしてもらえますし、至れり尽くせりで勉強できます。

それで学校の成績も伸びていくのであれば、周りの子からすると「すららはチートだ!」と思われるかもしれません。

ユニット数と解説数が多い問題ばかり解く

すららのチート方法5つ目は、ユニット数が多くて、問題よりも解説重視のステージばかり狙って解くことです。

解説は1.5倍速で飛ばすこともできるので、解説を飛ばしまくればユニット数を簡単に稼ぐことができます。

あるステージでは、1ステージで20ユニット以上稼ぐこともできます。解説が多いステージだと、解説を飛ばしていけば、ドンドンユニット数を稼ぐことができるので、まさにチート技ですね。

ただ、こちらは2023年現在では以前できたステージで変更が行われていたので、現時点ではできないかもしれません。

答えを知って進むやり方

すららのチート方法6つ目は「答えを知って進むやり方」です。

すららでは問題を間違うと、答えが表示される問題があります。そのため、わざと間違えて答えを見て、再度取り組み答えを書いていくチート方法があります。

こちらは少し対策され、答えがすぐに出ない問題もありますが、問題によっては答えが表示されるものもあります。

学校のドリルで使っている場合などで、このチート方法を使う子もしばしばいるようです。保護者の方はちゃんと子供がチートせずに進めているかチェックしてあげてください。

以上の6つが「すららのチート方法」と言われるものです。ほとんどがいただけないですが、3つ目の先取り学習は取り組み方次第では子供のためになります。

すららは子供のレベルや性格、成長度合いに合わせてお勉強できる数すくない通信教育教材です。

抜け道のようなチート方法もありましたが、今では対策され、かんたんにできないようになっています。

教材としてはとても評判もよく、発達障害の子にも対応した教材なので、すららを検討している方は、資料請求や体験から始めてみてくださいね。

個別指導の通信教育ならすらら

すららの特徴

個別指導型の家庭学習教材

子供のペースにあわせて進められる

子供の発達支援に関するサービスが豊富

\入会キャンペーン開催中/

リンク先:https://surala.jp/

すららでチートしてもバレる

すららでチートしてもバレます。

すららにはコーチがいて、各個人の学習進捗状況を逐一チェックしています。

レクチャーの学習時間、ドリルの正解率、問題を解くスピードなどは、コーチが把握済み。親も進捗確認の画面で状況は見れるので、チートしていてもバレてしまうでしょう。

特にコーチはちゃんと学習状況をチェックしてくれているので、何か異変があれば連絡がきます。

このように適宜アドバイスやサポートをしてくれるので、他の子と違った進み方などが散見されたらすぐにばれてしまいます。

ここまで丁寧な対応が悪い口コミにもつながっているようですが、親目線では丁寧に子供の勉強を見てくれる教材なので、ポジティブなポイントでもありますね。

すららコーチは頼りになるアドバイザーです。優しく指導してくれる存在で、成績を伸ばしために頑張ってくれています。

そのような人を裏切らないためにも、チートはやめておきましょう。

すららでチートしないように見守ってあげよう

すららでチートする方法を紹介しましたが、基本的には簡単にチートできない仕様になっています。

ただ、絶対にできないわけではないので、お子様がチートしないかどうかはよくチェックしてあげてください。

特に問題が異常に進んでいないか、正答率がめちゃくちゃ悪くないか、などはよく見ておくべきポイントです。

すららはチートなどせずしっかり取り組めば、子供に合わせた最適なお勉強ができる評判のよい通信教育教材です。

すららでお勉強を伸ばしていきたいという方は、まずは資料請求や体験でどんな教材か実際に試してみてくださいね。

個別指導の通信教育ならすらら

すららの特徴

個別指導型の家庭学習教材

子供のペースにあわせて進められる

子供の発達支援に関するサービスが豊富

\入会キャンペーン開催中/

リンク先:https://surala.jp/

ABOUT ME
ちゃこ
ちいく村の運営者「ちゃこ」です。本業では特許を20件以上出願している研究者ママ♡子供のために20万円以上もつぎ込んで、全教材・通信教育を使ってきた知育オタクです。これまでも研究者目線で100人以上のママに通信教育を紹介してきました。子供の知育教材のことなら私におまかせください♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です