こどもちゃれんじ

じゃんぷタッチとは?2022年のしまじろうタブレットはいつから?特徴まとめ

じゃんぷタッチとは?2022年最新のしまじろうタブレットはいつから?特徴まとめ

「じゃんぷタッチ」とは、2022年4月から始まるこどもちゃれんじじゃんぷ(年長)専用のタブレット学習教材です。「いつから始まるの?」と気になる方も多いと思いますが、年長コースからで12月26日から入会受付開始です。

じゃんぷタッチはタブレット1台で12分野の学習ができ、思考力特化コースに近い応用問題や、おもちゃや付録まで届くバランスのよいコースとなっています。

本記事ではそんなじゃんぷタッチの最新情報をまとめました。お得な入会方法や知っていると役立つ情報もまとめているので、ぜひ最後までご覧ください。

しまじろうの2022年最新タブレット「じゃんぷタッチ」とは

しまじろうのタブレット学習教材「じゃんぷタッチ」とは、2022年春開始のこどもちゃれんじ年長コース専用のタブレット学習教材です。

これまでにあったしまじろうクラブアプリで学ぶデジタルコンテンツとも異なり、小学生コースの「チャレンジタッチ」と同じタブレットを用いて学びます。

こどもちゃれんじじゃんぷには、総合コース・思考力特化コースがありますが、新たなコースとして「じゃんぷタッチ」が新設され専用カリキュラムで学んでいけます。

ちゃこ
ちゃこ
専用タブレットは中学講座のチャレンジパッドNeoと同じ「チャレンジパッドNext」になるよ!手がついても書ける高性能なタブレットだから初めてのタブレット学習でも安心だよ♪

これまでこどもちゃれんじは紙のワークや知育玩具、DVDが主流の幼児向け通信教育教材でしたが、ついにタブレット端末でお勉強ができるコースが始まりましたね。

ここからは2022年から始まるじゃんぷタッチについて詳しく解説します。

じゃんぷタッチはいつから?いつまでに入会すればいい?

こどもちゃれんじ「じゃんぷタッチ」は2022年4月号開始になります。

細かいスケジュールは次の通りです。

  1. 11月15日資料請求開始
  2. 12月26日入会予約開始
  3. 3月4日まで先行入会受付

11月15日から資料請求が始まりました。入会受付は12月26日からになります。

「いつまでに入会するのがおすすめ?」と言われると、3月4日までです。

3月4日までに先行入会した場合、以下のコンテンツが3月18日までに届くので、通常よりも少し早くじゃんぷタッチを始めることができます。

3月4日までの申し込みで届くもの

こどもちゃれんじはいつ届く?コース別お届け日時まとめ」の記事に詳しく書いてますが、こどもちゃれんじの教材は通常毎月1日までに届きます。

したがって4月号は普通なら3月末頃に届くんですが、先行入会なら3月中旬ぐらいに届くので、年長のお勉強を一足先に始められますね。

さらに上記のコンテンツが先行で届いた後、3月末には再度ワーク教材が追加で届きます。(この時に講座も新たに配信されます)

じゃんぷタッチ4月号で届くもの
ちゃこ
ちゃこ
2回届くからなんだか得した気分になるね♪

ここまでをまとめると、4月号のじゃんぷタッチから始めたい方は3月28日~3月4日までの入会がお得です。先行でじゃんぷタッチを試せます。

この期日は現在受講中の方も同様です。先行申込は3月4日までなので、じゃんぷタッチを受講予定の年中さんは、早めに登録申請をしておきましょう。

じゃんぷタッチは4月からですが、それまでにもお勉強を始めておきたいという方は、12月のクリスマス特大号からの入会がお得です。

クリスマス時期は1年で1番お得な入会時期といっても過言ではないキャンペーンなので、こどもちゃれんじを今後始めたいという方は、このタイミングに試してみてくださいね♪

