RISU算数・RISUきっず

RISU算数のお試し体験は要注意?お試し受講の内容や失敗しないコツを紹介

RISU算数のお試し体験は要注意?失敗しないお試し受講のコツ

RISU算数をお試し体験したい人は専用のクーポンコードを使えば1週間お試し体験ができます。

しかし完全無料ではなく1週間で解約してもタブレット返送に1,980円がかかります。継続する場合は無料になりますが、期日前に連絡がなかったり、期限を過ぎると強制契約になったり、入会前に知っておくべき注意点があります。

そこで本記事ではRISU算数をお試し体験する方法や注意点、RISU算数のお試し体験のレビューまで、詳しく解説します。

お試し体験に失敗すると最悪33,000円も支払う事になるので、「RISU算数をお試し体験したい」と思っている方は、ぜひご覧ください。

RISU算数のお試し体験は要注意

RISU算数のお試し体験には、注意点が5つあります。

  • お試し体験にはクーポンコードが必要
  • お試し期間はたったの1週間しかない
  • お試し期間の期日にRISU算数から連絡はこない
  • お試しとはいえ解約すると料金が発生する
  • 継続予定なら沢山解いた方がお得になる

お試し受講する前に必ず知っておいて欲しい事なので、きっちり解説していきます。

お試し体験にはクーポンコードが必要

RISU算数をお試し体験するには、専用の「クーポンコード」が必要です。

クーポンコードなしで入会すると年間一括払いの契約しかできません。そうなると33,000円の請求になり、途中解約でも返金がありません。

RISU算数のお試し体験でここが1番失敗しやすいポイントなので、必ずクーポンコードを使って入会しましょう。

クーポンコードはRISU算数を受講している一部の人に配布されており、当ブログの限定コードは以下の通りです。

クーポン:cib07a

クーポンコードは期間限定配布で、毎月先着50名様しか使えません。

ちゃこ
ちゃこ
このキャンペーン自体もいつ終わるかわからないから、気になってる人は急いでね♪

「RISU算数をやってみたい」という方は、RISU算数公式サイトから入会する際にクーポンコードを入力して、お試し体験から始めてみて下さい。

以下のような画面で入力すれば、1週間のお試し体験ができます。

RISU算数・RISUきっずのお試し方法③

入会後1週間はRISU算数のコンテンツ全てが利用できるので、まずはお試ししてどんな教材かじっくり確認してみて下さいね♪

公式:https://www.risu-japan.com/

お試し体験の期間は1週間しかない

RISU算数のお試し体験期間は1週間です。

1週間で子供の反応や教材の特徴・雰囲気、レベルなどを確認する必要があります。

  • 前向きに取り組んでくれるか
  • タブレットの使い心地はどうか
  • 教材の内容はイメージ通りか

本入会する前に色々確認したい所ですが、思ったより短いので要注意です。

1番確認しておきたいのは、「子供の食いつき具合」です。レベルに関しては、RISU算数は個別指導タイプなので、できる子もできない子も問題ありません。

しかし、他のタブレット学習教材に比べて雰囲気が暗めの教材なので、子供がハマってくれそうかどうかしっかり見極めましょう。

タブレット学習教材でよくあるのが「届いた初日はやる気満々でも、3日ぐらい続けると態度が変わる」というパターンです。そのような見極めをするためにも、1週間毎日続けてみて、「飽きないかどうか、モチベーションは維持できるかどうか」をきっちり見極めましょう。

ちゃこ
ちゃこ
問題のレベルは子供に合わせて調整されるから心配しなくても大丈夫!子どもの食いつき具合の確認が1番大事だよ♪

お試し期間の期日にRISU側から連絡はこない

RISU算数のお試しは、期日になってもRISU側から連絡は来ません。

お試し期間の期日は、入会時に送られてくるメールに記載されていますが、その期日までにこちらから「解約の旨」を連絡しないと自動で継続扱いになります。

期日を過ぎると「契約」となり、33,000円の年間受講料が自動で発生してしまいます。

ちゃこ
ちゃこ
この流れが一番失敗するパターンだよ!

念のため、お試し体験の流れを解説しておきます。

  1. RISU算数公式サイトへ行く
  2. クーポンコードを入力して入会する
  3. メールにて連絡が来る
    (お試し期間の期日が書いてある)
  4. タブレットが届く
  5. 1週間お試し体験する
  6. 解約する場合は、メールにて連絡する

入会後のメールにお試し体験の期間が書かれています。その期限まではお試し体験できるので、じっくり体験しましょう。

万が一解約するという場合は、メールにて「解約する」ことを伝えましょう。

解約すると手数料として1,980円がかかりますが、期日を過ぎると33,000円かかるので、どちらも注意してください。

ちゃこ
ちゃこ
こここは失敗しやすいポイントだから気をつけてね!!

