通信教育

中学受験は低学年から先取り学習が必要?どんな教材がよいのかも解説

中学受験は低学年から先取り学習が必要?どんな教材がよいのかも解説

中学受験対策は低学年から先取り学習が必要です。

中学受験のために低学年から先取り学習すると、高学年になった時に中受対策の時間もできますし、子供の基礎力や自信も身に付きます。

本記事では中学受験のために低学年から先取り学習するコツや注意点、おすすめの方法を紹介します。

中学受験は低学年から先取り学習が必要なの?と思っている方は、ぜひ最後までご覧ください。

中学受験は低学年から先取り学習が必要?

中学受験は低学年から先取り学習が必要です。先取り学習が必要な1番の理由は、中学受験のための勉強をする必要があるから。

ちゃこ
ちゃこ
先取り学習している方がお勉強のレベルや時間的な猶予も含めて有利だよ。わかりやすく解説していくね。

先取り学習で中学受験の勉強時間ができる

低学年から先取り学習することで中学受験用の勉強時間を確保することができます。

大手塾の資料によると、中学受験に必要な勉強時間は以下の通りです。

  • 小学4~5年生:平日に1〜3時間、休日に2〜3時間
  • 小学6年生:平日に3〜5時間、休日に8〜10時間

平均勉強時間とはいえ、高学年では、学校の勉強以外にこれだけお勉強しなくてはいけません。

その時間を確保するためにも低学年から先取り学習させて、高学年での中学受験の勉強時間を確保する必要があります。

お勉強のレベルが上がり中受に有利になる

低学年から先取り学習することでお勉強のレベルは確実に上がっていくので、中学受験には有利になります。

先取り学習すると、学校の勉強が反復復習になるので、より基礎が定着しやすくなります。

特に3年生までの基礎がおろそかだと、高学年で躓きやすくなるので、基礎力を高めるためにも先取り学習は有用です。

こちらの経験者の口コミを見ても学習の定着率が上がる、と言われていますね。

高学年になって応用問題で苦戦しないためにも先取り学習を取り入れて基礎力を高めておくのは重要です。

先取り学習は子供の勉強への自信に繋がる

低学年から先取り学習することで学校のテストの点数は上がるはずなので、子供の自信につながりやすいです。

中学受験に挑むには子供のモチベーションアップは必要不可欠。自信を持ってお勉強に取り組んでもらうためにも、先取り学習で学校の成績トップクラスを維持したいところです。

もちろんやりすぎで勉強嫌いになっては元も子もありませんが、親がうまくコントロールして、負担にならない程度に先取り学習させて自信をつけさせてあげましょう。

ちゃこ
ちゃこ
中学受験には先取り学習は必要だよ!次は低学年から先取り学習する注意点をお話ししていくね!

