おうち英語

おうち英語の進め方を0歳から2歳まで解説!失敗しないためには?

おうち英語の進め方を0歳から2歳まで解説!失敗しないためには?

おうち英語の進め方を0歳・1歳・2歳向けにまとめました。

おうち英語の進め方で大事なことは、子供の成長に合わせて親子でコミュニケーションをとりながら進める事です。「英語かけ流しだけ」のような一方通行なおうち英語の進め方では失敗してしまいます。

本記事では、0歳の赤ちゃんから2歳児までのおうち英語の進め方を解説しているので、ぜひ実践してみてください。

おうち英語の進め方:0歳

まずは0歳赤ちゃんへのおうち英語の進め方を解説します。

うちの娘に実践した内容に加えて、他の方の意見も取り入れながら0歳の赤ちゃん向けの「おうち英語の進め方」を紹介していきますね。

スキンシップしながら英語に触れさせる

0歳の赤ちゃんへのおうち英語の進め方のポイント1つ目は「スキンシップしながら英語に触れさせる」ことです。

この時期は、単に赤ちゃんに英単語を覚えてもらうというよりも、英語の雰囲気に触れさせるようにすることがポイントです。

その方法はいろいろありますが、ベビーマッサージをしながら英語遊びをしてみてはいかがでしょうか。

優しくママがベビーマッサージをしながら、英語の歌を歌うと、何となく言葉になれるものです。

英語の歌のリズムや拍子に合わせ、赤ちゃんの体を触ってあげれば、赤ちゃんはリラックスしてママのことばを聞く事ができます。これがおうち英語の進め方第一歩です。

ちなみに有名なディズニー英語システムでも同様のカリキュラムで進めます。

ディズニー英語システムは本格的な英語教材なので、それでも実践しているということは、とても重要なおうち英語の進め方であることがわかりますね。

ちゃこ
ちゃこ
0歳からの英語教室でもベビーマッサージしながら英語を聞かせるからね。赤ちゃんへのおうち英語の基本になるよ。

絵本の読み聞かせ

0歳の赤ちゃんへのおうち英語の進め方のポイント2つ目は「絵本の読み聞かせ」です。

まだ赤ちゃんには意味はわかりませんが、絵本の絵はだんだん認識できるようになります。その絵に合わせるように英語を読み聞かせていると、英語の語感が何となく伝わるものです。

読み聞かせはSNSを調べてもたくさん実践している人はいます。

英語絵本を買って読み聞かせしてあげるのもよいですし、ワールドライブラリーで入手するのもおすすめです。

ちゃこ
ちゃこ
ことばはかけるほどよい!っていうからね。赤ちゃんの頃からたくさん絵本を読んであげよう!

日常で英語をつかう

0歳の赤ちゃんへのおうち英語の進め方のポイント3つ目は、「赤ちゃんを世話するときにも英語を使うこと」です。

日本語でも世話はできますが、将来のバイリンガルを育てる準備のために、英語で話しかけてみるのです。次のような例文を参考にしてください。

  • おむつを変えましょう。→Let’s change your diaper.
  • おしりきれいに拭こうね。→Let’s wipe your bottom.
  • ミルクの時間だよ。→ It’s time for your milk.
  • 抱っこかな?→Do you want mommy to pick you up?

赤ちゃんには日本語も覚えてもらわなければいけないので、英語と日本語交代で使ってみてください。

おうち英語の進め方:1歳

1歳児向けのおうち英語の進め方を解説します。

1歳になると0歳の赤ちゃんの時よりもできる事は増えますが、同じ事をし続けてもOK。0歳のころからしてることに加えて、さらにステップアップしたおうち英語の進め方を紹介しますね。

英語の歌を聴かせる

1歳の赤ちゃんへのおうち英語の進め方のポイント1つ目は、「英語のうたを聴かせること」です。

1歳といえば、そろそろ感覚器官も発達し始め、言葉の意味も少しだけわかるようになるころ。歌はインプット・アウトプットの練習になるよいおうち英語の進め方なのです。

親が歌ってもいいんんですが、できればCDや動画で流してあげましょう。おすすめは非会員でも全員無料で広告なしのこどもちゃれんじTV。海外の英語動画や英語のお歌を無料で流せます。