解約する際は料金が発生する

RISU算数のお試し体験は1週間以内に解約すると、1,980円の手数料がかかります。

「お試しなのにどうしてお金がかかるの?」と思うかもしれませんが、料金が発生する流れは以下の通りです。

  1. RISU算数公式サイトから入会手続きへ
  2. 個人情報とクレジットカード情報を入力する
  3. クーポンコード【cib07a】を入力して、入会する
  4. タブレットが発送される
  5. 1週間お試しする
  6. 解約の連絡を入れる
  7. 登録したクレジットカードから1,980円が支払われる

お試しとはいえ「一度入会する必要がある」ので、クレジットカード情報も先に入力した手続きになります。

タブレットを無料で送付してくれますし、万が一の不正利用や盗難などがあった際に困るので、最低限の保険なんだと思います。

同様のサービスをしているスマイルゼミのお試しでも入会が必要なので、業界的には当たり前の対応なのかもしれませんね。

ただ、クーポンコードを使わずに入会した場合、いきなり33,000円の年間契約になるので、そのリスクを回避できる事を考慮すると、1,980円でお試し体験できるのはそこまで悪くはないです。

RISU算数を続ける場合は、1,980円が無料になります♪

解約する場合は、1週間以内に解約の旨を連絡する必要があるので、詳しい解約方法などは「RISU算数の解約方法|公式よりわかりやすく解説」の記事をご覧ください。

やる気があるならお試し体験中にたくさん進める

RISU算数は、やる気があるならお試し期間中に頑張って解いた方がお得になります。

なぜなら「最初のお試し期間中に解いた問題」はクリア済になり、その後そのステージは無料でできるようになるから。

最初のテストでクリアした問題に加え、お試し期間に解き進んだ問題は、追加料金が発生しません。

テストでクリアした問題

「なんで問題を解くと追加料金がかかるの?」と思う方もいるかもしれませんが、実はRISU算数は、やればやるほど料金がかかるシステムなんです。

しかし、お試し期間中だけは、そのシステムが適用されません。

料金についての解説は「RISU算数の料金体系を解説」の記事をご覧ください。

はりー
はりー
どれだけやっても無料だから、内容や取り組みを見るためにも最初の1週間は頑張ってやってみよう♪

そもそも料金システムがわかってないかも・・という方のために、RISU算数の料金体系を簡単に解説しておきます。

まずRISU算数の料金は、【基本料金2,750円+利用料】を毎月支払います。利用料については、以下の表で算出されます。

月平均
クリアステージ数
利用料
(税抜)
1.0未満 0円
1.0~1.3未満 1,100円
1.3~1.5未満 1,650円
1.5~2.0未満 3,300円
(小学生平均)
2.0~2.5未満 5,500円
2.5~3.0未満 7,700円
3.0以上 9,350円(上限)

【月平均クリアステージ数】とは、以下の式で定義されます。

クリアしたステージ数÷利用月数

これが【月平均クリアステージ数】になり、その値が大きいほど料金が高くなるシステムなんです。

はりー
はりー
むずかしい!

2カ月目でクリアステージ数が3なら、【3÷2=1.5】で月平均クリアステージ数は「1.5」になります。その場合利用料は3,300円になる、という計算です。

少しややこしいですが、とにかく「おためし期間の1週間は、どれだけやっても利用料が無料」という事です。

お試し期間がすぎると、クリアした分だけ料金が高くなるので、この点は要注意ですね。

RISU算数の料金体系についてあまりわかってない!という人は「RISU算数の料金を最安で受講し続ける方法」の記事もご覧ください。

 

早速お試し体験したい方は、クーポンコードを使ってお試し体験してみてくださいね。

クーポンコードを使ったお試し体験は、RISU算数公式サイトから2分程で手続きできます。

タブレットの使いやすいか
子どもに合うかどうか
続けられるかどうか

どれも実際に触ってから決めた方が無難です。万が一解約をすることになると1,980円かかりますが、継続する場合、この手数料は無料になります。

ちゃこ
ちゃこ
1週間タブレットの機能全てが使い放題だから、たくさんやれば元は取れるよ♪気になっている人は、クーポンコードでお試し体験してみてね♡

クーポンコード【cib07a】

今すぐRISU算数をお試しする

 