中学受験対策で低学年から先取り学習させる注意点

中学受験対策で低学年から先取り学習させる際の注意点は、次の通りです。

  • 学習の習慣づけから始める
  • 勉強が楽しくなる環境づくりをする
  • 継続できることを重視する

低学年から先取り学習するために注意すべきことは、成績や勉強時間を重視しないことです。

それよりもまず、家庭学習する習慣をつけること。先取り学習で多くのことを学ぶより、子供の気持ちに向き合うことから始めるべきです。

ちゃこ
ちゃこ
低学年から先取り学習するときの注意点や取り組み方について、詳しく解説していくね。

まずは学習の習慣づけから始める

中学受験対策で低学年から先取り学習させることよりも、まずは学習の習慣づけから始めましょう。

低学年から先取り学習するときは、先取りすることよりも、まず習慣づけすることに注力することが重要です。

小学校低学年だとまだ難しい内容が少ないので、勉強に対する苦手意識も出にくいです。

今のうちに「できた!」の積み重ねと、習慣をつけていくことが、中学受験対策として低学年から先取り学習する際の重要なポイントになります。

ちゃこ
ちゃこ
最初は先取り学習じゃなくてOK!できるレベルのお勉強を毎日やることを意識してみてね。

習慣づけにはインキュベートの法則が良いです。インキュベートの法則とは、21日間続けると習慣化しやすいというもの。

少し早く起床し小学校へ行く前に計算ドリルをしたり、寝る前に音読したり、些細なことでよいので、同じ時間に毎日少しずつお勉強してみましょう。

ちゃこ
ちゃこ
毎日やれば、子供も習慣化してくるはずだよ!まずは21日を目標にしてみてね。

勉強が楽しいと思える環境作りをする

中学受験対策で低学年から先取り学習するなら、お勉強が楽しいと思える環境作りをしましょう。

子供は好きなことや楽しいことに没頭します。特に低学年の子はその傾向が強いので、楽しく取り組める環境を用意してあげるのも忘れてはいけないポイントです。

ちゃこ
ちゃこ
でも、子供が勉強を好きになる方法や環境を考えるのは難しいよね。

親が「勉強は楽しいよ」と言っても、子供には響きません。勉強を好きにさせるためには、「取り組みやすい環境」を作り、「達成感」を感じさせる必要があります。

ベネッセの研究データを見ても、勉強する理由として「新しいことを知ることが嬉しいから」や、「成績が良いと周りから褒められるから」と考える子供が多いです。

したがって、低学年から先取り学習する際は、どんな小さなことでもよいので、しっかり褒めて「達成感」を感じさせてあげることがとても大切です。

場合によっては、子供が取り組みやすいようタブレット学習教材を取り入れ、やる気を上げつつ自信をつけさせてあげるのもよいですよ。

ちゃこ
ちゃこ
最近のタブレット学習教材は自己肯定感を育むようにできてるよ!正解したときの褒め方や、取り組むきっかけを与える工夫は本当にすごいから、子供のやる気が心配な人はタブレット学習教材で低学年から先取り学習するのはありですよ。

継続さえできれば御の字と考える

まずはお勉強が継続できれば御の字、と考えてください。先取り学習することよりも、継続的にお勉強できればOK、ぐらいの気持ちで取り組むと精神的にも楽ですよ。

中学受験を目指すとはいえ、小学生は遊ぶ盛りな子供です。お勉強に集中すること、毎日取り組むこと自体、とてもすごいことなので、まずは継続的にお勉強すること目標にしましょう。

ちゃこ
ちゃこ
低学年から毎日10分でもお勉強できるようになれば御の字だよ!時間は少しずつ伸ばして、慣れてきたら先取りしながらお勉強させていこう!

中学受験対策で低学年から先取り学習できる通信教材

中学受験対策で低学年から先取り学習するなら通信教育教材がおすすめです。

通信教育なら自分のペースで進めやすいですし、費用も安いです。通塾の時間ロスもないので、低学年の時ほど通信教育で先取り学習を検討してみてください。

ちゃこ
ちゃこ
家庭学習の習慣づけになるから、低学年の子はまずは通信教材で先取り学習を進めると失敗しにくいよ!

ここでは通信教育オタクの私が、低学年から先取り学習するのに、おすすめの通信教育を紹介していきますね。

スマイルゼミ

中学受験対策で、低学年から先取り学習するのに1番おすすめなのは、スマイルゼミです。

スマイルゼミが中学受験の先取り学習におすすめな理由は、次の通りです。

スマイルゼミがおすすめな理由
  • 先取り学習のコンテンツがある
  • 全科目バランスよく学べる
  • 英語、発展クラスのオプションがある

スマイルゼミは全科目対応で、タブレット1台で学べる通信教育です。

教科書準拠の万能な教材で、無料の先取り学習コンテンツ「コアトレ」があります。

ちゃこ
ちゃこ
コアトレは学年を気にせずドンドン先取りしていけるコンテンツ!追加料金なしでできるから、お勉強を伸ばしたい人にはピッタリだよ!

また、スマイルゼミはオプションで発展クラス英語プレミアムなど、よりお勉強を伸ばしたい人向けのコンテンツも豊富です。

実際にスマイルゼミで中学受験対策のための先取り学習をしている方もいるので、低学年から先取り学習を検討している方は、スマイルゼミを試してみてはいかがでしょうか。

ちゃこ
ちゃこ
スマイルゼミは現在期間限定のキャンペーン中で、資料請求するとギフト券付きキャンペーンコードが貰えるよ!
クーポン付きキャンペーンコード

資料請求で安く入会

スマイルゼミの特徴

タブレット1台で全科目学べる

教材が溜まらない&自動添削が楽

英語学習・プログラミングが学べる

\キャンペーンコードは期間限定/

特設サイトからの資料請求でギフト券GET

キャンペーン詳細は「2022年スマイルゼミキャンペーンコードでお得に入会」の記事をご覧ください。

スマイルゼミの事を詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせてチェックしてみてくださいね。

チャレンジタッチ

中学受験対策で、低学年から先取り学習するのに次におすすめな通信教育は、進研ゼミのチャレンジタッチです。

チャレンジタッチは、スマイルゼミ同様タブレットで学ぶ教材ですが、紙教材や付録もついてくるのが特徴です。

進研ゼミのチャレンジタッチもスマイルゼミのように先取り学習ができる「国語算数トレーニング」という無学年制のコンテンツがあります。

どちらがよいかは好みにもよりますが、スマイルゼミとチャレンジタッチを両方ためして比較した結論としては、先取り学習コンテンツとしてはスマイルゼミの方が良かったです。