こどもちゃれんじ公式サイトをチェックする

じゃんぷタッチの特徴・料金

じゃんぷタッチの特徴・料金は、次の通りです。

対象 年長(5歳~6歳)
月額料金(税込) 3,680円(毎月払い)
2,980円(年間一括払い)
タブレット代金 39,800円
今だけ無料キャンペーン中
届く教材 タブレットに毎月配信
特別付録・おもちゃ(年2回)
ワーク・赤ペン先生(年4回)
学べる内容 ひらがな・カタカナ・数・図形・時計・考える力
プログラミング・自然科学・社会性
ルールやマナー・アート・音楽・英語
タブレットの機能 声掛け機能
自動音声による解説
自動丸つけ機能
手がついても書ける

簡単に解説していきますね。

じゃんぷタッチの対象は年長コースのみ

じゃんぷタッチの対象年齢は年長コースのみなので要注意です。年中未満の方はじゃんぷタッチは対象ではないので、デジタルコンテンツのしまじろうクラブアプリを使いましょう。

現在年中さんの子は、2022年春からの先行申込でじゃんぷタッチを受講することができます。詳しくは後述しますが、特典もあるので申し込む予定なら早めに検討しましょう。

じゃんぷタッチは料金が高くなる

じゃんぷタッチは通常の総合コースや思考力特化コースに比べて、月額料金が少し高くなるので気をつけましょう。

年間一括払い(税込) 毎月払い(税込)
じゃんぷ 2,480円/月
(年間一括29,760円)
2,980円/月
じゃんぷタッチ 2,980円/月
(年間一括35,760円)
3,680円/月

こどもちゃれんじじゃんぷ(総合・思考力特化コース)では2,480円から(年間一括払い)ですが、じゃんぷタッチは500円高い2,980円から(年間一括払い)ということを覚えていきましょう。

学べる分野は12種類

じゃんぷタッチは学べる分野はひらがな、カタカナ、数や図形、時計、考える力、プログラミング、自然科学、社会性、ルールやマナー、アート、音楽、英語の全12分野です。

じゃんぷタッチで学べる分野

基本的な国語や算数の基礎に加えて、社会性やプログラミング、芸術まで学べます。また標準で英語も入っているので、こどもちゃれんじEnglishに入ってなくても英語が学べるのも、じゃんぷタッチの特徴といえます。

ボリュームも申し分なく、メインが26レッスン、応用問題が20レッスンの合計46レッスンが毎月配信されるので、むしろやりきれるか心配になる程のボリュームです。

総合・思考力特化コースの括りはない

じゃんぷタッチを選択した場合、総合コース・思考力特化コースを選ぶ必要はありません。なぜならじゃんぷタッチでは両方学べるから。

じゃんぷタッチの中には以下のような基本問題~思考力を養う応用問題まで幅広く搭載されています。思考力ぐんぐんは思考力特化コースに近い内容になっています。

  • 基礎:メインレッスン
  • 応用:プラスレッスン(パワーアップワーク)
  • 応用:プラスレッスン(思考力ぐんぐん)

従来までではどちらか一方しか学べませんでしたが、じゃんぷタッチなら両方のコースのワーク内容を学んでいく事ができますね。

なおこどもちゃれんじじゃんぷのレビューについては、以下の記事で詳しくまとめています。年長コースの内容をチェックしたい方は、ぜひご覧ください。

しまじろうクラブアプリとは全然違う

じゃんぷタッチはしまじろうクラブアプリとは全く異なるコンテンツになります。

しまじろうクラブアプリとは、しまじろうクラブアプリをダウンロードし、スマホやタブレットで学ぶ2021年から始まったこどもちゃれんじの新コンテンツ。

ただ、しまじろうクラブアプリはあくまでも学習のサポート的位置づけなので、内容やボリュームもじゃんぷタッチに比べると補助的です。

一方じゃんぷタッチは、専用のカリキュラムでお勉強を進め、内容もサービスもしまじろうクラブアプリに比べて非常に充実しています。

機能も学べる分野もじゃんぷタッチの方が多くなるので「しまじろうクラブアプリがあるから」といってじゃんぷタッチをあきらめるのは個人的にはもったいないと感じます。

ちゃこ
ちゃこ
しまじろうクラブアプリにハマってる子ならじゃんぷタッチならさらにお勉強が進むんじゃないかな!じゃんぷタッチを選んでもしまじろうクラブアプリは使えるから、デジタルコンテンツに魅力を感じてるなら検討してみてね♪