RISU算数をお試し体験した感想

RISU算数をお試し体験した感想を、画像も交えてレビューしていきます。

実際にRISU算数を試した感想は、次の通りです。

  • 子どものレベルがわかってよかった
  • タブレットだから食いつくわけではなかった
  • 教材のレベルの高さが実感できた
  • 他社タブレットと全然違った
はりー
はりー
わかりやすく解説していくね♪

最初のテストで子供のレベルがわかった

RISU算数は開始直後に実力テストがあるので、子どもが苦手な所、得意な所がきっちりわかります。

小1になる娘が挑戦した時、計算は得意だったので、数の問題はそれなりにできました。

しかし、図形や時計の問題が思った以上に解けなくて「ココが苦手なんだ!」というのが、お試ししてすぐにわかったんですよね。

はりー
はりー
RISU算数は子どものレベルに合わせてステージが決まるから、ぴったりの難易度で進めていけるよ♪

実力テストの詳細や詳しい学習内容については、「RISU算数の口コミは?1年続けた効果を解説」の記事をご覧ください。

タブレットだから食いつくとは限らない

タブレット学習は必ずハマると思いがちですが、大ハマりするとは限りません。

というのも、うちの娘はハマったんですが、一緒に始めたママ友の子はお試し体験でハマらず解約しました。

理由は、RISU算数の雰囲気が他のタブレット教材に比べてシンプルすぎて楽しめなかったから。以下のように結構淡泊な問題も多いんです。

シンプルな問題

もちろんわかりやすい問題もたくさんありますが、ドリルっぽい雰囲気の問題も多いので、子供によっては合わない子もいるようです。

ドリルよりはやってくれたけど、思った以上に食いつかなかったからお試しで辞めたわ!
はりー
はりー
うちの娘はドリルよりもかなり楽しかったみたいで、積極的に取り組んでくれたよ♪
図形問題を解く様子

このような「子供のハマり具合」がお試し体験でわかりました。『合う・合わない』はRISU算数に限らずどんな教材でもありますよね。

RISU算数はお試しできる教材なので、子供に合うか確認してから継続判断してあげましょう♪

教材のレベルの高さはすぐに実感

お試し体験だけでも、RISU算数のレベルの高さはすぐに実感できました。

例えば、問題を解いていくと「スペシャル問題」というかなり高難度の問題が出題されました。

これはクリアしていくと貰える「カギ」を集めると挑戦できる特別な問題なんですが、大人でも瞬時に解けないレベルの問題になっています。

スペシャル問題

スペシャル問題

A組・B組から数字を1つ交換して、全部の数を足した答えが同じになるように数字を動かしてください。

「こんな問題うちの子に出たらやる気なくすかも・・・」と思うかもしれませんが、実は計算さえできれば解けるので、小1でも解けるんです。

もちろん最初は解けませんでしたが、「解けない➤挑戦」を繰り返していると「ママーできたよー!」といって嬉しそうにもってきてくれました。

スペシャル問題はヒラメキが必要な問題も多いので、「解けたら気持ちいい」を実感させてあげれるのがよかったですね♪

他にも次のような文章問題も出題されます。

RISU算数の文章問題

時計や図形、文章問題など、単元毎に基礎から応用まできっちり学んでいけるのが、お試しでわかりました。

はりー
はりー
苦手な単元は基礎からじっくりできるし、得意な所は難しい問題にチャレンジできる仕様だよ♪どんな風に進んでいくかもお試し体験で実感してみてね!