ちゃこ
ちゃこ
スマイルゼミには全国ユーザーと競い合えるモードもあって、競争心が鍛えられてよかったよ !

ただチャレンジタッチの良いところは、難易度を科目毎に無料で変更できたり、添削指導や受験用オプション講座があったりする点です。

コンテンツの豊富さは最大手の進研ゼミの方がすごいので、その点を評価する方は、チャレンジタッチも検討してみてください。

ちゃこ
ちゃこ
チャレンジタッチも公式サイトでお試し体験できるよ。お試しは期間限定なので、とりあえず見てみたい人は公式をチェックしてみてね。

人気No.1タブレットで学ぼう

チャレンジタッチの特徴

小学生通信教育人気No.1

2022年無学年学習開始

誰でも楽しく家庭学習ができる

\タブレット無料キャンペーン中/

リンク先:https://sho.benesse.co.jp/

進研ゼミへお得に入会したい方は「2022年チャレンジタッチのキャンペーンまとめ」「進研ゼミチャレンジのキャンペーンまとめ」の記事をご覧ください。

チャレンジタッチについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせてチェックしてみてくださいね。

Z会

本格的に難しい問題を解いて低学年から先取り学習するならZ会がおすすめです。スマイルゼミやチャレンジタッチよりも非常に難易度の高い通信教育教材です。

ただ個人的には低学年の頃はお勉強の楽しさや習慣づけに注力した方が、中学受験対策がスムーズに進みやすいので、家庭学習習慣がまだの子は、スマイルゼミやチャレンジタッチの方が良いです。

すでにお勉強に前向きでドンドン難しい問題を解いて中学受験対策の準備をさせたい方は、Z会を検討してみてください。

Z会もタブレットコース・紙教材コースがありますが、低学年から先取り学習するならまずは紙教材でZ会のお勉強に慣れるのがおすすめです。

ちゃこ
ちゃこ
Z会は専用タブレットがないから扱いが難しい、という評判が多いよ。

Z会は低学年から先取り学習するハードルが高い教材ですが、難易度の高さはピカイチです。チャレンジタッチやスマイルゼミでは物足りない子はZ会を検討してみてくださいね。

お勉強を伸ばすならZ会1択

Z会幼児コースの特徴

思考力を養う問題が多数

実験や料理などの体験学習が豊富

年長時の到達レベルは非常に高い

\無料体験でお試ししよう/

リンク先:https://www.zkai.co.jp/

中学受験は低学年から先取り学習しよう

中学受験は低学年から先取り学習すると、高学年になったときにお勉強がスムーズにすすみます。

1番良いのは家庭学習する習慣がつき、早めに小学校のお勉強が終わって受験対策がしっかりできるようになることです。

高学年になれば、たいていの子は自ずと塾に行き、本格的に中学受験対策をやっていきます。そのときにしっかりとついていけるように、低学年から先取り学習して、基礎と自信をつけておきましょう。

ちゃこ
ちゃこ
高学年になる頃から家では先取り学習させたい、って人はスタディサプリも効率的だよ。「スタディサプリで小学生は先取りできる?」の記事もチェックしてみてね。

ただ、先も紹介したように低学年から塾に行くのはおすすめできないので、3年生ぐらいまでは通信教育でおうち学習の習慣づけと、基礎力の向上をはかってみてください。

その方がコスパも良く、子供の負担も少ないので、スムーズに進みやすいですよ。

小学生向けの通信教育についてもっと色々見たい方は、以下の記事もチェックしてみてくださいね。

ABOUT ME
ちゃこ
ちいく村の運営者「ちゃこ」です。本業では特許を20件以上出願している研究者ママ♡子供のために20万円以上もつぎ込んで、全教材・通信教育を使ってきた知育オタクです。これまでも研究者目線で100人以上のママに通信教育を紹介してきました。子供の知育教材のことなら私におまかせください♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。