付録やワークもあるハイブリッドな教材

じゃんぷタッチはタブレット学習教材ですが、要所でちゃんとワークや玩具が届くカリキュラムになっています。

幼児向けのタブレット学習教材としてはスマイルゼミRISUきっず天神楽天ABCマウスなどがありますが、どれもタブレット内で完結する教材ばかりです。

じゃんぷタッチではタブレットによる学びに加えて、こどもちゃれんじじゃんぷの魅力あふれる付録やワーク、おもちゃも届きます。じゃんぷについてのレビューは以下の記事をご覧ください。

【年長口コミ】こどもちゃれんじじゃんぷの良い点・悪い点をブログでレビュー
【ブログでレビュー】こどもちゃれんじ年長コース(じゃんぷ)を1年受講した口コミこどもちゃれんじじゃんぷの1年受講した感想をブログで口コミ&レビューします。こどもちゃれんじじゃんぷをこれから受講する人のためにメリット・デメリットを正直にまとめました。これから受講を検討してる人はぜひご覧ください。...
ちゃこ
ちゃこ
「タブレットだけじゃなく紙や工作での学びもやらせたい」という方にピッタリの教材だね♪

今すぐこどもちゃれんじ公式サイトをチェックする

じゃんぷタッチのメリット・デメリット

現時点で分かっている情報からじゃんぷタッチのメリット・デメリットをまとめます。

メリット
  • 教材が溜まるストレスがない
  • 総合・思考力どちらの問題もできる
  • お勉強の習慣化がしやすい
  • 勉強時間が伸びる
デメリット
  • 料金が高くなる
  • 付録や玩具の数が減る
  • 紙に書く機会が減る

我が家はすでにタブレット学習を導入していますが、とにかく共通して言えるのは「お勉強時間が伸びた」「教材が溜まらなくて楽」の2つです。

毎月届くワーク系だと月初はやっていても習慣化し、毎日お勉強させるのは難しいです。しかしタブレット学習なら毎日違う問題を出題してくれるので、単純に飽きにくくて続けやすいんですよね。

ちゃこ
ちゃこ
じゃんぷタッチでも家でお勉強する時間は間違いなく増えるはずだよ♪

一方デメリットとしては、料金が高いという点とワーク量が減るので紙に書く機会が減る、という点です。

ただ料金はタブレット学習教材の中では標準的な価格なので、そこまで気になる程ではありません。紙教材での学びは確かに減りますが、その分タブレットで学ぶ時間が増えるので、ドリルを買うなり、お絵かきの時間を設けるなり、工夫で何とかなるレベルだと思います。

じゃんぷタッチが向いている人

じゃんぷタッチが向いてる人はズバリ「日々が忙しく中々お勉強を見てあげられない人」です。

我が家もそうですが、共働きだと本当に子供のお勉強を見てあげる時間が限られますよね。それでも子供のお勉強をあきらめたくない、という思いも当然あると思うので、そんな方にじゃんぷタッチはピッタリの教材です。

じゃんぷタッチには以下の3つの機能があるんですが、タブレット学習のこのような機能は本当に楽になりますよ。

  • 声掛け機能
  • 自動音声による解説
  • 自動丸つけ機能

子供目線でもお勉強を1人で進めやすくなるので、能動的に取り組んでくれやすいです。

ちゃこ
ちゃこ
タブレット学習を取り入れると子供の勉強時間が伸びるし、親の時間も増えるよ♪忙しい家庭の人は検討してみてね!

今すぐこどもちゃれんじ公式サイトをチェックする

 

じゃんぷタッチのよくある質問

じゃんぷタッチに関するよくある質問をまとめました。入会前に気になる事があれば、ここで解決しておきましょう。

じゃんぷタッチは資料請求すると何かわかる?

じゃんぷタッチはこどもちゃれんじ公式サイトから資料請求すると詳しい情報が得られます。

  • こどもちゃれんじじゃんぷの案内
  • 総合・思考力特化コースとの違い
  • 学べる内容や狙い

まだリリースされていないので、どこを調べても超詳しい情報がないのが現状です。じゃんぷタッチが気になっている人はまず資料請求してみるのもいいですね。

今すぐ資料請求してみる

じゃんぷタッチは専用のペンがあるの?