日本語と英語の絵本を交互に読む

1歳の赤ちゃんへのおうち英語の進め方のポイント1つ目は、「日本語と英語の絵本を交互に読むこと」です。

1歳の赤ちゃんは母国語の日本語を覚える大切な時期でもあります。そこで我が家がやっていたのは、日本の絵本と英語の絵本を交互に読み聞かせる方法です。

そうすることで、日本語、英語両方がインプットでき、異なる文化や違う絵のタッチも学べます。

ちゃこ
ちゃこ
英語ばかりやらせるのも良くないから日本の絵本もちゃんと読んであげるのがおうち英語の上手な進め方のコツだよ。

英語のダンス動画を見せる

1歳の赤ちゃんへのおうち英語の進め方のポイント3つ目は、「英語のダンス動画を見せること」です。

この年代になると、英語の歌を聴いているうちに、自然に体も動くようになるもの。親も一緒に体を動かして、英語の歌を楽しんでみましょう。

我が家ではこの頃からこどもちゃれんじEnglishをはじめました。始めた理由はこどもちゃれんじぷちのDVDにあった英語ダンスにハマったから。

リトミックも1歳半頃から始められるので、1歳から英語のダンスは的を得たおうち英語の進め方の1つです。リズム感などの音感教育にもなるので、ぜひ取り組んでみてください。

おうち英語の進め方:2歳

2歳児の頃にできるおうち英語の進め方を解説します。

子供が2歳になると、感覚も能力も随分発達してきます。歩いたり飛んだり跳ねたりもできるようになり、体を動かすのも楽しいころ。見るもの触るもの聞くものへの好奇心も強くなります。

それだけに、ここで英語を吸収させれば、英語能力の発展にもつながります。アウトプットが盛んになる時期なので、いろんなおうち英語を取り入れてみてくださいね。

英語のかけ流し

2歳の赤ちゃんへのおうち英語の進め方のポイント1つ目は、「英語のかけ流し」です。

2歳児のおうち英語で大事なのは、英語に触れる時間を増やすことです。かけ流しなどでたくさんの英語に触れる機会を毎日作ってあげてください。

2歳の頃は聴覚が大きく発展する頃なので、聞くだけでも自然にインプットされていきます。

英語のアニメを見せる

2歳の赤ちゃんへのおうち英語の進め方のポイント2つ目は、「英語のアニメを見せること」です。

英語の動画視聴は2歳児にもおすすめです。

動画は1歳でも見ていたかもしれませんが、2歳になると、全体のストーリーも動きで分かるようになってきます。英語の会話そのものは追えないでしょうが、動画の内容から展開は推測できます。

ちゃこ
ちゃこ
英語動画なら無料のこどもちゃれんじTVがおすすめだよ。

意外とじっと見てるものなので、興味を示す動画を探してみさせてあげたください。

家でできる英語ならいごとをする

2歳の赤ちゃんへのおうち英語の進め方のポイント3つ目は、「家でできる英語ならいごとをする」です。

正直おうち英語だけで英語を進めるのも大変なので、ある程度英語に慣れてきているなら、英語通信教育やかんたんなオンライン英会話などを始めるのも1つの手です。

我が家は下の子にはモコモコイングリッシュを使いました。月980円でできる動画で学ぶ英語教材で、兄弟姉妹で共有できるのが魅力的だったのではじめました。

子供の英語教材はたくさんあるので「幼児英語教材15選まとめ」の記事もチェックしてみてくださいね。家でできるものもたくさん紹介しています。

おうち英語の進め方を失敗した具体例

おうち英語は子供の英語力を伸ばす効果的な方法ですが、うまく進められず失敗した人もいます。その失敗例を以下で取り上げてみましょう。

子どもに強制してしまった

おうち英語の失敗例第一は、子供に強制してしまうことです。

おうち英語をする場合は、親が教えるだけでなく、いろいろな教材も購入します。その教材費や教える苦労を考えた結果、子供に何としてでも英語を身に着けさせようとして、強制してしまうことがあるのです。