他のタブレット教材とは全然違った

タブレット学習教材は他にスマイルゼミチャレンジタッチもやってみたんですが、RISU算数は全然違う教材でした。

例えばチャレンジタッチは、派手な演出でとにかく子供が夢中になる事を最優先にしている教材です。

動画がわかりやすいので、こちらの動画をご覧ください。

チャレンジタッチはゲームっぽいお勉強が多く、苦手な科目も楽しみながらできるのが売りの教材です。

スマイルゼミは、チャレンジタッチに比べるとシンプルですが、RISU算数と比べると明るい雰囲気で、適度に楽しみながら進められる教材です。

スマイルゼミの国語の問題
スマイルゼミ1年生の国語の問題

スマイルゼミはお勉強のご褒美にゲームができる仕様なので、学習内容は「お勉強感」がある教材です。

スマイルゼミ小学生コースのレビュー

どちらも全科目が学べる総合教材なんですが、RISU算数は名前の通り「算数だけ」、しかもこの2教材と比べるとかなり淡泊な雰囲気です。

しかし、ゲームで遊んだり、アプリばっかりやったり、といったストレスがなく、集中して取り組めるのがRISU算数の特徴です。

ちゃこ
ちゃこ
「RISUは特徴的な教材」っていうのがお試しするとよくわかるよ♪

早速お試ししたい人は、以下の手順で体験してください。

  1. RISU算数公式の特設サイトへ行く
  2. クーポンコード【cib07a】を入力する
  3. 1週間お試しする
  4. 入会の可否を1週間以内に連絡する
    (解約なら返送料1,980円、継続ならお試しは無料です)

クーポンコードがないとお試しできないので、始める予定の人は、クーポン【cib07a】を使ってくださいね♪

先着50名様限定なので、早めに検討してあげてください。

無料体験は、RISU算数公式サイトから2分程でお試し申し込みができます。

はりー
はりー
検討中の人は、まずはお試しから始めてみてね♪

公式:https://www.risu-japan.com/

RISU算数は一長一短なところもありますが、いい所もたくさんあるので、次はお試しして感じたRISU算数のよかった点を紹介していきます。

お試ししてわかったRISU算数の良い所

お試ししてわかったRISU算数のよかったことは、次の4つです。

  • 子供にあった学習ができる
  • 苦手な算数でもスラスラできる
  • モチベーションが高まる
  • 概念までしっかり学べる

順次解説していきます。

子どもに合った学習ができる

RISU算数の1番いいな!と思ったのは、子供のレベルに合わせて学習できること。

最初のテストでわかりましたが、うちの娘の場合、計算問題は得意だったので、グングン進んでいけました。

しかし、図形問題が苦手だったので、そこは平均よりも進みが遅かったんです。

このような場合、他の教材や塾ならどうでしょうか?お構いなく全単元をドンドン進めていきますよね。

でもRISU算数は、極端な話「計算は四則演算まで進んでいても、図形はまだ平面図形の基礎」なんて場合もあります。

RISU算数はステージに従って進んでいく形式なので、理解度が未達だと先に進めません。

例えば、以下の画像では「引き算・時計の読み方・かたちと大きさ」の3つの単元をクリアして、はじめて「時計の応用問題」へ進んでいける仕様になっています。

ステージをクリアしないと進めない

このように子供の理解度に合わせて着実に進んでいけるのが、RISU算数の良い所だと感じました。

  • できない所はできてから進む
  • できる所はドンドン進む

このメリハリのあるカリキュラムのおかげで、苦手な単元が多かった娘も、着実に算数ができるようになってきています♪

RISU算数の口コミは?1年続けた効果を解説

スラスラ進んでいける

RISU算数はステージの中にある1つ1つの問題が少ないので、テンポよく進んでいけます。

1ステージの中に25項の問題があるんですが、中の問題は数問程度。ドリルのように「問題だらけ」ではないので、1つ1つクリアしていく感覚で進めていけるんです。

こちらの画像のようにステージの中の問題は25項。

ステージの中にある問題

1つ1つの問題は、以下のように数問程度になっています。

RISU算数の1つ1つの問題

そして解けたら以下の画面が出て、気持ちいい音がなります。

問題が解けた時の画面

この流れのおかげでスラスラ進めやすいんですよね♪

はりー
はりー
計算ドリルで長々とやるよりもメリハリがあるから飽きにくいし、子供も自然に集中する時間が長くなっているよ♪

モチベーションが上がる

苦手な算数もRISU算数ならモチベーション高く取り組むことができます。

まずタブレットというだけで、子供もテンションは上がります。加えて、わかりやすい解説、動きのある問題、RPGのように進めていくステージ、どれも子供のやる気を引き出してくれる内容ばかりです。