じゃんぷタッチはチャレンジタッチと同じ仕様になるので、専用のタッチペンで進めます。もちろん指での操作も可能です。

また左利きにも対応していますので、しまじろうクラブアプリのような単なるアプリよりかなり充実した操作性が実現しています。

コース変更はいつでもできる?

じゃんぷタッチから総合・思考力特化コースへの変更はいつでもできます。変更は公式のサポートまで電話しましょう。

電話番号:0120-426-330

しかし1点要注意。じゃんぷタッチは、申込後6カ月未満での解約・コース変更はタブレット代金9,980円(税込)がかかります。

ちゃこ
ちゃこ
じゃんぷタッチを選ぶなら半年は受講した方がお得だよ!半年ぐらい続けないと学習の効果もわかりにくいしそれぐらい試してみる気持ちで受講してみてね♪

なおこどもちゃれんじの退会に関する注意点は、以下の記事をご覧ください。知ってくと役立つこともあるので、ぜひチェックしてみてください。

じゃんぷタッチのタブレットが壊れたらどうなるの?

チャレンジパッドサポートサービスに入っていると、3,300円で補償してもらえます。入ってない場合は、39,800円での購入になります。

チャレンジパッドサポートサービスとは、タブレットの保険です。

  • 毎月払い:360円
  • 半年払い:1,950円(325円)
  • 12カ月一括払い:3,600円(300円)

上記の料金体系となっており、入会からタブレットが到着するまで間のみ入る事ができます。じゃんぷタッチは幼児向けの教材なので、個人的には加入推奨です。

サポート費
(合計)
交換費用 合計金額
1年交換 3,600円 3,300円 6,900円
3年交換 10,800円 14,100円
6年交換 21,600円 24,900円
保険なし 0円 39,800円 39,800円

入学後は進研ゼミチャレンジタッチとして使っていく事になりますし、長く見ても壊れた時はお得になりますよ。

じゃんぷタッチは無料体験できる?

じゃんぷタッチは無料体験できます。

無料体験する方法は、簡単。公式サイトからじゃんぷタッチのページに行けばブラウザ上で体験ができます。

じゃんぷタッチの無料体験画面

一度どんな雰囲気か見てみたい方は公式サイトをチェックしてみてくださいね。

紙教材とタブレットどっちがいい?

じゃんぷタッチは魅力的ですが、紙教材と迷いますよね。

紙教材の方がじっくり学ぶ力がつくことは間違いないですが、教材が溜まったり、お勉強滞ったりするデメリットもあります。

これからの時代を考えるとタブレット学習の方がおすすめですが、気になる方は以下の記事もチェックしてみてくださいね♪

幼児からタブレット学習するならじゃんぷタッチ

幼児期からタブレット学習を検討している人は、じゃんぷタッチがおすすめです。

タブレット内での学習に加え、適度におもちゃや付録、ワーク教材が届くので、バランスよくお勉強できるのが他教材にない「じゃんぷタッチの魅力」と思っています。

元々こどもちゃれんじじゃんぷ自体、入学準備もしっかりできる教材ですし、進級後もチャレンジタッチで楽しくお勉強してくれます。

年長~小2ぐらいで「お勉強楽しい!」ってなればこっちのもの。あと伸びする子は幼児~低学年の時に「できる楽しさ」を実感している子です。

まだお勉強へ前向きじゃない子や、これからお勉強を始めたいと思っている方はじゃんぷタッチを検討してみてくださいね。

今ならタブレットが無料になるキャンペーンもやっています。じゃんぷタッチでお勉強をさせたいと思っている方は、この機に試してみてはいかがでしょうか。

こどもちゃれんじ公式サイトをチェックする

 

こどもちゃれんじ・進研ゼミを検討している方は、以下の記事もチェックしてみてください。レビューやお得な入会方法する方法をたくさんまとめています。

ABOUT ME
ちゃこ
ちいく村の運営者「ちゃこ」です。本業では特許を20件以上出願している研究者ママ♡子供のために20万円以上もつぎ込んで、全教材・通信教育を使ってきた知育オタクです。これまでも研究者目線で100人以上のママに通信教育を紹介してきました。子供の知育教材のことなら私におまかせください♪
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です