子供は強制されるとやる気がなくなります。これは人間なら誰しもそうなることです。

こちらの方もおうち英語に取り組む中で強制しないよう気をつける、と言ってますね。

おうち英語を失敗せず進めるためには、子供に強制せず楽しく自然に取り組むことを心がけましょう。

発音を気にしなかった

おうち英語の失敗例2つ目は、発音を気にせず教えることです。

おうち英語をする親自体が英語が得意でないと、発音を気にせずに教えてしまうことがあります。しかし、これは英語力上達を考えた場合、マイナスの影響があります。

ちゃこ
ちゃこ
赤ちゃんの頃はママの声でいいけど、できれば1歳・2歳頃からはちゃんとした英語の発音を聞かせてあげるようにしよう!

英語の発音と日本語の発音は全く違います。子供は聞いたまま覚えていくので、ネイティブの英語を聞かせてあげないと、正しい英語を覚えません。

これもおうち英語ではよくある失敗例なので、気をつけましょう。

長く英語学習の時間をとりすぎた

おうち英語の失敗例3つ目は、長く英語学習の時間をとりすぎたことです。

おうち英語を家で進めている家庭では、英語学習に力を入れすぎている場合があります。英語の学習は近年では大事なことですが、そればかりにとらわれてはいけません。

「英語学習の程度」に悩むのはおうち英語の難しいポイントなのです。いざやり始めると「親のモチベーション」を保つためにもしっかりやった方がうまく続きます。

しかし、やりすぎも良くないので塩梅が難しいんですよね。

おうち英語は時間をかけすぎればいいというものではありません。成長につれて自分でも英語を勉強するようになるので、焦って詰め込みすぎなくても大丈夫です。

学習時間が目標になってしまった

おうち英語の失敗例4つ目は、学習時間が目標になってしまったことです。

おうち英語ではスケジュールを立ててやるのも大事なんですが、それ自体が目的になってしまう人も多いです。

個人的にはゆるいおうち英語なら時間は決めずに毎日やることに注力した方が親の負担も少なく続けやすいです。

学習時間を目標にして取り組みすぎるとかえってしんどくなってしまったり、それだけが目的になってしまったり、おうち英語がうまく進められません。

やる内容や子供の興味関心、親子で楽しめているかなどを優先するのもおうち英語で失敗しないコツになります。

おうち英語の進め方まとめ

0歳~2歳児向けのおうち英語の進め方で大事なことは、子供とのコミュニケーションを軸にすることです。ここまで紹介した方法を見直してみても、実はすべてコミュニケーションを軸にしたおうち英語になっています。

0歳おうち英語 スキンシップしながら英語に触れる
絵本の読み聞かせ
日常で英語を使う
1歳おうち英語 英語の歌を聴かせる
日本語と英語の絵本を交互に読み聞かせる
英語のダンス動画を見せる
2歳おうち英語 英語のかけ流しをする
英語のアニメを見せる
家でできる英語ならいごとをする

基本は読み聞かせを中心にしたコミュニケーションが大事です。ただそれだけでは子供も飽きてしまうので、動画やCDなどでメリハリをつけてあげましょう。

英語絵本の読み聞かせや動画・アニメによるインプットだけでもおうち英語としては十分。進め方としても基本に忠実です。

なかなかうまくいかない人は、有料の英語教材を買うのも手ですが、まずは無料でできる動画視聴などを中心に進めてみてはいかがでしょうか。

ちいく村では、子供の教育に関する情報をたくさん発信しています。よく読まれてる人気記事をまとめておくので、子供の教育に興味がある人はぜひチェックしてみてください。

ABOUT ME
ちゃこ
ちいく村の運営者「ちゃこ」です。本業では特許を20件以上出願している研究者ママ♡子供のために20万円以上もつぎ込んで、全教材・通信教育を使ってきた知育オタクです。これまでも研究者目線で100人以上のママに通信教育を紹介してきました。子供の知育教材のことなら私におまかせください♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です