特に解説がアニメーションや動画なので、それまで紙でやってた子供にとっては新鮮だったのか、想像以上に食い気味でハマってくれました。

先生動画を集中してみる女の子

先生動画はわかりにくい問題も丁寧に教えてくれますし、何度も見返す事ができるので、単純に躓きにくいのがモチベーションの維持に繋がっていると感じます。

例えば、娘が躓いた引き算の文章問題も、以下の動画のように丁寧に解説してくれたので、ちゃんと自分で学んで進んでいけました♪

ちゃこ
ちゃこ
親が解説するよりも丁寧だし、子供も良く聞いてくれるよ!自分で学ぶ習慣にもなるし、ここも気に入ったポイント♪

ドリルでは身に付かない概念がしっかり学べる

RISU算数では計算するだけではなく、算数の概念もしっかり学べます。くもんやドリルだと「ひたすら計算させる」といった古い学習法がいまだに採用されています。

しかし、その方法では計算力はついても、応用力は身に付きません。

RISU算数を試してわかったのは、しっかりと算数の「概念」を学べるということ。

先生が教えてくれる動画をいっしょに見ていると、ちゃんと根本的な考え方から教えてくれています。

例えばこちらは「ゼロを引く概念」の解説動画です。

「ゼロ」の概念って教えるのむずかしいですよね。

このような子どもにとってはわかりにくく、親も説明しにくい概念を丁寧に教えてくれるのもお試し体験でわかった良い点でした。

ちゃこ
ちゃこ
算数は概念の理解を積み重ねていくのが大事だからね♪教え方や子供の反応をお試しで確かめられるのが、お試しする大きなメリットだよ!

RISU算数がおすすめな人

RISU算数がおすすめな人は、以下のような人です。

  • 算数が苦手で何とかしたい
  • 算数を得意にしてあげたい
  • 将来理系に進んでほしい
  • 受験を考えている

特に受験を意識し、子供の算数力を高めたいならRISU算数1択です。

以下の画像は公式サイトで発表された内容の一部ですが、超難関塾の模試で日本1位を多数輩出しているが、なんとRISU勢なんですよね。

RISU算数の実績
はりー
はりー
想像よりもグングン伸びる子が多いって口コミでも評判だよ!

RISU算数は従来の学習方法と一線を画す教育で、個別に算数の力を高める教育ができます。

苦手な子を伸ばす事はもちろん、得意な子は難関塾に匹敵する学力を有する子が続出している教材です。

世界的にも「これからの時代は算数」と言われている昨今。算数力を高めて「算数を得意にしてあげたい!」という人は一度検討してみてはいかがでしょうか。

ちゃこ
ちゃこ
苦手な子も得意な子もどっちも対応してくれるよ♪個別に算数を学ばせてあげたい人は、RISUを検討してあげてね♪

今すぐRISU算数を試してみる

RISU算数は必ずお試しから始めよう

RISU算数は必ずお試し体験から始めましょう。

理由は先も述べたように、次の通りです。

  • 子供が必ず食いつくとは限らない
  • お試ししないといきなり年間契約になる
  • 問題の雰囲気が合うかどうか確認できる

RISU算数は他のタブレット学習教材に比べてかなりとがっているので、必ずお試しから始めて「子供に合うかどうか」を確認してあげて下さい。

クーポンコードを使ったお試し体験をせずに入会すると、いきなり33,000円の年間契約になり、途中解約の返金もありません。

しかし、クーポンコードを使えば1週間のお試し期間を設けてもらえ、万が一解約になっても1,980円の手数料だけで済みます。

継続する場合は、この1,980円も無料になるので、始める予定の人はまずお試し体験から始めて下さいね♪

ちゃこ
ちゃこ
RISU算数で失敗しないためには、お試し体験から始めるのがコツだよ♪

\RISU算数の検討手順/

RISU算数をお試しする手順は、次の通りです。

  1. RISU算数公式の特設サイトへ行く
  2. クーポンコード【cib07a】を入力する
  3. 1週間お試しする
  4. 入会の可否を1週間以内に連絡する
    (解約なら返送料1,980円、継続ならお試しは無料です)

クーポンコードがないとお試しできないので、始める予定の人は、クーポン【cib07a】を使ってくださいね♪

先着50名様限定なので、早めに検討してあげてください。

無料体験は、RISU算数公式サイトから2分程でお試し申し込みができます。

はりー
はりー
算数を伸ばしてあげたいって人は、RISU算数を試してあげてね♪

公式:https://www.risu-japan.com/

RISU算数について詳しく知りたい人は、以下の記事もご覧ください。

RISU算数の効果は?口コミも交えて解説

幼児向けRISUきっずの口コミはいい?受講者が解説

RISU算数のキャンペーンは?クーポンの使い方を解説

ABOUT ME
ちゃこ
ちいく村の運営者「ちゃこ」です。本業では特許を20件以上出願している研究者ママ♡子供のために20万円以上もつぎ込んで、全教材・通信教育を使ってきた知育オタクです。これまでも研究者目線で100人以上のママに通信教育を紹介してきました。子供の知育教材のことなら私におまかせください♪
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です